アコギのストラップの取り付け方は?紐の結び方は?付け方を解説!

Pocket

フォークギターなどのアコースティックギター(アコギ)にストラップを付けたいけれど、付け方が分からないという人は多いでしょう。

ストラップを付けると、肩にかけて立って弾くことが可能になります。また、立つ姿勢は、演奏しながら歌う「弾き語り」にも適しています。

という事で、今日はアコースティックギターのストラップの付け方を解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ギターストラップとは?

「ストラップ」と聞くと、ケータイに付けるキーホルダーのようなものを想像する方もいるかもしれません。

「ギターストラップ」というのは、ギターアクセサリーの1つで、次の写真のように立って演奏するためにギターを肩からかけるために使う肩ひものことです。

このギターストラップですが、ギターの種類によって付け方が異なる部分がありますので、これらを順に解説していきます。

まずはエンドピンに取り付ける

アコギのボディの底には、下の写真のような「エンドピン」と呼ばれるものが付いています。

ここに、ストラップの片方の穴を引っ掛けます。するとこうなります。

エンドピンへの取り付けはこれだけです。ただ、新しいストラップは生地が硬く、なかなか付けられないです。この穴に通す作業が意外と大変なんですね。

なので私は、下の写真のようにペンを通し、グリグリと穴周りを柔らかくしてから装着しました。

こうすると少し取り付けやすくなりますよ。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

もう片方の取り付け方は2通りある

次に、ストラップのもう片方を取り付けます。

これには主に2通りの方法があります。これらの方法を順に解説していきます。

つけるところがない!?紐を使ってヘッドにつける

ストラップの片側を固定する1つ目の方法は、「ヘッド部分に取り付ける」というものです。上の写真の、赤いマル部分、ヘッドの根元に紐で巻き付けるんですね。

ストラップを購入すると、ここに結び付けるための紐が付いてきます。この紐を弦の下をくぐらせ、固く結びます。するとこのようになります。

余った紐は、下の例のようにリボン結びにしたり、もう一周巻きつけたりしてまとめても良いでしょう。

紐の結び方に決まりはありません。取れないようにしっかり結ぶことが大切です。

この時の結び方として「ちょうちょ結び」を紹介されることが多いです。私自身も初めはそうしていました。

しかし、これだと演奏中に緩んでくることが多かったです。そのため、ヘッドの位置が下がってしまい、演奏しづらくなるということがありました。

ですので、私は「絶対にズレないこと」を最も重要視し、「固結び」をしています。

ただ、この場合外すのがとても大変です。ストラップを外すことがある、という人は「本結び」という方法もいいかもしれません。

これは、アウトドアなどでも多用される結び方で、「しっかり結べて、外しやすい」という特徴があります。

「本結び」の方法が解説されているサイトは多くありますので、ネットで検索してみると良いでしょう。

また、うまく結べない場合には、下の写真のような専用グッズもあります。

 

出典:amazonより

紐を取り付けてパチッと止めるだけなので簡単に取り付けられます。これなら演奏中にズレてくる心配もありません。

ボディやネック根元のピンに取り付ける

ストラップの片側を固定する2つ目の方法は、「ボディやネックの根元についているピンに取り付ける」というものです。

あなたのアコギのボディやネックの根元には、ストラップを引っ掛けるピンが付いていますか?

下の写真の私のものにはありませんが、あなたのギターの赤マルの辺りにエンドピンのようなものが付いていれば、そこに取り付けます。

この場合もストラップの生地が硬ければ、穴にペンなどを通し、グリグリっとしてから通すと取り付けやすくなります。

このように、ボディやネックの根元にピンがついているのは、エレキギターでは当たり前のことです。

しかし、アコギの場合は付いていないことがほとんどです。その場合は、先程紹介したように「ヘッド」にとりつける方法が一般的です。

けれども、新たに「ピンを取り付ける」という方法もあります。

その場合は、楽器に穴をあけて取り付けることになります。ですから、自分でやるのではなく、楽器屋さんなどでプロにお願いしましょう。

自己流で取り付け、失敗してしまったら、「見た目が美しくない」「楽器自体の調子が悪くなる」ということになってしまうからです。そうなると修理に出さなければならなくなり、余計に費用がかかってしまうことにもなりかねません。

また、付ける位置にはいくつかパターンがありますので、そこで相談してみると良いでしょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

どちらにするかは「好み」で決める

これらの方法のうち、どれが良いかは見た目や弾きやすさの「好み」で決めます。

ヘッドに取り付ける方法は、ネックも固定され、座って演奏する場合に近い構え方ができます。

これに対して、ボディにピンで取り付ける方法は、見た目がスッキリとした印象になります。

先述したように、エレキギターの場合は、ボディにピンが必ず付いています。ですので、もともとエレキギターを演奏していた人は、こちらの方がしっくりくるかもしれません。

ただ、ボディやネックの根元にピンが付いていない場合、強いこだわりがなければ、あえて新たにピンを取り付けなくても良いでしょう。

それは、どの取り付け方であっても、しばらく弾いていれば慣れるからです。

私自身、もともとエレキギターを演奏していました。そのため、ヘッドに結ぶ方法は、初めは違和感がありました。でも、結局慣れてしまったんですね。

また、ストラップの位置、長さについては「ギターの位置が決まらない!理想のストラップの長さは?」で詳しく解説しています。是非合わせて読んでみてくださいね。

ストラップが付けられたら、さあ演奏してみましょう!そんなギター初心者さんに向けて「無料動画レッスン」を配信しています。つまづきやすいポイントを懇切丁寧に細かく解説しています。

いつまで公開を続けるかわからないので、この機会に以下のリンクからぜひお受け取り下さい◎

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

まとめ

ここまで、アコースティックギターのストラップの取り付け方を解説してきました。

・ストラップの片側の穴を、ギターの底部分にあるエンドピンに通す。

・もう片方はヘッドに結びつけるか、専用の道具で装着する。

・ギターのボディやネックの根元にピンがある場合は、そこに付ける。

・ピンを新たに付けることもできるが、その場合はプロにしてもらうのが良い。

・どちらが良いかは、見た目や弾きやすさの好みできめる。

ストラップを付けることで、立って弾けるようになり、演奏方法の幅が広がります。また、立つと発声もしやすくなり、弾き語りがしやすくなります。

また、ギターをこれから始める方や初心者さんに向けて、無料動画レッスンを配信しています。以下のリンクから、ぜひお受け取り下さい。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

この記事が、あなたのお役に立ちますように。それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

   
関連ページ