アコースティックギターの音が鳴る仕組み

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

アコースティックギターの音が出る仕組みって、どうなってるの?と思うことがあるでしょう。

音が出る仕組みを知ることで、ギターへの理解が深まります。さらに、この知識は、他のギターについて学ぶときにも役立つでしょう。

今回は、アコギの音が出る仕組みについて解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

アコースティックギターの形

アコースティックギターの音が鳴る仕組みを理解するためには、まず、形を理解しておく必要があります。

アコースティックギターは、次のような形をしています。これは、大きく分けて、「ヘッド」「ネック」「ボディ」の3つの部分から成り立っています。

このうちの、胴体にあたる「ボディ」部分は、次のように表面と側面、裏面の板で組み立てられています。

この部分は、箱のようになっており、中は空洞になっています。

音は、モノが振動することで鳴る

次に、様々な音が出る仕組みについて理解しましょう。

音は、モノが震える、つまり、振動することで出ます。そして、その周りのモノや空気が振動することで、音は伝わっていきます。

これは、ギターの場合も例外ではありません。ギター自体が震え、その周りの空気も振動することで音が出ているのです。

これらを踏まえて、ギターの音が鳴る仕組みを解説していきます。

アコースティックギターの音が出る仕組み

ギターの音を鳴らすときは、弦を弾(はじ)きます。

すると、弦自体が振動します。その振動は、下の写真で示した、「ブリッジ」という部分に伝わります。

それに伴って、ギターのボディの表面も振動します。そして、その振動は、側面と裏面にも伝わります。すると、「ボディ」の中の空気が振動し、共鳴します。

このように、「ボディ」の中で共鳴した音は、真ん中に開けられた「サウンドホール」という穴から出ていきます。そして、周りの空気を振動させながら、広がります。

このようにして、アコースティックギターの音は出ます。

まとめ

今回は、アコースティックギターの音が出る仕組みについて解説してきました。

・音は、モノが振動することで鳴り、周りの空気が振動することで広がる。

・ギターの弦を弾くと振動をはじめ、それが、ブリッジ→表面→側面→裏面に伝わる。

・その後、ボディ内の空気が振動し、共鳴する。その音は空気を震わせながら、サウンドホールから出ていく。

この仕組みを知っておくと、アコギに対する理解が深まります。さらに、他のギターについて学ぶときにも役立ちます。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ