アコギでカッコいい!ブラッシングのやり方と注意点

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

突然ですが、あなたは“ブラッシング”というテクニックを知っていますか?

「何それ?」と思った人も、一度は聞いたことがあるはず!

というくらい、よく使われるものです。

とても便利なテクニックなんですね。

でも、きっちりキメないと下手くそに聴こえてしまうので注意が必要です。

私自身、ブラッシングを軽視していたために、ダサい演奏をしていた苦い思い出があります。

なので今日は、この奥の深い「ブラッシング」のやり方と注意点を解説していこうと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

ブラッシングとは

ブラッシングとは

まずは、ブラッシングとは何なのか?ということ解説しておきましょう。

このテクニックを使うと、こんな音が出ます。

↓以下の青い文字を押して、聴いてみましょう。

楽譜では、次のように表記されることが多いです。

エレキギターの場合は、この音を「ツクツク」という言葉で表現します。

しかし、アコギの場合は上の音声のように、「ジャクジャク」という感じの音になります。

1音だけブラッシングで弾いた場合は、「ジャッ」という感じですね。

この「ブラッシング」の音を出すためには、全ての弦をミュートする必要があります。

そのため、コードの響きなど音程を感じません。

このことからわかるように、「ブラッシング」は、打楽器のようにリズムを表現できるテクニックなのです。

そのため、正しくリズムを取ることが重要になります。

また、曲の雰囲気に変化を持たせるのに使うこともあります。

奥は深いですが、便利なテクニックです。

マスターすれば、表現方法の幅が広がるので、是非できるようになりましょう!

なぜ「ブラッシング」?

「ブラッシング」について理解を深めるために、音のイメージについて考えてみましょう。

私はこの音に、「デッキブラシでお風呂の床掃除をするイメージ」を持っています。

こんなブラシがありますよね。

これがデッキブラシです。

これで、お風呂の床をゴシゴシとブラッシングします。

すると「ジャッジャッ」という音が鳴りますよね。

ギターの「ブラッシング」も、まさにそういうイメージの音なんです。

ですので、この音をイメージして、練習するとコツがつかみやすいかもしれないですね。

ブラッシングのやり方

ここからは、ブラッシングのやり方を解説していきます。

左手を、弦に軽く触れさせ、音がならないように”ミュート”する。

そのまま右手でジャカジャカと弾く。

というのが、おおまかなやり方です。

※左利きの場合は、手が逆になります。

ただ、これだけではイメージしづらいですよね。

実際にやってみましょう。

まずは、弦を押さえる方の指を、全ての弦に軽く触れさせます。

こんな感じです。

この時、グッと弦を押さえてはいけません。

あくまで軽く触れさせる程度、と心得ておきましょう。

そのまま、ピックでジャカジャカと弾きます。

そうすると、下の音声のような「ジャッ」「ジャクジャク」という音が出ます。

↓以下の青い文字を押して、聴いてみましょう。

基本的にやることはこれだけです。

特に難しい技術はいりません。

上手いブラッシングのコツは、

ドラムやパーカッションなどのリズムを意識して演奏することです。

ブラッシングの注意点

次に、ブラッシングをする際の注意点についてお話ししていきましょう。

ミュートする手の力加減は“軽く触れる”程度

まず1つ目の注意点は、ミュートをする手の力加減に注意!ということです。

力が強すぎると、ミュートではなく、弦を押さえていることになってしまいます。

そうすると、弦の音など、何かしらの音が「ジャン」と鳴ってしまいます。

また、押さえる力を弱めようとして、弦から手が離れてしまっていてもいけません。

この場合も「ジャン」と音が鳴ってしまいます。

これでは「ブラッシング」の音になりません。

あくまで、弦に“軽く触れさせる”くらいの力加減でミュートしましょう。

そうすれば、「ジャクジャク」や「ジャッ」という正しい音になります。

この力加減がよくわからない人は、色々な強さでミュートして弾いてみましょう。

「ジャクジャク」や「ジャッ」という音が出たその時が、正しい力加減ということになります。

「ハーモニクス」が出ないように注意

2つ目の注意点は、「ハーモニクス」という音が鳴らないようにする、ということです。

これは、「ポーン」や「ポンポン」という優しい音が出る、ギターのテクニックの1つです。

特定の場所(フレット)で、弦に指を軽く触れさせることで、この音が出ます。

ブラッシング時に、この音が出てしまうとうるさい感じがします。

ハーモニクスが出てしまっているブラッシングは、次のようなものです。

↓以下の青い文字を押して、聴いてみましょう。

これはこれで使える場合もあります。

ただ、基本のブラッシングではこのような音が鳴らないように注意しましょう。

この音が出てしまう原因は、以下の2点です。

・力加減が弱い。

かつ、

・触れているところが「ハーモニクス」が出やすい場所である。

※5、7、12フレットがハーモニクスの出やすい場所ですが、他にもあります。

これを防ぐためには、やはり力加減が大切です。

例えハーモニクスが出やすい場所をミュートしていても、

正しい力加減でミュート出来ていれば問題ありません。

ですので、ブラッシングは「ミュートする力加減」が最も重要なポイントと言えるでしょう。

リズム感を大切にする

3つ目の注意点は、リズム感を大切にする、ということです。

先ほども述べたように、ブラッシング自体は特に難しい技術ではありません。

しかし、ただ「ジャクジャク」という音を出せばいいわけではありません。

このテクニックでは、確実なリズムが求められるからです。

リズムよくブラッシングを入れることができれば、聴き手はとても気持ちよく聴くことができます。

そうでなかった場合、気持ちよく聴けません。

それだけでなく、下手な演奏に聴こえてしまいます。

そのため、正しいリズムでの演奏が求められます。

また、通常の「ジャンジャン」というストロークとセットで登場することも非常に多いです。

セットになると、「カッティング」というテクニックになります。

その「カッティング」に、確実にブラッシングを入れる事で、心地良いリズムを表現することができるのです。

ですので、リズムを取ることに自信のない人は、リズム感を鍛えましょう。

そのためには、メトロノームを使って練習するのが良いでしょう。

また、既存の曲のコピーやカバーを演奏する場合は、元の曲を聴き込み、 体にそのリズムを染み付かせることも1つの方法です。

まとめ

ここまで、ブラッシングのやり方と注意点について解説してきました。

やり方は

・弦を押さえる方の指を全ての弦に軽く触れさせ、そのままジャカジャカと弾く

でしたね。

そして、

・ミュートする手のちょうど良い力加減を見つける。

・リズムよく演奏する。

ということを、注意点として挙げました。

是非練習の参考にしてみてくださいね。

頑張ってください☆

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ