ギターのコードチェンジができない…6つの練習のコツ!

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターのコードチェンジができない!というのは、初心者に必ず訪れる壁ですよね。

コードチェンジが遅くて、スムーズに演奏できない…

私もギターを始めた頃、同じ悩みを抱えていました。

続けていれば、必ずできるようになります!

でもただやみくもに練習するより、大切なポイントは知っておいた方がいい。

ということで今日は、ギターのコードチェンジ練習の6つのコツをご紹介します。

↓この記事の内容を動画でも説明しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

コードが簡単な曲を選ぶ

まず、練習する曲を決めますよね。

その時、弾きたい曲の中で、押さえやすいコードが多く使われているものを選びましょう。

“押さえやすい”というのは、あなたが「簡単だ」と感じているコードのことです。

こうして、押さえやすいコードから押さえやすいコードへのチェンジを練習します。

 

コードチェンジをするときに、左手の指を指板から大きく離さないことがポイントになります。

押さえやすいコードで練習すると、指を大きく離さずにコードチェンジする癖付けが比較的早くできます。

 

例えばFコードのような、ちょっと難しいコード。

これだと、「3フレットの5弦と4弦と2フレットの3弦と…」と1つずつ確認して押さえていかなければなりませんよね。

そのコードの音を鳴らすこと自体、初心者には大変ですよね。

それに対して、あなたが簡単だと思うコードなら、比較的「パッ」と押さえることが出来ますよね。

簡単なコードで練習し、コードチェンジに適した指の位置を体に定着させよう!ということなんです。

手を指板から離し過ぎない

先ほど述べたように、コードチェンジをするときのポイントは、”コードを押さえる左手の指を指板から大きく離さない”こと。

パッと開いて、のびた指がもう一度指板に戻ってくるより、もともと指板近くで指がスタンバイしていた方が速く次のコードを押さえられますよね。

 

間違った例

正しい例

 

とは言え、左手の形が癖づいていない、初めの頃はそれが難しかった…。

コードチェンジする度に、コードを押さえる左手が「パッ」と開いてしまうんですよね。

私もそうなっていたのをよく覚えています。

 

でも、コードチェンジ部分の練習を、集中的にするだけでは練習が超つまらない!

止まることもあるけれど、曲全体を通す練習をしながら、たまにコードチェンジを何回か集中的に練習するというのが良いでしょう。

一気にコードを形作る練習

コードって、複数の弦を一度に押さえることで音を鳴らしますよね。

初めのうちって、一つずつ押さえてコードの形を作る、という感じだと思います。

これを一気に形作る練習をしましょう

 

でも、すぐにこれができたらコードチェンジで苦労することはない…。

絶対に一気に押さえられないといけない!と思わずに。

たまに、「できるかな?」くらいの気持ちでトライするのが良いですよ。

動かさないで良い指を知る

一気にコードを作るために”動かさないで良い指を知る”ということも有効です。

前のコードと次のコードで、押さえる場所が同じ場合がありますよね。

CからAmのような場合ですね。

同じところを押さえるのに、指を離してもう一度押さえなおすと時間がかかります。

押さえなおす必要がない指を弦から離さずに、コードチェンジする練習をしてみましょう。

 

例に挙げた、CからAmへのコードチェンジを確認してみましょう。

Cコードはこれですね。横の文字は押さえる指を示しています。

Amはこれですね。

押さえなおす必要がないのは、中指と人差し指ですね。

これらを押さえたまま、薬指だけ移動させるのです。

こんなふうに。

CコードからFコードのような場合は、一から押さえなおす必要があります。

けれど、このようなパターンの場合は、是非これを実践しましょう。

コードチェンジがスムーズ、かつ速くできるようになります。

コードチェンジをするタイミングを前倒しする

ギターのコードチェンジをするときに、次のコードが書かれているところから、押さえ始めていませんか?

下の図でいうと、赤い矢印の部分でコードを押さえ始めるということです。

「そんなの当たり前じゃない?」って思うかもしれません。

でも、これが当たり前じゃないんですよ。

 

次のコードを鳴らし始めるちょっと前に、押さえ始める。

つまり、前のコードの最後の方で指を離し、次のコードを押さえる準備を始めちゃえ!ということです。

譜面で表すと、こんな感じです。

赤で囲ったあたりで指を離し、ここでは弦を押さえない状態でジャランと弾くのです。

手を開放して音を鳴らすということで、このことを「開放弦を鳴らす」といいます。

開放弦を鳴らしている間に、次のコードの手の形を作るんです。

「指を離してしまうと、変な音が鳴るのではないか?」と不安ですよね。

それが意外と大丈夫。

 

実際にやってみましょう。

まずはこちらのパターンを演奏してみます。

赤で囲った部分で手を離し、次のコードを押さえる準備を始めます。

この間は開放弦の音が鳴っている状態です。

次はこちらのパターン。

開放弦を鳴らしていても、あまり違和感がないと思いませんか?

こんなふうに、コードチェンジしている瞬間はきちんと音が鳴っていなくても、リズムさえ合っていればあんまり気にならないものなんです。

「そんなんでいいの!?」って思うかもしれませんが、良いんです。笑

そんな感じで聞こえていたらそれでOK。

大概あってれば正しく聞こえるもんですよ。

曲のテンポを遅くして練習する

コードチェンジが難しく感じるなら、曲のテンポを遅くしてしまいましょう。

遅くしてうまくいったら、今度はもう少し速くして…というように。

だんだん速くし、元のテンポに戻していくのです。

あまり細かいことは気にしない

ここまでいろいろとコツをご紹介してきました。

けれど、これらのコツにがんじがらめになって、練習が辛くなってしまうのは一番良くないです。

なので、あとはあんまり気にしないで進んでいくことも大事。

“慣れ”でできるようになる部分がかなり大きいのです。

時々、上記のような練習をしては、曲を練習するという繰り返しでいいです。

ひたすらできないことに向き合うのって辛いし、続かなくなるのは一番避けたいですからね。

まとめ

このように、ギターのコードチェンジを練習するためには、6つのコツを意識すると良いでしょう。

 

この記事でご紹介したコツを意識して練習することで、効率よくコードチェンジができるようになっていくはずです。

 

是非、毎日の練習で意識してみてくださいね。

頑張ってください!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

 

 

   
関連ページ