指でギターのストロークをする方法とメリット・デメリット

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ピックを持たずに、指でストロークする方法に憧れる人は多いですよね。

「どうやっているの?痛くないの?」

「ピックの場合と何が違うの?」

「爪伸ばさないといけないのかな…?」

玄人っぽいので憧れながら、そんなことを考えて、なかなか始められずにいました。

でも、やってみると意外と取り組みやすいことが分かりました。

「こうしなければならない」という決まりもないので、ある程度できるようになると演奏方法の幅が広がります。

ということで、今日は指でのギターストロークの方法と、そのメリット・デメリットをお話したいと思います。

 

ピックでのストローク方法は「やり方が分からないギターストローク!上達のコツと基本練習」で詳しく解説しています。

 

↓この記事と同じ内容の動画です。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

爪は短くてもできる

右手の爪を伸ばしているギタリストは多いですよね。

伸ばした爪をピック代わりにして演奏します。

だから私は、ピックを持たずにストロークをするためには、爪を伸ばさなければならないのだと思っていました。

でも、そんなことはありません。私は短いまま弾いています。

深爪だと言われるくらいです。こんな感じです。

爪が薄く、伸ばすと割れやすいのが理由です。それに、爪が長いと落ち着かないんです…。

ピアノなど、他の楽器を演奏する方も伸ばせないですよね。

そんな方でも問題なく弾けます。

爪と指先の肉で弾くという感じですので、爪を伸ばしている方と比べて、音は柔らかくなります。

しかし、自分のオリジナルの曲にはそれが合っていると感じていますし、良いこともあるんです。

爪が短くても、だからこそのメリットがありますから、是非チャレンジしてみてほしいと思います。

ピックと指でストロークした場合の音の違い

ピックでストロークするのと、指でストロークした場合の音の違いを説明しておきましょう。

ピックは指より硬いので、「カリッ」と硬い雰囲気の音になります。

また、爪を伸ばして演奏する場合も、指に比べて硬い音が出ます。

爪がピックのような役割をするためですね。

使うピックの厚さにもよりますが、基本的にピックで弾くと音の輪郭がはっきりします。

それに対して、指でストロークした場合は、柔らかく温かな音になります。

 

私は曲の雰囲気によって、使い分けています。

シャキッとかっこよく演奏したい曲はピックで弾き、優しい雰囲気の曲なら指で…というふうな感じです。

指でストロークするときのメリット

指でストロークする場合のメリットは、次の4点が挙げられます。

音が柔らかい、優しい雰囲気になる

ピックより柔らかいところが弦に当たるため、角のない、柔らかな音になります。

優しい雰囲気の曲にマッチします。

ピックを落とす心配がない

ピックのように落ちる心配もありません。

また、ギターさえあれば演奏できるので気軽です。

しかも、ピックなしでさらっと弾けたら…かっこよくないですか?笑

曲中でピックと指を併用する場合、持ち替えなくてよい

Aメロは、指でポロンポロンと弦をはじく、“アルペジオ”で演奏したい。

でも、サビはジャカジャカとストロークしたいという場合。

指でストロークができれば、そのようなときも持ち替えが必要ありません。

ひいては、ピックを落とすなどのミスも防げます。

 

以下は、キャプテンストライダムさんの「キミトベ」をカバーした動画です。

まさにAメロではポロンポロンと弾き、Bメロとサビでストロークするというパターンで演奏しています。

ギターと一体感のある演奏ができる

ギターとの一体感ってどういう事?と思いますよね。

弦と指先の間にピックを挟まないために、自分の思うままに表現しやすくなるということです。。

例えば、強弱の付け方。

ピック使用の場合、「思ったより弱い音で弾けていなかった…。もっと弦に弱く当てないとダメなんだな。」と思ったことはないでしょうか。

このような時、指で弾くと、自分が思った強弱の加減を出しやすいんですね。

これが、“ギターとの一体感”です。

指でストロークしたときのデメリット

指でのストロークする場合のデメリットに、次の2点があります。

爪に負担がかかるため、ケアが必要

私は普段、ネイルはしませんが、最低限のケアをしています。

爪が薄く、割れやすいためです。

私の場合、人差し指の爪が一番ダメージを受けやすく、ケアをせずに演奏すると割れてしまいます。

ですので、人差し指の爪だけ、補強するためにマニキュアでコーティングしています。

補強効果があるベースコートとトップコートを塗っています。

こういうものです。

1~2日ですぐ取れてしまうので、その都度塗りなおします。

 

また、“フィンガーピック”という指に付けるタイプのピックもあります。

爪が割れて辛いという方は、それを利用するのも有効でしょう。

 

私は何もつけない開放的な感じが好きなので、フィンガーピックなどは付けません。

ただ、指が部分的に痛くなってしまうこともあります。

そんな時は、絆創膏などで保護して演奏します。

先ほどご紹介した動画では、応急処置としてマスキングテープを貼って演奏しています。笑

ピックよりダイナミックに強弱をつけにくい

指でストロークした場合、最大の音量はピックほど大きくなりません。

限界があります。

なので、ストロークで迫力を出したい場合は途中からピックで演奏することもあります。

この場合、どのように持ち替えるのかという問題が発生します。

指を使ったストロークのやり方

ストロークは、手首や腕を上下させて行いますよね。

指をどのように使ってストロークしているのかを解説していきます。

ダウンストロークは人差し指、中指、薬指で

手首を上下に振ってストロークしますよね。

手首を下に振り下ろし、6弦から1弦に向かってジャランと弾くことを“ダウンストローク”と言います。

この時は人差し指、中指、薬指の爪と指先で弾きます。

こういう感じです。

アップストロークは親指で

1弦から6弦までジャランと弾くアップストローク。

これは、親指の爪と指先の左側が弦に当たる感じです。

この辺ですね。

こういう感じです。

ダウンストロークとアップストロークを続けてやってみるとこんな感じです。

まとめ

今回は、指でギターストロークする方法とメリットやデメリットをご紹介してきました。

 

まとめると、

ダウンストロークは、人差し指、中指、薬指3本を使う。

アップストロークは、親指を使う。

音が柔らかくなり、ピックを落とす心配もなく気軽なのがメリット。

ただ、爪に負担がかかるためケアが必要。

ということでした。

 

絶対的に正しいやり方はありません。

これを参考にしながら、自分のやりやすい方法を見つけて頂ければ嬉しいです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ