コードダイアグラムとは?見方を解説!

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターの弾き語りを始めたけれど、コードダイアグラムの読み方が分からない…ということがありますよね。

初めて見ると「なんだこれは?」という感じですよね。

でも、これがとても便利な図なのです!

楽譜が苦手な私でも、諦めずに続けられたのは、この図があったからと言っても過言ではないでしょう。

ということで今日は、便利な「コードダイアグラム」の見方を解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

コードダイアグラムとは

このような図を「コードダイアグラム」といいます。

これは、誰でもコードの押さえ方がわかるように作られた便利な図です。

図の通りに弦を押さえていくだけで、正しいコードを鳴らすことができる、というものです。

これがあれば、楽譜が読めない人や、コードの押さえ方を覚えていない人でもギターを演奏できるという、とても便利なものなのです。

ですので、是非とも見方を覚えましょう!

コードダイアグラムの基礎知識

コードダイアグラムの「横線」と「向き」

まず、コードダイアグラムの「向き」と「横線」についての解説をしていきます。

以下の図のように、コードダイアグラムには縦線と横線があります。

このうち、横線はギターの弦を表しています。次の図の、赤で示した部分です。

ここで大切なのが、図の向きです。

まずは、コードダイアグラムの正しい向きを理解しましょう。

次の写真を見てください。

あなたがギターを抱えたとき、このように、弦は上から太い順に6、5、4、3、2、1と並んでいますよね。

これを見ると、「コードダイアグラム」の横線も上からこの順で並んでいるように思えますね。

しかし、これは間違いです!

以下の図のように考えてしまうと正しく演奏することができません。

正しくは「コードダイアグラムの上の線が1弦、下の線が6弦」です。

こういうことですね。

感覚的に理解するために、実際のギターを使って解説してみましょう。

まずギターを持ってみてください。

その時ギターのネックは、こんなふうに見えていますよね。

そのままギターを上向きに寝かせてみましょう。

この状態で、「コードダイアグラム」を弦の横に並べてみると、このようになりますね。

コードダイアグラムは、この向きで示されているのです。

上下が分からなくなった時は、このようにギターを上向きにしてみるとわかりやすいですよ。

コードダイアグラムの「縦線」

上の図の、青で示した縦線は、ギターのこの線(青線部)を表しています。↓

この線で区切られた間隔を、ギターの頭の方から順に、1フレット、2フレット…と数えていきます。

こういうことですね。

同じく、下の写真の様に、コードダイアグラムも向かって左から1フレット、2フレット…と数えていきます。

また、このようにフレットに数字がふられている場合もあります。

これは、ここが「4フレット」であることを示しています。

コードダイアグラムの●

上の図のように、弦の上に書かれた黒丸「」は、指で押さえる場所を示しています。

この場合は「2フレットの4弦を押さえてください」という意味です。

コードダイアグラムの〇と✕

それぞれの弦の横に、「〇」や「✕」が書かれていることがあります。

赤線で囲った部分です。

これらは、その弦の音を鳴らすか、鳴らさないかということを示しています。

「〇」は、「指で弦を押さえずに、鳴らしてくださいね」という意味です。つまり「開放弦」を鳴らすということです。

また、「✕」は、「この弦は鳴らさないでください」ということを示しています。

この場合は、「1弦と5弦は鳴らし、6弦は鳴らさないでください」ということです。

ピックでその弦を弾かないようにするか、コードを押さえる方の指で軽く触れて「ミュート」し、鳴らさないようにする方法があります。

これらの印がついていない弦は鳴らします。

この例の場合は、「5、4、3、2、1弦を鳴らす」ということになります。

コードダイアグラムの「人」「中」「薬」「小」

初心者向けのコードダイアグラムには、以下のように、押さえる指が指定されているものもあります。

●の横に書かれた「人」「中」「薬」「小」という文字が、使用する指を示しています。

人=人差し指

中=中指

薬=薬指

小=小指

ということです。

これは「この指で押さえるのが、まぁ、一般的ではありますよ。」という意味だと考えておくと良いでしょう。

例えば、下の「G」コードのダイアグラムを見てください。

この場合、部を私は小指で押さえます。

しかし、ここを薬指で押さえる人もいるのです。

ですので、きちんと押さえることができれば、必ずしも指示通りでなくて良いです。自分にとって、無理のない指で押さえましょう。

コードダイアグラムの基礎知識6項目

ここまで、コードダイアグラムの基礎知識について解説してきました。

一旦まとめておきましょう。

・コードダイアグラムの横線は上から1、2、3、4、5、6弦。

・縦の線はフレットを表す。

・「●」は指で押さえるところ。

・「〇」がついている弦は、開放弦を鳴らす。

・「✕」がついている弦の音は鳴らさない。

・押さえる指は、表記を参考にしつつ、やりやすい指でOK。

ということでしたね。

このことを頭に入れておき、実際にコードダイアグラムを見ていきましょう。

コードダイアグラムの見方

バレーを含まないコードのダイアグラム

「バレー」とは1つの指で、同じフレットにある複数の弦を、一度に押さえることをいいます。

ここではまず、この「バレー」を含まないコードダイアグラムの見方を解説していきます。

それでは、実際に見ていきましょう。

以下の図を見てください。これは、「C」というコードのダイアグラムです。

弦を表す横線の上に3つの●がありますね。

この●が指で押さえる場所を示しているんでしたよね。

ですので、このコードダイアグラムを見ると

5弦3フレット

4弦2フレット

2弦1フレット

を押さえれば「C」コードになるという事がわかります。

また、3弦と1弦の横に〇がありますね。

「〇」は、「指で弦を押さえずに、鳴らしてくださいね」という意味でしたよね。

なので、3弦と1弦は開放弦を鳴らします。

さらに、6弦の横には×があります。

これは「この弦は鳴らさないでください」という意味です。

6弦は鳴らさずに、5弦以下の弦をジャラーンと鳴らしてくださいという指示なのです。

ここで6弦を鳴らしてしまうと、聞き心地の悪い「不協和音」になるので注意が必要です。

このとき6弦を鳴らさない方法としては、2つ挙げられます。

1.6弦にピックが当たらないようにする。

2.6弦を押さえず、親指の腹がそっと当たるようにして、音が出ないように「ミュート」する。

しかし、確実に鳴らないようにするためには、2のミュートする方法がおすすめです。

なぜなら、ミュートせずに6弦にピックが当たらないようにする方法では、誤って鳴らしてしまうことがあるからです。

上手くミュートができると、6弦は「プツッ」という音になります。

バレーコードのダイアグラム

「バレー」とは、先ほど解説したように、1つの指で同じフレットにある複数の弦を、一度に押さえることでしたね。

それを含むコードを「バレーコード」と言います。

ここからは、この「バレーコード」の場合を見ていきましょう。

基本の読み方はバレーコードでない場合と同じです。

ただ、バレーコードは押さえるところが多くなります。

その分表記の方法に違いが出て、読み取りにくいことがあるので、確認しておきましょう。

バレーコードの代表的なものが、この「F」のコードです。

このコードは、1フレットの弦を、人差し指で一度にグッと押さえて「バレー」します。

次のダイアグラムが、その「F」コードを示したものです。

⚫を順に見ていくと

5弦3フレット

4弦3フレット

3弦2フレット

1フレットはすべての弦を押さえることが分かります。

この場合、1フレットは人差し指で全部の弦を一気に押さえるということが、見るだけで何となくわかりますよね。

また、同じ「F」コードの示し方には、このようなものもあります。

5弦3フレット

4弦3フレット

3弦2フレット

までは先ほどの場合と同じですね。

しかし、1フレットの表示が先ほどとは違い、●があるのは1、2、6弦だけです。

●は全部で6つですから、「指が足りない!」と困ってしまうかもしれません。

私も迷った覚えがあります。

これは、上の例と同じようにバレーコードを示しています。

これを見ると、「なぜ、3、4、5弦の1フレットに●がないの?」という疑問が湧くでしょう。

なぜなら、これらの弦は、既に2フレットと3フレットで押さえられているからです。

それより前のフレットを押さえようが、押さえまいが音は同じなのです。

なので、書いても書かなくても良い、ということでこのような違いがでているのです。

試しに、5弦3フレットを押さえて、その弦をポーンと鳴らしてみてください。

今度は、5弦3フレットと1フレットを同時に押さえてみて、音を鳴らしてみてください。

同じ音ですよね。

このように、弦が押さえられているところよりも前のフレットは、出す音に影響しないのです。

そのため、3、4、5弦の1フレットに「●」があったり、なかったりするんですね。

ここで挙げた例のように、押さえる●が多くて「指が足りない!」と思ったときはバレーコードを疑ってみましょう。

バレーコードの押さえ方については「難しいギターのバレーコード、Fの押さえ方のコツと練習法」で詳しく解説しています。

まとめ

ここまで、コードダイアグラムの見方を解説してきました。

れが読めるようになると、楽譜が読めなくてもギターを演奏することができます。

ギターコードの一覧表で、様々なコードのダイアグラムが見られます。

「ギター コード」などで、ネット検索すると出てきますので、是非利用してみてください。

また、ギター専用の楽譜には、この他に「TAB(タブ)譜」というものもあります。

「TAB譜」については「ギターのTAB譜の読み方と記号の見方」で詳しく解説していますので、読んでみてくださいね。

あなたの楽しい弾き語りライフを応援しています!

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ