難しいギターのバレーコード、Fの押さえ方のコツと練習法

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを始めたら、必ず誰しもがぶち当たる「Fの壁」。

私自身、過去に2度挫折しています。

「こんなんで本当に音がなる日が来るのだろうか…。」と暗く、長いトンネルの中を歩くような気持ちでした。

でも、絶対に不可能なことではないんです!

特に握力が強かったわけでもない、我慢強かったわけでもないこの私が、現にギターを弾いているのですから。

今日は、Fコードの押さえ方のコツと練習法についてお話してみたいと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

Fコードの押さえ方

これですね。

このように、複数の弦を1本の指で押さえるコードを“バレーコード”といいます。

Fコードの押さえ方を図にするとこうなります。青の漢字は、押さえる指を示しています。

これだと「1フレットの全ての弦を力いっぱい押さえなければ!」と思ってしまいそうですが、そういう事ではないんです。

実際は、コチラをイメージしてください。

この方がいくらか気持ちが楽じゃないですか?笑

人差し指は、1フレットの1弦2弦、6弦さえ押さえられていれば良いです。

Fコードは、バレーコードの基本です。

だから、Fの壁を越えれば、弾ける曲もグッと増えます。

Fコード・バレーコードの押さえ方のコツ

Fコード、特に人差し指の押さえ方のコツは2点あります。

・人差し指を寝かすように押さえる。

・フレットバー近くを押さえる

上の写真を見てください。1フレットのバーが人差し指で隠れていますよね。

なぜかというと、フレットバーの近くを押さえているからなんです。

フレットバーの近くを押さえると余分な力を入れなくて済むのです。

また、このように人差し指を少し寝かせて押さえるとどうでしょう。

指のサイドで押さえる感じです。

これは、Fコードを押さえた直後の人差し指の写真です。

のあたりに、ガタガタと弦の跡が付いているのがわかるでしょうか。

この跡がある辺りで押さえています。

指のサイドは、骨っぽくて少し固いですよね。

ここで押さえると、力が少なくて済むのです。

人差し指を寝かさずに腹側でまっすぐ押さえた場合、なぜうまくいかないのでしょうか。

指のこちら側(腹側)は弾力がありますよね。

ここで押さえると、弦が指に食い込んだり、間接にはまってしまったりします。

だから、しっかりと押さえられないのです。

また、その分力を入れてしまうことになるので、指や肩が疲れてしまいます。

それで押さえられない、きれいに音が鳴らないという事態になるのです。

ピーンと張られた糸を、”グミ”と”木”で押さえたときの想像をしてみましょう。

弾力のあるグミで押さえると、糸がグミに食い込みます。

弾力のない木の場合は、しっかりと押さえられますよね。

指の腹側とサイドでは、このような違いがあるんです。

だから、少しでも固い「指のサイドの方がしっかりと押さえられ、音が出やすい」ということなんです。

Fコードの練習法「弾けているつもりで進む」

はやくFコードが弾けるようになりたい!

そう思って、ひたすら「Fコード」をジャンジャカ練習する…。

それも1つだと思いますが、あまり楽しくないですよね。

面倒くさがりの私にとってはまさに苦行でした…。

そんな私が、楽しくできる練習法として、おすすめするのがこちら。

「とりあえず弾けている気分で進む」です。

「ばかばかしい!何の解決にもならないじゃないか!他の練習法を探そう…」

と思いましたか?

でも、私はこれで押さえられるようになりました。

初めのうちは、弾いてみたい曲にFコードがあると、避けてしまいがちですよね。

でも、とりあえずFが鳴っていると思って、そんな曲にも挑戦してみます。

カスっとした音でも、無視して弾き続けます。

Fコードの練習はと言うと、たまに押さえ方の確認をする程度でした。

大好きな曲を早く歌いたかったので、

「今日も鳴っていない。けど気にしない。」

と毎日練習していました。

すると、ある日こんな変化が現れました。

「あれ?今日ちょっとFコード鳴ってるかも?」

この日を境に、Fコードがきちんと鳴ることが多くなっていったのです。

練習で大切なこと

根気よくFコードをひたすら弾いて、何が違うのかを研究することが出来る人はそれで良いでしょう。

けれど、その練習法が苦しい人は多いと思います。

まさに私がそうでした。

練習が苦しいと、辛くなって「これは嫌なことだ」と頭が思い込んでしまいます。

そうすると、練習すらしたくないと考えるようになります。

これでは何の意味もありません。

それなら、とりあえず何度も弾いて挑戦する機会をたくさん作る方がいいです。

チャレンジする回数を増やすんですね。

それをやめなければ、必ずFコードの音が鳴るときが来ます。

「こんなに練習しているのに悲しい程に押さえられない…指が辛い…」ということがあるかもしれません。

それは、ギターに原因があるかもしれません。

あまりにも安価なギターは、弦の高さが高く、コードを押さえにくいことがあります。

このことについては、「初心者のギター選びで値段の安いものをおすすめしない理由」で詳しく解説しています。

是非ご覧ください。

まとめ

今日は、Fコードやバレーコードを押さえるコツと練習法をお伝えしてきました。

今、あなたは「無理だ…」と思っているかもしれません。

私もまったく同じように感じていました。

実際、2度も挫折しました。

でも、今楽しくギターを弾いています。

続けていれば、絶対に「F」が鳴る日がやってきます。

頑張ってください!応援しています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

この記事と同じ内容の動画をYoutubeにもアップしています。

Twitter→@sauripon

   
関連ページ