フィンガーイーズはおすすめ?使わない方がいい?使い方解説

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

あなたは「フィンガーイーズ」というものを知っていますか?

これは、ギター弦潤滑剤と呼ばれるもので、弦の滑りをよくするものです。

私は学生時代に、「周りの人が使っているから、必要なものなんだろう。」と、使い始めました。

使用法を調べることもなく、ただ何となく使っていたのです。

でも、上手に付き合っていくためには、知っておくべきことがいくつかあります。

ということで、今日はフィンガーイーズの使い方や注意点を解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

フィンガーイーズとは?

まず、フィンガーイーズとは何かを解説しておきましょう。

これです。

ギター弦の潤滑剤で、

・ギター弦の汚れ、サビの除去

・弦をサビを防ぎ、長持ちさせる

・指の滑りをよくする

などの働きがあります。

黒いキャップを取るとスプレーになっていて、中の液が噴射される仕組みです。

使い方

それでは、使い方を解説していきます。

準備するものは、以下の2つ。

・クロス(ギターを拭くための布)

・フィンガーイーズ

まずはクロスで弦を拭き、汚れを大まかに取り除きます。

次に、フィンガーイーズをクロスに吹きかけ、それで弦を拭きます。

「スプレーなんだから直接ふりかけて、クロスで拭けばいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

実際にそのように使用する人もいます。

かく言う私も、以前は指板に直接スプレーしていました。

でも、これはあまりおすすめしません。

指板への悪影響がある…とも言われているからです。

他の方法として、

・指にスプレーしてから演奏する。

・弦と指板の間に布などを挟み、直接指板にかからないようにする。

というのも聞いたことがあります。

自分に良い方法を試してみるといいですね。

まず一般的なやり方として、クロスにスプレーし、弦だけに付ける方法を覚えておきましょう。

指板への悪影響とは?

先ほど、指板に向けて直接スプレーすると悪影響がある、という話をしました。

それについて触れておきたいと思います。

この「フィンガーイーズ」という製品には「シリコン」という成分が入っています。

直接スプレーすることで、このシリコンが木製である指板(弦が張ってある面)に染み込みます。

そうすると、

・指板が弱く、もろくなってしまう。

・フレット(指板に打ち付けられた金属の棒)が浮いてしまう。

と言われています。

これらが悪影響の内容です。

でも、これまで直接スプレーしていたからといって、ショックを受けなくても大丈夫です。

そこまで神経質になる必要はないでしょう。

なぜならこれは、「悪影響があるかもしれないよ。」というレベルの話だからです。

この商品は1963年の発売から、多くのミュージシャンに使用されてきました。

すぐに影響が出るものであれば、ここまで支持を得られなかったではずです。

この結果を受けて、「じゃあ大丈夫だろう。」と思うのであれば、直接スプレーする方法を続けても良いでしょう。

ただ、私は以前の方法を改めました。

万が一影響が出てしまった場合、修理にもお金がかかります。

なので「ギターがもろくなるかもしれないけど、やってみよう!」と博打(ばくち)のようなことはできません。

それに、できればそんな問題は起こらないほうが良いですよね。

ということで、クロスに付けてから弦を拭く方法に改めたのです。

今、指板がスプレーでベタベタになるほど付けているという人は、使い方を見直すことをおすすめします。

使う、使わないは個人の好み

そもそもフィンガーイーズは、必須なのか?という意見もあるでしょう。

結論から言えば、必須ではありません。

私はこの商品をギターケア用品として、必須だと思っていました。

けれどそうでもないのです。

使用するかどうかは、「付けた後の弾き心地が気に入るかどうか」で決めるのが良いでしょう。

これはかなり好みの分かれるところです。

つるつるになるので、滑りやすくて弾きにくい…という人もいれば、

これがなければもう弾きたくない!という程のヘビーユーザーもいます。

滑り具合が気に入るかどうかがポイントです。

その結果、私は「無くても良い」という結論に達しました。

私の使い方

「直接スプレーするのは良くない。」という事を聞いてから、私はフィンガーイーズの使い方を改めました。

以前は、練習前後にギターケアとしてスプレーしていましたが、それをやめました。

使用感もそれほど好みだったわけではないので、今は基本的に使わない生活をしています。

この生活になってから、不便を感じたことはありません。

比較的よく弦を変えていますし、指が滑りにくくて弾きにくい、ということもありません。

使用する時は

・海近くでのライブ後

・汗びっしょりで演奏した後

などです。

このような場合は、海の潮風や汗に含まれる塩分で弦がサビやすくなります。

ですので、使用後に「汚れを落とし、サビを防ぐ」目的で使います。

また、その日のコンディションで、「もうちょっと滑りよく演奏したい」と思うことがあります。

そんな時には、たまに使うこともあります。

もちろん、いずれの場合もクロスに付けてから弦を拭く方法で使用します。

その他の場合は、基本的にはクロスで汚れを拭きとるだけで、使用していません。

まとめ

ここまで、フィンガーイーズの使い方と注意点について解説してきました。

要点をまとめると、

・直接スプレーすると、指板が弱くなったり、フレットが浮いたりする可能性がある。

・使うときは、スプレーを付けたクロスで弦を拭く。

・使う使わないは、弾き心地の好みで決めればOK。

ということでした。

参考になれば幸いです。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ