ギター初心者の壁!正しいピックの持ち方・握り方

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを始めたばかりの頃、ピックの持ち方で悩む人は多いですよね。

教則本の通りにやっているはずなのに、いまいち安定しないし、ピックがずれてしまう…。

私自身、そんなふうにピックの持ち方でかなり苦労しました。

でも、できるようになってから当時の教則本を見てみると、説明不足が原因であったことに気づいたのです。

もう少し詳しく書いてくれたら、きっとあんなに時間はかからなかったに違いない…!

ということで今日は、基本的なピックの持ち方を解説していきたいと思います。

たかがピックの持ち方、されどピックの持ち方

ピックの持ち方に焦点が当てられることって少ないですよね。

ギターを始めたときに、いくつか教則本を読みましたが、総じて扱いが軽い…。

ピックごときにページをそんな割けるか!とでもいうように。

でも、初心者の頃の私は、これにとても苦戦しました。

正しいピックの持ち方にたどり着くのにはかなり時間を要したのです。

 

「持ちやすいように持てばいいんじゃない?」と思うかもしれません。

事実、特殊な持ち方の人もいますから、“絶対的に正しい持ち方”はないのでしょう。

 

でも、それでは後々困ることになる可能性が高いです。

初心者の時に持ちやすくても、弾きなれてきて、新たな技術を習得したい時に困ります。

「この持ち方ではやりにくい…。」ということが起こってきます。

後々のためにも、基本的で普遍的なピックの持ち方は、是非習得しておきたいところです。

ピックの使い方

ピックにも、様々な形がありますよね。

中でも一番初めに持つものとして“おにぎり型”が一般的でしょう。

今日はこのおにぎり型ピックで解説していきます。

この三角の先端を弦に触れさせて音を出します。

そんなの当たりまえ!でもこれがとても重要。

これがずれて、この赤線部分で弾くとキレの良い音が出ません。

「カシカシカシカシ」と擦れたような音が出ます。

 

先端がきちんと当たるように保つことが大切です。

弾いていて、「あれ?ピックが動いている…?」と思ったら、何かを改善した方が良いと考えましょう。

ピックの持ち方

人差し指と親指は十字にクロス…ではない

よく、“親指と人差し指は十字に交差させましょう。”と書かれてありますよね。

私は、この記述のせいで苦労しました…。

 

十字ってこうですよね。

でも、ピックを持って

抜いてみると…

十字になってない!

 

横から見るとこうなっています。

 

私は十字を意識して、人差し指をまっすぐ保って十字を作らなければいけないと力んでしまっていました。

そのため、いつまでたっても“いい感じに力を抜いて”ピックを持つことができなかったのです。

 

また、人差し指をまっすぐして十字にしてしまうと、弦に指が触れてしまい、演奏の妨げにもなります。

なので、人差し指の第一関節を少し曲げて、親指と重ねることがポイントになります。

ピックは握らない

握るというと、力が入っているイメージがありますよね。

ピックを“握る”とよくいいますが、力を入れて握ってしまってはいけません。

軽く“つまむ”感じですが、一般的につまむときはこうなりますよね。

これではピックの先端を弦に当てるために、手首が過度に曲がって負担がかかります。

ピックを正しく持った場合、手首はこのようになります。

親指の腹と人差し指の第一関節横で、軽く“つまむ”感じが近いでしょう。

親指もポイントで、指先ではなく、この辺りを使います。

指の腹ですね。

こんなふうに、親指の指先を使うと、安定しません。

部分をくっつけるイメージでピックを挟んでみましょう。

まとめ

ここまで、ピックの基本的な持ち方についてお話してきました。

 

まとめると、

・親指の腹と人差し指の第一関節横を重ね、軽く“つまむ”感じで持つ。

・握らず、力まないように。

ということでした。

 

この記事で解説した持ち方で、是非お試しください。

あなたの、ピック持ち方問題解決のきっかけとなれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitter→@sauripon

   
関連ページ