ピックなしでギターを指で弾く!フィンガーストロークの方法とコツ

Pocket

「ピックを持たずに、指でストロークをしてみたい」と思っていませんか?

こなれた感じがかっこいいけれど、やり方やそのメリットに関してわからないことも多いですよね。

厳密に言えば、「こうしなければならない」という決まりはありません。なので、自由にやれば良いのですが、指でストロークするメリットやデメリットやその方法についてざっくりと知っておくことで演奏方法の幅が広がります。

ということで、今日は指でのギターストローク「フィンガーストローク」の方法と、そのメリット・デメリットをお話したいと思います。

ピックでのストローク方法は「やり方が分からないギターストローク!上達のコツと基本練習」で詳しく解説しています。

↓この記事と同じ内容の動画です。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

爪は短くてもできる?どのくらい必要?

右手の爪を伸ばしているギタリストは多いですよね。このことからピックを持たずに、指でストロークをするためには、爪を伸ばさなければならないと考えている人は多いです。

でも、そんなことはありません。爪を伸ばさずに指で弾いている方も多くいらっしゃいます。私も仕事柄あまり伸ばさずに、下の写真くらい短くして行うこともありました。

なので、仕事の都合で伸ばせない方やピアノなどの他の楽器を演奏する方でも、問題なくフィンガーストロークができます。

ただ、爪を伸ばしている方と短い方では、音質の違いはあります。伸ばさない場合は、爪と指先の肉で弾くという感じになるので、伸ばしている場合と比べて音は柔らかくなります。これは悪いことなのではなく、伸ばすか伸ばさないかは音質の好みで決めます。

また、伸ばす長さによっても音に違いが出ます。そのため、「どのくらい伸ばすか」も、個人の好みで決めています。

現在私は、手のひら側から見た時に、爪の先が指先から少しのぞく程度に伸ばしています。これは「フィンガーストロークをするには何mm必要」という事ではなく、自分にとってちょうど良い長さを研究して決めましょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ピックとピックなしの指でストロークした場合の音の違い

ピックでストロークするのと、指でストロークした場合の音の違いも知っておきましょう。これで、曲によって使い分けることが出来るようになります。

ピックで弾くと、音の輪郭がはっきりと表現できるのが特徴で、「カリッ」と硬い雰囲気の音になります。

また、爪を伸ばして演奏する場合も、ピック程ではないですが、指の肉の部分で弾くのに比べて硬い音が出ます。これは爪がピックのような役割をするためです。

それに対して、爪の短い指でストロークした場合は、柔らかく温かな音になります。

このような違いがあるため、曲の雰囲気によってピックで弾くか指で弾くかは使い分けられることが多いです。つまり、シャキッとかっこよく演奏したい曲はピックで弾き、優しい雰囲気の曲なら指で…というな感じです。

ピックと指で演奏した場合の違いについては「アコースティックギターにピックは必要か?指弾きとの違いは?」でより詳しく解説しています。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

指でストロークするときのメリット

指でストロークする場合のメリットとして、次の4点が挙げられます。

音が柔らかい、優しい雰囲気になる

指はピックより柔らかいため、角のない、柔らかな音になります。優しい雰囲気の曲にマッチします。

ピックを落とす心配がない

ピックのように落ちる心配がありません。また、ギターさえあれば演奏できる気軽さも魅力です。

曲中で持ち替える必要がない

1曲の中で様々なテクニックを使用する場合、ピックへの持ち替えが不要であることもメリットの1つです。

例えば、Aメロは指でポロンポロンと弦をはじく、“アルペジオ”で演奏するとします。でも、サビはジャカジャカとストロークしたいということがよくあります。このようにすることで、1曲の中でも雰囲気に違いを出すことができ、飽きの来ない演奏にすることができます。

このような時に指でストロークができれば、途中からピックを持つ必要がなくなります。その結果、ピックを落とすなどのミスも防げます。

以下は、キャプテンストライダムさんの「キミトベ」をカバーした動画です。まさにAメロではポロンポロンと弾き、Bメロとサビでストロークするというパターンで演奏しています。

実際にこの動画の0:35~を確認してみてください。

こうすれば、慌ててピックを持つ必要がないため、アルペジオからストロークへの移行がスムーズに行えます。

ギターと一体感のある演奏ができる

ギターとの一体感がある演奏ができるのもメリットの1つです。

この「ギターとの一体感」とは、弦と指先の間にピックを挟まないために、自分の思うままに表現しやすくなるということです。

例えば、強弱の付け方でもその違いがあります。

ピック使用の場合、弱く弾こう思ったとします。その時に「想像していたたより弱い音で弾けていなかった…。」という事があります。これは、指と弦の間に”ピック”があるために生まれる”差”です。

一方、指で弾くと、指が直接弦に触れるため、自分が思った強弱の加減を出しやすいんですね。これが、“ギターとの一体感”です。

これが出しやすいのが指でストロークを行うメリットです。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

指でストロークしたときのデメリット

指でのストロークする場合のデメリットに、次の2点があります。

爪に負担がかかるため、ケアが必要

指でストロークすると爪に負担がかかるため、爪を補強するためのケアが必要になります。

私は普段、ネイルはしません。ですが、そのままの爪でストロークを行うと、すぐに割れたりめくれたりするため、最低限のケアを心掛けています。

例えば、乾燥する時期にはハンドクリームをこまめに塗り、右手指の爪にも刷り込むようにしています。

さらに、右手指の爪だけ、補強のためのネイルでコーティングしています。

補強効果があるベースコートの上からトップコートや、割れた爪を補修するネイルを塗っています。

下の写真のようなものです。

数日で取れてしまうので、その都度塗りなおしています。

また、次の写真のような“フィンガーピック”という指に付けるタイプのピックもあります。

爪が割れて辛いという方は、これを利用するのも有効です。ですが、これを付けた弾き心地には人それぞれ好みがあります。私は何もつけない開放的な感じが好きなので、フィンガーピックなどは付けずに演奏しています。

ピックなしではダイナミックに強弱をつけにくい

指でストロークした場合、最大音量に限界があり、ピックほど大きくなりません。

なので、ストロークで迫力を出したい場合には、指のストロークでは物足りないと感じることがあります。この場合は、途中でピックに持ち替えるなどの対策が必要になります。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

指で弾くフィンガーストロークのやり方・コツ

指で弾く”フィンガーストローク”のやり方には様々な方法があります。まずは、その中でも定番の方法を知りましょう。ここでは、上から下に弾く「ダウンストローク」と、下から上に弾く「アップストローク」に場合分けして解説していきます。

ダウンストロークは人差し指・中指・薬指で

一般的に、ストロークは手首を上下に振って行います。その際、6弦から1弦、つまり上から下に向かってジャランと弾くことを“ダウンストローク”と言います。

これは、人差し指・中指・薬指の爪、もしくは指先で弾きます。

こういう感じです。

アップストロークは親指で

1弦から6弦、つまり、下から上に向かってジャランと弾くのがアップストロークです。

このアップストロークを指で行う場合、親指の爪・および指先の左側が弦に当たる感じになります。以下の写真、青丸で示した辺りです。

こういう感じです。

ここまで解説したダウンストロークとアップストロークを続けてやってみるとこんな感じになります。

指で弾くフィンガーストロークのコツ

フィンガーストロークは、一般的なピックの持ち方を基本と考えるとマスターしやすいです。

まずはピックを持った時の構えのままストロークを行ってみましょう。次の写真のようにピックを持った時のように構えます。

その構えのまま上下に手を振ってストロークをしてみましょう。音を鳴らそうとすると、ダウンストローク時には、以下の写真で青丸で示した人差し指部分が弦に当たると思います。

一方、アップストローク時には下の写真赤丸で示した部分が弦に当たるでしょう。

これがフィンガーストロークの基本となります。ダウンストローク時に、さらに中指と薬指を追加することで、今回ご紹介したフィンガーストロークの形が出来上がります。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

まとめ

今回は、指でギターストロークする方法とメリットやデメリットをご紹介してきました。

・爪は短くても出来る。伸ばすか伸ばさないかで音質が異なる。

・指でストロークすることで音質が柔らかくなり、ピックへの持ち替えをせずに済むことがメリット。ただ、爪に負担がかかるためケアが必要。

・様々な方法があるが、ダウンストロークは人差し指・中指・薬指の3本を使い、アップストロークは親指を使うのが定番の方法。

・一般的なピックの持ち方を基本として行うとマスターしやすい。

フィンガーストロークは、ピックを正しい持ち方より比較的コツをつかみやすいと思います。これができれば、演奏方法の幅が広がり、よりギターが楽しくなるでしょう。

尚、ただいまギター初心者さん向けに無料レッスン動画を配信中です。以下のリンクよりお受け取りいただき、ぜひ毎日の練習にお役立てください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

   
関連ページ