ギターでのグリス(グリッサンド)!やり方と2つのコツ

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

あなたは、ギターの「グリス」や「グリッサンド」というテクニックを知っていますか?

「ここから盛り上がるよ!」というポイントで入れるとグッときます。

かっこよく入れるためには、ちょっと慣れが必要です。

でも、やり方と2つのコツを押さえて練習すれば、比較的早く習得できます。

ということで今日は、グリス(グリッサンド)のやり方とコツを解説したいと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

グリス(グリッサンド)とは

グリスとは、弦を押さえたまま指を滑らせて、音程を変えるテクニックです。

グリッサンドとも呼ばれます。

同じく指を滑らせて音程を変えるもので、「スライド」というテクニックがあります。

しかし、この「スライド」と「グリス」には決定的な違いがあります。

「スライド」の場合、「同じ弦の上で、どこからどこまで指を滑らせてくださいね。」と出発点と終点の両方が決められています。

これに対して「グリス」は、出発点と終点のどちらかが決められていません。

・出発点だけが決まっている場合(終点が決まっていない)

・終点だけが決まっている場合(出発点が決まっていない)

というパターンがあるということですね。

さらには、この両方が決められていない場合もあります。

「決まっていない!?じゃあどうすれば良いの?」と思うかもしれません。

これは、あなたが「良い」と感じるところから、音を始めたり切ったりすればOKということです。

このようにグリスは、スライドに対して感覚的なテクニックなのです。

前奏が終わって歌が始まる時や、サビやギターソロの前などにアクセント的に入れることが多いです。

また、ギターのグリスには、

・グリスダウン

・グリスアップ

の2種類があります。

これらのやり方を解説していきます。

グリスダウンのやり方

グリスダウンでは、高音から低音に向かって指を滑らせ、音程を下げていきます。

この方向ですね。

このやり方を、先ほど紹介したパターンに分けて見ていきましょう。

出発点が決まっている場合

出発点が決まっている場合、TAB譜(ギター専用の楽譜)では以下のように書かれます。

これは、「4弦7フレットの音を鳴らしてから、適当な音まで下げていってくださいね」という意味です。

下げていく途中で徐々に指を浮かせていき、音を消していきます。

音を消すタイミングは、あなたが「良い」と感じるところでOKです。

これが「適当な音」ということなんですね。

終点が決まっている場合

終点が決まっている場合は、TAB譜(ギター専用の楽譜)では以下のように書かれます。

これは、「5弦の適当な音から、3フレットまで音を下げていってください」という意味です。

下げていく途中で徐々に弦を押さえるようにし、5弦3フレットで音が切れるようにします。

音を出し始める(弦を押さえ始める)タイミングは、あなたが「良い」と感じるところです。

その他に、どちらも決まっていない場合もあります。

「決まっていない」ということは「適当な音」=「感覚的に良いところ」です。

そのため、指を離したり押さえたりする場所を「ココ!」と言葉で説明することができません。

出発点や終点の音を確認するには、CDなどの音源をよく聴き、音を切る位置を耳で確認しましょう。

グリスアップのやり方

グリスアップでは、低音から高音に向かって、指を滑らせて音程を上げていきます。

この方向ですね。

出発点が決まっている場合

グリスアップで出発点が決まっている場合、TAB譜(ギター専用の楽譜)では以下のように書かれます。

これは、「5弦3フレットの音を鳴らしてから、適当な音まで上げていってくださいね」という意味です。

上げていく途中で徐々に指を浮かせていき、音を消していきます。

これも、音を消すタイミングは、あなたが「良い」と感じるところでOKです。

終点が決まっている場合

この場合は、TAB譜(ギター専用の楽譜)では以下のように書かれます。

これは、「適当な音から、5弦7フレットまで音を上げていってください」という意味です。

上げていく途中で徐々に弦を押さえるようにし、5弦7フレットで音が切れるようにします。

音を出し始める(弦を押さえ始める)タイミングは、あなたが「良い」と感じるところです。

グリスアップでも、出発点と終点の両方が決まっていない場合があります。

アップとダウンを併用するグリスのやり方

グリスアップとグリスダウンを併用する場合もあります。

その場合、TAB譜ではこのように表記されます。

この「✕」は「適当な音」を示しています。

その適当な音からグリスアップし、適当なところで折り返してグリスダウンします。

この場合も「適当な音」というのはあなたが「良い」と感じるところのことを指します。

音は「ブオーン!」という感じになります。

CDなどの原曲を聴いて、耳で確認しましょう。

かっこいいグリスのための2つのコツ

かっこよくグリスするためのコツは、

・練習時に、音の出発点や終点を自分なりに明確にしておく。

・自信を持ってグリスする。

の2つです。

先ほど、「グリス」は感覚的なテクニックであるということをお話しました。

ですので、演奏になかなか自信が持てない初心者の頃は、「これで良いのかな…?」と思ってしまいがちです。

そのような気持ちで演奏すると、弱々しく、頼りない音になってしまいます。

グリスは、「ブオーン!」としっかり鳴らしてこそ、曲のアクセントとなります。

なので、練習時に出発点と終点の音を、明確に自分で決めておく必要があります。

そして、自分が決めた音で出せるように練習したら、あとは自信を持ってグリスをしましょう。

まとめ

ここまで、グリッサンドのやり方について解説してきました。

要点をまとめると

・「グリス」は、指を滑らせて音程を変えるテクニック。

・音の出発点や終点が定められていないのが、「スライド」との違い。

・音程を下げるのが、グリスダウン。

・音程を上げるのが、グリスアップ。

・コツは、音の出発点と終点を明確にしておき、自信を持って演奏すること。

の5点です。

初心者のうちは、このような感覚的なテクニックがとても難しく感じるでしょう。

でも、今日ご紹介したことを繰り返していると、必ず感覚が磨かれていきます。

是非参考にしてみてくださいね。

頑張ってください!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ