ベストなピッキングの強さ!ポイントは○○にアリ!

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

あなたは、「ピッキング(ピックで弦を弾くこと)の強さ」を意識して演奏していますか?

左手ばかり気にしてしまって、そこまで意識してなかった…。

私自身が、長くそんな状態でした。

でも、これが表現力に差を生むポイントなのです!

例え「ジャンジャンジャン」と演奏のパターンが単調であっても、ピッキングの強さを意識するだけで、印象は大きく変わります。

ということで今日は、ベストなピッキングの強さについて考えていきましょう。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

ピッキングが強すぎるとダメな理由

ピッキングでよく問題となるのは、「強くなりすぎる」ということです。

ベストなピッキングの強さを知るためにはまず、「強すぎるとなぜいけないのか?」ということを理解しておく必要があります。

その理由に以下のことが挙げられます。

弦が切れやすい

常に強くピッキングしていると、弦に負荷がかかります。

そうすると、当然弦は切れやすくなります。

ライブ中に弦を切ってしまう、なんてことは避けたいですよね。

さらに、頻繁に切ってしまうとなれば、弦代もかさみます。

演奏中に弦をよく切ってしまう人は、ピッキングの強さを見直す必要があるかもしれません。

表現力に欠け、単調な演奏になりやすい

普段のピッキングが強すぎると、それより大きな音を出したり、強くピッキングしたりすることができなくなってしまいます。

ということは、「強さ」を表現することができないことになります。

これを具体的に解説してみましょう。

楽譜では、以下のような「強弱」を示す記号が出てくることがあります。

この図から、強弱にはこれだけ幅があるということがわかりますね。

このうち、通常のピッキングが「ff」や「f」にあたる強さだと、それ以上に強く弾くことができないですよね。

それ以上強く弾けないということは、強弱をつけられないということです。

表現力は、この強弱によって左右されるところが大きいんです。

そのため、普段のピッキングが強すぎると、表現力に欠ける単調な演奏になってしまう、というわけです。

ピッキングが強くなってしまう原因

この問題は、特に

・アコースティックギター(アコギ)を弾く人

・アンプに繋がずにエレキギターを練習する人

に見られる傾向があります。

ある程度演奏できる人でも、この問題を抱えていることがあります。

なぜこのようなことになるのか、その原因を考えてみましょう。

まず、ピッキングが強すぎると、ピックが弦に引っ掛かる感じがして、弾きにくいです。

その状態で無理やり音を出そうとして、更に力を込めて弾いてしまうんですね。

その悪循環で強いピッキングが癖づいてしまうのでしょう。

また、エレキギターでアンプに繋がず練習していると、音が「ペキョペキョ」と小さな音しか鳴りません。

この場合は、音を大きくしようと、知らず知らずのうちに強く弾く癖がついてしまうのです。

エレキギターはアンプに繋いで練習しましょう。

その他、アコギでストリートライブを行なっている人も、このような癖が付きやすい傾向にあります。

特にアンプなど使わない“生音(なまおと)”で演奏している場合は注意です。

たくさんの人に聴いてほしい!遠くまで聞こえるように演奏したい!という気持ちがそうさせてしまうのでしょう。

当てはまった人は、一度自分のピッキングを見直してみると良いでしょう。

これらは全て、「頑張って弾こう!」という気持ちからくるものです。

気持ちが力んでいるから、体にも音にも力が入ってしまうんですね。

気持ちも体もリラックスした状態で演奏できれば、自然とベストなピッキングが見つかることでしょう。

ポイントは指先にアリ!

それでは、ベストなピッキングの強さはどのくらいなのか?を考えていきましょう。

先ほども解説したように、演奏には「強弱」が必要です。

これ以上強くもできるし、弱くもできるよ、という「真ん中くらいの強さ」を知ることが第一歩です。

これにはやはり、リラックスした状態でピッキングすることが必要になります。

そのために確認すべきことは、「ピックを持つ指が力んでないか」ということです。

ここが力んでいると、ピックを持つ指が痛くなり、長時間演奏することが辛くなります。

ピッキングで重要なことは、腕から指先にかけて“力ませないこと”です。

ピックを持つ指に力が入っていると、ピッキング自体も力んでしまい、動きが硬くなるんですね。

なので、「ピッキングが強すぎるかも…」と思う人は、指の力を抜いてピックを持てるように意識してみましょう。

ピックの持ち方については「ギター初心者の壁!正しいピックの持ち方・握り方」で詳しく解説しています。

是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

ここまで、ベストなピッキングの強さについて解説してきました。

ざっとまとめると

・ピッキングが強すぎると、弦が切れやすくなったり、単調な演奏になったりする。

・ピックを持つ指先と気持ちをリラックスさせると、ピッキングの力も抜けてくる。

ということでした。

今までの癖を修正すると演奏しにくくなり、元に戻したい!と思うかもしれません。

でも、その苦しさを超えると慣れてきますので、良い習慣を体に覚えさせるために少し我慢してやってみましょう。

是非、参考にしてみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon
   
関連ページ