プロフィール

Pocket



シンガーソングライターとして活動中。

京都府亀岡市出身で、第2の故郷は奄美群島にある”徳之島”。血は奄美と大阪のハーフ。

12月7日生まれのいて座、動物占いはペガサス。

高校3年生の時にアコースティックギターを始める。

大学生になり、エレキギターに持ち替え、憧れのバンドマンに。様々なバンドの曲のコピーに明け暮れる毎日。

大学3回生で、初のオリジナルバンド結成。オリジナル曲の制作、ライブを始める。

大学卒業後もバンド活動を続けたが、2014年に解散。

その年の7月にソロでの活動を開始。関西を中心にアコギ弾き語りで素朴に歌っている。

現在は、Youtubeに様々なアーティストのカバー曲もアップしている。その他、ギターや音楽活動について解説した動画も投稿中。

好きなもの—

・鯖寿司、かつ丼、551の豚まん

・煎茶、抹茶。最近胃が荒れやすいので控えめにしている。近頃はセルベールが常備薬。

・旅。ギターを持っていき、自然の中で歌うのが好き。誰も聴いていなくても気持ち良い。誰も聴いていないから気持ち良い。

・ダジャレ。面白いこと。これは父の大阪魂の影響。

・妖怪。1番好きな妖怪は「べとべとさん」。幼少期、ピアノの帰り道でこれがついてくるんじゃないかといつも怖かった。ついてきたら「”べとべとさん、先へお越し”って言うんやんな…!」といつも準備していた。笑

・民芸品。旅先でちょっとずつ購入。特に器を作る「窯元」さんを訪れるのが好き。

音楽に出会った幼少期

幼少期は、母がよくレコードやカセットで童謡をかけてくれていました。当時聴いていた歌は、今でも大好きで、いまだにそのカセットを大事に持っています。そして、たまに聴いてます。

4歳の時に、”公園でBBQ”という地域のイベントが催されました。その時に、なぜか歌を披露することになりました。そこで歌ったのは「ぞうさん」「チューリップ」の2曲です。

歌い終えた後に拍手をもらい、なんとも言えない高揚感を覚えました。これが人生初ライブの記憶です。笑

その他、保育園での発表会などでリズムをたたいたり、歌ったりするのが楽しかったのを覚えています。

同じ年、ピアノも習い始めました。ですが、特にピアノが弾きたいと思ったわけではありませんでした。始めた理由は「姉に負けたくない」という、不真面目な理由から。

なので、当然練習にも身が入りません。レッスンでは毎回居眠りをして、先生に「もう来なくていいよ!」と怒られていました。

しかも楽譜も大嫌いだったので、新しい曲を始める時には、苦労したものです。先生がお手本で弾くのを必死で覚えて帰り、それを思い出しながら練習するというスタイルでした。笑

結局10年通いましたが、今ではピアノはほとんど弾けません。「姉に負けたくない!」と通い始めたものの、足元にも及ばない結果となりました。笑

ですが、相変わらず歌は好きで、いつも歌っていました。幼少期は、父や姉が車でかけてくれる「槇原敬之」さんや「X-JAPAN」、「ウルフルズ」などを気に入って聴いていました。

また、夕食後に父がギターを弾いてくれることがありました。そこで「泳げたいやきくん」や、長渕剛さんの「乾杯」をよく歌ったのを覚えています。何となくギターに憧れを感じ始めたのもこの頃でした。

音楽に急接近した小学~中学時代

音楽に急接近したのは、小学生から中学生のころです。

もともと音楽が好きだったので、このころはたくさん音楽が聴きたくて仕方がありませんでした。でも、我が家はテレビはほぼ禁止。なので、お古のラジカセを部屋に持ち来み、家にあったカセットを聴いていました。

当時大流行していた宇多田ヒカルさんのアルバム「First Love」を、姉に借りて聴いた時は衝撃的でした。それをカセットにダビング(!)して、ラジカセに耳をくっつけて歌詞を聞き取り、真似して歌っていたものです。笑

そして、小学生を卒業する頃、「これを機に何とかCDもラジオもカセットも聞けるラジカセをゲットしたい…!」と考えるようになります。

ですが、お小遣いはなし、お年玉は全額母に通帳に入れられている…。それなりの理由がなければ、そこからお金を出してもらうことはできない…。

そのような状況で、小6の私は母にこう言いました。

「中学になったらラジオの英語講座を聴きたいから、ラジカセを買いたい。だからお年玉を出してください。」と。

そうして、晴れてマイラジカセをゲットしたのです。中学生になり、そのラジオ講座を聞いたのは初回の2回のみ。あとは、ずーっとラジオです。笑

ですが、この頃「CD」以外に「MD」というものが出回り始めていました。

それが気になり始めた頃、私は「ポルノグラフィティ」というバンドにはまっていました。そんな時に、彼らのアルバムを「MD」に録音したものを友人がくれたのです。

「これはもうCD・MDコンポを買うしかない!」と、お年玉をもらったその足で買いに行きました。その時買ったのは、昔懐かし「AIWA(アイワ)」のコンポ。

ラジオも自動受信なので、FMも綺麗に入る…!ということで、ますますラジオっこになっていったのです。

ギターを始めたきっかけ

ギターを弾こうと思ったのは、「ポルノグラフィティ」というバンドをテレビで見たことがきっかけでした。その時「サボテン」という曲で、ボーカルの岡野昭仁さんがアコースティックギターを演奏していたのです。

その曲が好きだったこともあり、家にあったアコギを弾いてみることにしたのです。実は、それまでにもアコギに挑戦していたのですが、2度挫折をしていました。何から、どう始めていいかわからなかったのです。

その後「矢井田瞳」さんに憧れ、ますます弾き語りができるようになりたい!と思うようになりました。こうして、3度目の正直で、アコギの練習を始めることができたのです。

音楽三昧の学生時代

高校3年生の時に「チャットモンチー」というバンドに出会いました。それで「女の子のエレキギターってなんかいい…!」ということで、大学に入ったら絶対バンドを組む!と少女B型は心に決めます。

表向きは、「文学を学びたいから大学へ行く!」ということで通わせてもらったのですが、1番の目的は大学でバンドをすることでした。

そこで、軽音サークルに所属し、チャットモンチーに始まり、GO!GO!7188やフジファブリック、つしまみれ、凛として時雨…など様々なバンドのコピーをしました。そのサークルでは、毎回違う人とバンドを組んで、いろんな曲を演奏をするという形で活動していました。

今思えば、この経験で演奏を楽しむとともに、たくさんのことを学んだなぁと思います。

そして大学3回生の頃、念願のオリジナルバンドを組むことができました。かつて憧れていた女の子3人のスリーピースバンドです。

この頃は、「GO!GO!7188」や「つしまみれ」といった、かっこいいバンドに憧れていました。なので、それに影響されてロックテイストな曲を作っていました。

↓良かったら下の画面中央の再生ボタンを押して、聴いてみてくださいね。

こうして、ライブ活動を重ねていきました。

シンガーソングライターになったきっかけ

私がシンガーソングライターとして活動をしたいと考えたのは、ある歌を聴いたのがきっかけでした。

それは、ミドリカワ書房さんの「それぞれに真実がある」という歌です。この歌では、不倫したパパの娘への気持ちが歌われています。

これを聞いて私は、ラジオの前で正座して泣きました。両親は今でも割と仲は良いですし、内容がドンピシャで私と同じだった!とかではありません。

でも、「どうにもならないことだけれど、これが真実なんだ」というその歌詞に、私自身の状況が重なり、勇気づけられたのです。

私が音楽活動をすることは、両親にあまり良く思われていませんでした。特に、母には。おそらく「ギターは不良」「音楽業界はヤクザ」というイメージがあったのでしょう。娘が心配、それもあったのだろうと今なら思えます。

でも、当時の私は、音楽活動をすることを理解されず、「自分が音楽を好きなことはダメなことなんだろうか?」と長年悩んでいました。

そんな時にこの曲を聴き、「仕方ないけどこれが自分の真実なんだ!」と感じ、急に許されたような気持ちになったんです。

その経験から、どうにもこうにもならないことを歌にして、歌っていきたいと考えるようになりました。これをきっかけに弾き語りの道へ進んだのです。そんな私は今、弾き語りでこんなふうに歌っています。

シンガーソングライターとして活動をはじめて、良くも悪くも「自分自身が普通の、ただの人間」であることに気づきました。

そのことで生きるのが楽に、そして楽しくなりました。

これを見てくださっているあなたに、私の曲でゆるく刺激を与えられたら嬉しいな、と思っています。

また、私のブログがギターを弾いてみたい!弾き語りをしたい!という方の何らかの助けになれたら良いなぁと思っています。

長々と生い立ちを話してみましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました!

B型さんでした。

Twitter→@sauripon