アコギの部位の名前?アコースティックギターの各部分・パーツの名称

Pocket

アコースティックギターの各部位の名称が分からず、困っていませんか?

アコギの各部位・パーツの名称は、教則本などの解説でも度々出てきます。そのため、各部分の名称を一通り知っておくと、今後の練習も進めやすくなります。

今回は、アコギの各部位・パーツの名称、役割を解説します。

エレキギターの各部位の名称は「エレキギターの各部位の名称やパーツの名前を知ろう!」で解説しています。

また、ただいまギター初心者さん向けに無料レッスン動画を配信中です。以下のリンクよりお受け取りいただけますので、ぜひご活用ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ギターの全体図

まずは、ギター全体を確認しましょう。

アコギは、主に以下の「ヘッド」「ネック」「ボディ」の3つの部位で成り立っています。

さらに、それぞれの部位の細かなパーツなどを見ていきましょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ヘッド

ヘッド部分には、下の写真のように、ギターを作ったメーカー名が書かれているのが一般的です。

このヘッド部分のパーツを見ていきましょう。

ペグ

1つ目はペグです。上の写真で示したように、弦を巻き付けておく部分とヘッド横に突き出した部分は1セットになっています。これが6セット取り付けられています。

ヘッドから外に突き出したペグを回すと、それに合わせて弦を巻き付けたところも回ります。それによって弦の張力を上げ下げすることで、各弦の音を調整します。

この作業を「チューニング」と言い、ギターを演奏する前には必ず行います。

各弦のペグは次のように並んでいます。

トラスロッドカバー

ヘッドに、上の写真のような、ねじ止めされた板がついていることがあります。

これは「トラスロッドカバー」と言います。

「トラスロッド」とは、ギターのネックの中に仕込まれた鉄の棒のことです。これを中に仕込むことで、ネックの角度が変わってしまった時などに、調整して直すことができるのです。

その「トラスロッド」を調整するためのナットが、このトラスロッドカバーの下にあります。

ですが、このトラスロッドカバーがヘッドにないギターもあります。そのようなギターのトラスロッドを調整するナットは、次の写真の位置にあります。

写真サウンドホールと拡大図

このトラスロッドは、演奏者が触ることは基本的にありません。触ることはできますが、専門的な知識がない状態で回してしまうとギターの不具合の原因となるからです。

ですので、ネックに不調が見られた際はプロに見てもらいましょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ネック

次にネックです。ネックは、上の図で示した、ギターの首部分に当たる細長い部分のことです。ギターによって太さや幅、厚みが異なり、これによって演奏のしやすさに違いがあります。

ここでは、ネック部分の細かいパーツを見ていきましょう。

ナット

弦を支えているパーツです。溝の深さや材質によって音質が変わります。

フレット

指板に入っている金属の棒を「フレット」と言います。その他、「フレットバー」とも言います。

ナット側から順に1フレット、2フレット、3フレット…と数えます。

このようにフレットの位置を示す場合には、ナットのことを「0フレット」と呼ぶこともあります。

また、フレットバーとフレットバーの間の部屋を「フレット」と呼ぶこともあります。この場合は、次のように数えます。

つまり、ナットから1つ目のフレットまでの間を「1フレット」、1つ目のフレットから2つ目のフレットまでの間を「2フレット」という事です。

押さえるフレットの数字が1つ上がるごとに、半音ずつ上がります。

指板・フレットボード

ネックの表面の板を「指板」や「フィンガーボード」と呼びます。

下の写真の矢印部分をよく見ると、薄く線が入っているのが分かりますよね。

これは、ネックの表面に別の板が貼られているからです。この表面の板のことを「指板」または「フィンガーボード」といいます。

演奏時は、利き手と反対の手指でここを押さえるので、指が当たる部分になります。そういうわけで「指板」という名前になっているんですね。

表面に別の板が貼ってあるのです。

ネックの表面に貼ってあるのは、指で押さえる板=指板ということですね。

中には、指板とネック本体が同じ材質の物もありますが、呼び方は基本的に同じです。

ポジションマーク

上の写真で赤で示した、指板上の特定のフレットに入っている印のことを「ポジションマーク」といいます。

これは、いくつめのフレットかを瞬時に判別できるようにするためのマークです。

例えば、「5フレットの2弦!」と言われて「1、2、3…」と数えていたのでは時間がかかりますよね。

そこで、このポジションマークがついていることで、押さえるべきフレットがすぐにわかるということなんです。

3フレットから始まり、5,7,9,12,15…とついているのが一般的ですが、マークの数が少ない物、や付いていないものもあります。

また、次の写真のように、ネックの横にも付いています。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ボディ

ギターの胴体に当たるこの部分を「ボディ」といいます。中は空洞で、箱のようになっており、この部分で音を共鳴させて増幅します。

この部分の大きさや形状で、各ギターの音に違いが生まれます。ここからは、このボディ部分のパーツについて解説していきます。

トップ(表板)

ボディの前面の板を「トップ」、または「表板」といいます。

一般的なアコギはこの部分が平らになっており、このようなものを「フラットトップ」と呼びます。

サイド(側板)

ボディ側面の板を「サイド」、または「側板」といいます。

バック(裏板)

ボディの裏面の板を「バック」、または「裏板」といいます。一般的にサイドと同じ材質の木材が使用されます。

ピックガード

ピックのアタックからボディを守る、つまり“ガード”する役割のピックガード。

サウンドホール

この穴を“サウンドホール”といいます。

ボディの中で共鳴した音が、この穴から出て来きます

ブリッジ

弦の端を固定し、弦の振動をボディに伝える板です。

サドル

ナットと同じく、弦を支えています。

エレキギターのサドルとは形が違いますが、役割は同じです。

ブリッジピン

弦を固定するためのピン。

エレキギターとは弦の張り方が異なり、ブリッジピンで弦を上から押さえて固定しています。

エンドピン

ストラップを掛けるためのピンです。ストラップピンとも呼びます。

アコースティックギターの場合、ボディの下と上にストラップピンが付いていることもありますが、ないものもあります。

その場合は、片方をエンドピンに引っ掛け、もう片方はヘッドにくくりつけて取り付けます。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

まとめ

ここまで、アコースティックギターの各部位の名称とその役割をご紹介してきました。

各部位の名称を知っておくと、ギターの理解が深まります。さらには、解説で専門用語が出てきた時もスムーズに理解することができます。

また、ただいまギター初心者さん向けに無料動画レッスンを配信しております。以下のリンクよりお受け取りいただけますので、ぜひ日々の練習にお役立てください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ