アコースティックギターのパーツの名前や各部位の名称

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

教則本に、当たり前のように出てくる用語に頭が追い付かない…。

というときがありますよね。

私は、エレキギターも弾いていたので、「エレキギターのパーツや各部位の機能とは何が違うの?」と悩むこともありました。

でも、大丈夫です。

それらをはじめにさらりと理解しておくだけで、あとで困らずに済みます。

今日は、アコースティックギターの各部位の名称や機能を解説します!

基本的にはエレキギターと同じですが、アコースティックギターならではのパーツもあります。

名称が同じでもパーツの形が違うこともありますので、ひとつずつご説明します。

エレキギターの各部位の名称は「エレキギターの各部位の名称やパーツの名前を知ろう!」で解説しています。

ヘッド

ヘッドの形がエレキギターとは異なります。

ペグ

弦を巻いたり、緩めたりするペグですが、配置がエレキギターとは異なります。

数字はどの弦かを示しています。

チューニングの際にペグを回す方向に注意

ネック

この長い部分をネックといいます。

ネックにある各部の名称を確認していきましょう。

ナット

弦を支える役割のナット。

フレットの場所を指す場合には、0フレットと呼びます。

フレット

赤い線で示した、指板に入っている金属の棒のこと。フレットバーとも言います。

弦を押さえる場所を示すとき、この“フレット”と言う言葉を使います。

ナット(0フレット)から1つ目のフレットまでの間を「1フレット」、1つ目のフレットから2つ目のフレットまでの間を「2フレット」というように示します。

こういうことですね。

指板・フレットボード

ネックの表面だけを指す場合は、“指板”とか“フレットボード”と言います。

「バレーフォームは、人差し指を指板に寝かせて押さえる。」というような感じで使います。

写真では、分かりにくいですがネック本体と表面との間に薄く線が入っているのが分かるでしょうか?

表面に別の板が貼ってあるのです。

ネックの表面に貼ってあるのは、指で押さえる板=指板ということですね。

中には、指板とネック本体が同じ材質の物もありますが、呼び方は基本的に同じです。

ポジションマーク

で示したところが”ポジションマーク”。

いくつめのフレットか、ということを瞬時に判別するためのマークです。

「5フレットの2弦!」と言われて「1、2、3…」と数えていたのでは時間がかかります。

ポジションマークがついていることで、押さえるべきフレットがすぐにわかるということなんですね。

3フレットから始まり、5,7,9,12,15…とついているわけですが、これは利便性からです。

マークの位置がメーカーによって違うこともあります

ボディ

この部分はボディといいます。

くびれありのナイスボディですね。

トップ

ギターのボディの表面をトップといいます。

サイド

ギターの側面の板をサイドといいます。

ピックガード

ピックのアタックからボディを守る、つまり“ガード”する役割のピックガード。

サウンドホール

この穴を“サウンドホール”といいます。

ボディの中で共鳴した音が、この穴から出て来きます

ブリッジ

弦の端を固定し、弦の振動をボディに伝える板です。

サドル

ナットと同じく、弦を支えています。

エレキギターのサドルとは形が違いますが、役割は同じです。

ブリッジピン

弦を固定するためのピン。

エレキギターとは弦の張り方が異なり、ブリッジピンで弦を上から押さえて固定しています。

エンドピン

ストラップを掛けるためのピンです。ストラップピンとも呼びます。

アコースティックギターの場合、ボディの下と上にストラップピンが付いていることもありますが、ないものもあります。

その場合は、片方をエンドピンに引っ掛け、もう片方はヘッドにくくりつけて取り付けます。

まとめ

今日は、アコースティックギターの各部位の名称とその役割をご紹介してきました。

基本は、エレキギターと同じです。

しかし、役割が同じでも、形が違う部分もあります。

これを理解しておくことで、エレキギターを弾くことがあっても焦らずに済みます。

エレキギターの各部位の名称は「エレキギターの各部位の名称やパーツの名前を知ろう!」で解説しています。

是非合わせてご覧ください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ