アコースティックギターの種類分け!アコギボディの形や特徴を解説

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

「アコースティックギターにも色々種類があるけれど、どのように分類されているのかわからない…。」と悩むことがあると思います。

アコースティックギターの大まかな分類を理解しておくことで、自分にぴったりなギターを選ぶことができます。

さらには、演奏したい音楽に合わせてギターを選ぶこともできるようになるでしょう。

今回は、アコースティックギターの種類について解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

アコースティックギターとは

アコースティックギターとは、電気を使わずに、生(なま)の音で演奏するギターのことです。略して「アコギ」と呼ぶこともあります。

これに対して、電気を使うギターとして代表的なものが「エレキギター」です。

エレキギターは、「アンプ」というスピーカーのようなものに繋ぎ、音を大きくします。つまり、電気を使って音を大きくするんです。

一方、アコースティックギター(アコギ)は、下の写真の「ボディ」という箱の中で音を響かせます。それを、サウンドホールという穴から外に出す、という仕組みで音を鳴らします。

このように、アンプなどを使わずに出す音を生音(なまおと)といいます。そして、この生音で演奏するギターを「アコースティックギター」と呼びます。

この「アコギ」は、まず弦の種類で大きく2つに分けられます。それらを順に解説していきます。

クラシックギター・ガットギター

弦の素材がナイロン製のものを「クラシックギター」や「ガットギター」と呼びます。

厳密に言うと、ナイロン弦のギターは「クラシックギター」と「フラメンコギター(スパニッシュギター)」の2種類に分けられます。しかし、大きく分類すると、ナイロン弦のギターは総じて「クラシックギター」や「ガットギター」と呼ばれることが多いです。

この「ガット」という言葉には、“腸”という意味があります。ナイロン弦ができるまでは、ヒツジやブタの腸を伸ばしたものを弦として使っていました。このことから「ガットギター」と呼ばれるようになりました。

また、このタイプのギターは、後に紹介する「フォークギター」よりネックが太いことも特徴の1つです。

クラシックギターは、ネックが太め。

その他、弦の巻き方も異なります。下の写真のように、弦を巻くときに使うペグがついている向きも「フォークギター」とは違って、後ろ向きです。このペグを含めて、ギターの頭部分である、ヘッド全体のデザインも特徴的です。

ペグの付き方やヘッドのデザインが「フォークギター」とは異なる。

ヘッドに対して、ボディにも違いがあります。先述した通り、弦の張り方が異なるため、次の写真のように「ブリッジ」のデザインにも「フォークギター」との違いがみられます。

ブリッジ部分

クラシックギターの音は、ポロンポロンという、丸みや温かみが感じられるのが特徴です。このギターは、主にクラシック、ジャズ、ボサノバなどのジャンルで使用されます。

フォークギター

アコギのうち、弦の素材が金属製のものを「フォークギター」と呼びます。

アコギといえば、この「フォークギター」を指すことが多く、定番のギターといえます。この名前は、楽器メーカーである「YAMAHA」が名付ました。

英語ではナイロン弦のものに対して、「スチールストリング・アコースティックギター」、つまり「金属弦のアコースティックギター」と呼ばれます。

このタイプのギターは、金属弦のキラキラとした音が特徴で、フォーク・ロック・ポップスなど、幅広いジャンルで使用されます。

アンプから音を出せるアコースティックギター

アンプから音を出せるアコースティックギターもあります。

先ほど、生音で演奏するのがアコースティックギターであると解説しました。けれど、電気を使って、アンプから音を出せるようにしたアコギもあります。

これを「エレクトリックアコースティックギター」といいます。略して「エレアコ」と呼ばれます。

「エレアコ」のほとんどは、生音でも演奏できます。けれど、アンプに通して音を出すことを前提にして作られているため、生音の美しさは、通常のアコギより若干劣ります。

しかし、アンプを使って音を大きくすることができるため、ライブ会場やバンドなどで使用するには最適です。

この「エレアコ」には、アンプから音を出せるようにした「ガットギター」もあります。これは「エレガット」などと呼ばれます。

その他、生の音がほとんど鳴らない、「サイレントギター」というタイプもあります。これは、下の写真のように、ボディ部分が箱になっておらず、フレームだけです。なので、生音が響きません。

これの音を出すには、アンプやヘッドフォンにつなぐ必要があります。

これらのように、アコースティックギターの形をしていて、アンプから音を出せるようにしたものをまとめて「エレアコ」と呼びます。

ボディの形・サイズの違い

次に、形の違いについて解説します。

アコギの形には、大きく分けて「ドレッドノート」と「フォーク」の2つのタイプがあります。これらを順に見ていきましょう。

ドレッドノートタイプ

上の写真のように、ボディ部分のくびれが緩やかで、サイズも大きいアコギを「ドレッドノートタイプ」、または「ウエスタンタイプ」と呼びます。

このタイプのギターは、ボディ自体が大きいことが特徴です。そのため、ボディ内でよく音が響き、音量もパワフルです。一般的に「アコギ」というと、このタイプを指すほど定番の形です。

このような大きなサイズのギターは、他のメーカーでも作られています。メーカーごとに特徴があり、「ジャンボタイプ」などそれぞれ固有の名前が付けられています。

けれども、くびれがあまりなく、ボディのサイズが大きいものを総じて「ドレッドノート」と呼ぶことが多いです。

フォークタイプ

上の写真のように、くびれがあり、「ドレッドノート」に比べて、やや小さいサイズのアコギを総じて「フォークタイプ」といいます。

こちらは、くびれがあるため抱えやすく、座って演奏がしやすいというメリットがあります。

また、「フォークタイプ」には、「トリプルオー」や「グランドコンサート」、「OM」など、様々な種類が含まれます。これらには、それぞれ異なった特徴があります。

しかし、アコギを形で大きく分類するときは、「フォークタイプ」とひとくくりにして呼ばれます。

まとめ

ここまで、アコースティックギターの種類について解説してきました。

・アコギは、電気を使わずに、生の音を響かせて演奏するギターのこと。

・弦の種類で大きく分類すると、「クラシック(ガット)ギター」と「フォークギター」の2種類がある。

・アコギの形で、アンプにつなげて音を大きくすることができるものを、「エレクトリックアコースティックギター」、略して「エレアコ」という。

・ボディの形では、大きく「ドレッドノート」と「フォークタイプ」に分けられる。

これらを図にすると、次のようになります。

これらのことを理解しておくと、自分にぴったりなギターを選ぶことができます。

さらには、演奏したい音楽に合わせてギターを使い分けることもできるようになるでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon

   
関連ページ