ストローク?ピッキング?違いは何?

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターテクニックに、「ストローク」と「ピッキング」というものがあります。

この違いがあいまいでよく分からないと悩むことがありますよね。

教則本やネットでギターを勉強しているときに、その使い分けで混乱してしまう…。

そうなると、ギターの練習がスムーズに進められず、もったいないですよね。

これらの使い分けを理解しておくことで、そのような無駄を省くことができます。

この記事では、「ストローク」と「ピッキング」の使い分けについて解説していきたいと思います。

ストロークとは

「ストローク」とは、コードを押さえて腕を振って弾くことを指します。

「ジャン」とか「ジャカジャカ」という感じですね。

このストロークには

上から下に向かって弾く「ダウンストローク」

下から上に向かって弾く「アップストローク」

の2つがあります。

これらを交互に行うことを「オルタネイトストローク」と言います。

この「ストローク」という言葉は、コードなどの2本以上の複数弦を鳴らす場合に使います。

1本だけ鳴らす(単音)場合には言いません。

ピッキングとは

ピッキングとは、ギターの弦をはじくことを言います。

こちらは、弾く弦が1本(単音)、複数(コード)に関わらず「ピッキング」と言います。

弦をはじくことを総じて「ピッキング」と呼ぶわけです。

つまり、「ストローク」は「ピッキング」の一部。

なので、「ストローク」を「ピッキング」と呼ぶこともあります。

先ほど解説した「ダウンストローク」「アップストローク」「オルタネイトストローク」ですが、

これらは「ダウンピッキング」「アップピッキング」「オルタネイトピッキング」と呼ばれることもあるというわけです。

ただ、「ピッキング」という言葉は単音、コードを弾く場合のどちらにも使います。

ですから、この言葉だけではコードを弾くのか単音なのか、判別することができません。

ストロークとピッキングの使い分けは?

ここまで「ストローク」は「ピッキング」の一部ということをお話しました。

ですが、先述の通り「ピッキング」という言葉は単音、コードを弾く場合のどちらにも使います。

それらを判別するために、次のように感覚的に使い分ける人は多いです。

・「ストローク」は複数弦を弾く場合

・「ピッキング」は単音を弾く場合

ギターを弾く人は、このようなイメージを持っていることが多いです。

こんなふうに、「ピッキング」という言葉には、単音を弾くというイメージがなんとなくあるんですね。

なので、コード(和音)を弾くことを指す場合は、「ピッキング」よりも「ストローク」という言葉を使うことも多いです。

この使い分けは感覚的なものなので、人によって若干のばらつきがあります。

なので、「ストローク」という言葉を使わずに「ピッキング」とまとめて呼ぶ人もいます。

けれど、これは「ストローク」も含めて「ピッキング」であるということを理解しておけば分かります。

ですので、このことを頭の隅に置いておいて欲しいと思います。

まとめ

ここまで、「ストローク」と「ピッキング」、その使い分けについて解説してきました。

・「ストローク」は「ジャン」「ジャカジャカ」などのように、複数の弦をまとめて弾くこと。

・「ピッキング」は、弦を弾くこと。弾くのが1つの弦でも、複数の弦でもいう。

・「ストローク」も「ピッキング」の一部。

・使い分けのイメージは、「ピッキング=単音」、「ストローク=コード」だが、まとめて「ピッキング」と呼ぶ人もいる。

これらを理解しておくことで、今回解説したような使い分けがあったときに、混乱が避けられます。

そして、様々なギターテクニックの勉強がスムーズに進められることでしょう。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ