初心者にとって簡単なギターはアコギ?エレキ?

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを始めたい!でも、エレキギターとアコースティックギターのどちらにしよう?

こんなお悩みもあることでしょう。

私は家にあったアコースティックギターからのスタートでした。

アコギですね。

大学のサークルに入ったときに「エレキギターの方が簡単なんだよ!」と言われ、「そうなんだ。」と思っていました。

でも、10年ほど音楽を続けてきて、そんな単純な話ではないという考えに至りました。

本当にエレキの方が簡単なのか、初心者におすすめのギターは果たしてどちらなのか。

初めに持つギターをアコギかエレキで迷っているあなたに、そんなことをお話してみます。

エレキギターがアコギより簡単とされる理由

前述の通り、一般的に「エレキギターはアコースティックギターより簡単である」と言われています。

それはなぜか。

アコギに比べて、エレキギターは弦が細く、弦の高さ(弦高)が低いことが多いのです。

そのため、弱い力でもコードが抑えやすく、ジャカジャカと弾きやすいんですね。

こういうわけで、簡単だと言われるのです。

コードをジャカジャカとかき鳴らす点においては確かに「簡単」と言えるでしょう。

エレキギターはアコギより本当に簡単でおすすめ?

本当にエレキギターは簡単なのでしょうか。

私は、エレキギターとアコギの両方を経験してきました。

その経験をもとにお話ししてみますね。

 

確かに、エレキギターはコードをかき鳴らす点においては簡単です。

しかし、これだけでエレキとアコギを全く同じ物として比べるのは安易です。

コードをかき鳴らすこと以外にも、それぞれのギターに、それぞれ違った演奏方法があります。

それらに於いて、全てエレキギターの方が簡単だとは言えません。

こういったことから、アコギよりエレキが簡単だからおすすめ!と言い切ることができないのです。

アコギで出来ることと難しい点

アコギで出来ることって何でしょうか?

例えば、弾きながら歌う“弾き語り”がありますよね。

弾き語りは、1人でも歌と演奏が完結させられる、気軽なスタイルです。

ジャカジャカと弾きながら歌を歌うだけでも演奏活動ができるという点で、初心者でも気軽に挑戦できると言えます。

 

しかし、難しい点もあります。

エレキギターよりも、ネックや弦が太く、慣れるまでは手が痛い。

また、一人で完結させられる弾き語りの場合、単調な演奏では聴き手を飽きさせてしまいます。

ですから、ギター演奏が単調にならない工夫が必要です。

私は今、アコギの弾き語りを中心に活動していますが、そこに難しさを感じます。

エレキギターで出来ることと難しい点

エレキギターを弾くなら、おそらくバンドでの活動になるでしょう。

バンドでのエレキギターの役割には、リードギターとリズムギターというものがあります。

リズムギターが、コードをジャカジャカかき鳴らす方です。ギターボーカルが務めることが多いですね。

リードギターというのは、多くの場合ギター担当の方が務めます。ギターソロを弾くなど、複雑なギターを担当するという感じです。

 

確かに、エレキギターでコードをかき鳴らすのは比較的簡単です。

しかし、エレキギターは、バンドで演奏で使用することが一般的です。

1人で完結させることは、まずありません。

また、エレキギターでは、複雑なギターソロなどを弾かなければならないことがあります。

様々な音を作り出す“エフェクター”と呼ばれる機材も使いこなさなければならないんです。

「ギターボーカル志望だから、別に難しいことできなくてもいいでしょ。」と思うかもしれません。

ギター、ベース、ドラムの3人からなる”3ピースバンド”を組めば、1人でリズムギターとリードギターの役割を担うことになります。

仮にギターが2人いる編成の場合でも、2人とも技術を上げていくことで、より面白い音楽ができます。

そのために練習を積んでいくと思いますが、その時に”難しさ”の壁にぶち当たるのです。

この点から、エレキギターの方が簡単だとは言い切れないと考えます。

 

それぞれに違う“難しさ”があるのです。

アコギもエレキも簡単ではない

コードをかき鳴らすというためだけにギターを選ぶのなら、「エレキギターが簡単ですから、おすすめです。」と言えます。

ギターを始めたばかりの時は、まずコードをかき鳴らす練習をするでしょう。

しかし、ずっとそれだけでは物足りなくなってくるんですね。

その時に、前述したような“難しさ”に出会うのです。

それぞれのギターにはそれぞれの特徴や難しい点があるので、「こっちの方が簡単」と一概に言えない。

アコギよりエレキの方が簡単というのは、コードをかき鳴らす練習をする最初だけの話なんですね。

 

例えばの話ですが、こう考えてみましょう。

本当はギターが弾きたいのに、「ベースは弦が4本しかないから簡単だよ。」と言われたとします。

その時、あなたは「そうか!じゃあベースにしよう!」と思いますか?

おそらく思いませんよね。

このように、ギターとベースは別物ですから、一様に比べられません。

それと同じで、アコギとエレキは全く同じ物として”難易度”を比べられるものではないのです。

初心者のギターはアコギがいい?エレキがいい?

あなたは「アコギが欲しい。」と考えているとします。

しかし、このような噂を聞いたからといって、エレキギターを購入するというのはお勧めしません。

 

「どっちを買えばいいのだろう…?」と悩みますよね。

この時考えたいのは、以下のようなことです。

あなたがギターを始めたいと思ったきっかけは何ですか?

好きなミュージシャンは誰ですか?

演奏したい曲はありますか?

それは、バンドですか?弾き語りの曲ですか?

自分が憧れている方を選ぶ、というのが良いでしょう。

「エレキギターから始めたけれど、本当はアコギが良かったから途中からアコギを買うんだ!」というのも一つの手かもしれません。

けれど結局、アコギに持ち替えたときに、その押さえにくさに慣れていかなければならないですよね。

それなら、最初から憧れに向かってまっすぐ練習した方がいいよね、ってことなのです。

第一、そんなにポンポン買い換えられるような値段の物ではないですからね。

初めに買うギターの値段については「初心者のギター選びで値段の安いものをおすすめしない理由」でご紹介しています。

まとめ

今日は、初心者さんへのおすすめギターは、アコギ?エレキ?というテーマでお話してきました。

エレキギターもアコースティックギターも、“ギター”という同じ名前がついている楽器です。

だから、同じようなものと認識して比べてしまいがちですね。

でも、その役割や向き不向きには違いがあり、難しさも違うことを理解しておく必要があります。

エレキギターが簡単というのは、最初の段階だけの話ですよ。

ということでした!

是非ご参考にして頂ければ嬉しいです。

素敵なギターライフを始められますように。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ