やり方が分からないギターストローク!上達のコツと基本練習

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを弾こう!という時にまず練習するのが、ギターストローク。

自分のギターストロークは、どこかぎこちない。

もうちょっとスムーズにできないものか…。

私も、硬い動きの右手にもどかしさを感じながら練習していました。

でも、ある3つのポイントを押さえて練習するうちに、だんだんとできるようになりました。

ということで今日は、ギターストロークを練習する際の3つのポイントについて解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。中央の再生ボタンを押してご覧ください。

ギターストロークを練習する際の3つのポイント

右腕の動き

まず、大切なのは右腕の動きです。

初心者の時に、肩や右腕全体を上下に動かしてストロークをしている人をよく見かけます。

例えば、次の画像のような感じです。

もしかすると、プロミュージシャンのライブの影響なのかもしれません。

彼らも、肩から下を思いきり動かして、大きくストロークすることがあります。

しかし、あれはパフォーマンスです。

あのように大きく動いていると、見た感じが派手になり、演出として盛り上がるんですね。

 

でも、普段の演奏ではマネしてはいけません。

肩や右腕を大きく上下させてしまっては、力加減が上手く調節できず、安定したストロークができないからです。

ヒジから下だけを使ってストロークするのがポイントです。

ヒジから上は基本的に動かしません。

ちょっと痛そうな例えですが、ヒジに釘を打って固定するイメージです。

私はこの部分を、

ボディのこの辺りに固定しています。

右手首の動き

右腕だけ動いていて、手首が動いていないと力が入ったストロークになります。

やってみるとこんな感じ。

動きが硬くて、ぎこちないですよね。

ガシガシとこするような感じになり、強弱がつけにくくなるなど、表現の幅も狭まります。

力が入っていることで、弦も切れやすくなりますし、何より疲れます。

そこで、右腕と手首をリラックスさせた状態でストロークすることがポイントです。

ヒジを支点にし、腕を上下させます。

そして、その先でスナップを効かせて手首を動かします。

ストロークをしている右手で、一番細かく、激しく動かすのは手首です。

 

体育の準備体操の時に、力を抜いて手首をぶらぶらさせますよね。

あの動きをやってみてください。

外側にふったら、反動で自然と内側に返ってきます。

ストローク時の手首の動きは、この感覚に近いです。

これと同じで、ストローク時も、振り下ろした手首がその反動で返ってくる、という動きをしています。

ピックはどうなっている?

ストロークの際、ピックを弦に当てる角度も大切なポイントです。

一般的には、ピックを弦に対して垂直に当てることが推奨されます。

確かに、基本は弦に対してピックを垂直に当てて弾きます。

しかし、どの弦に当てるときも、必ず垂直にすべきというわけではありません。

ストロークには、ピックで上から下に向かって弾くダウンストロークと、下から上に向かうアップストロークがあります。

それぞれの場合で、ピックを弦に当て始める時の角度が異なります。

ダウンストロークとアップストロークの場合について、それぞれ細かく見ていきましょう。

ピックの持ち方については「ギター初心者の壁!正しいピックの持ち方・握り方」で詳しく解説しています。

ダウンストロークの場合

ダウンストロークのとき、最初から垂直に当てることを意識しすぎると、ピックが弦に引っかかりやすくなります。

そのため、強い力でストロークしなければならなくなります。

 

ハケでペンキを塗る時のことを想像してみてください。

このように、塗り始めは、面に対してハケを少し寝かせ気味にして塗り始めますよね。

 

このイメージで、6弦にピックを当てる時には、少しピックを弦側に寝かせ気味にします。

 

角度をつけてダウンストロークを始めると、ピックが弦に引っかかりにくくなります。

6弦から1弦をなでるイメージで、弦をなぞっていきます。

こうすると、全ての弦がきれいに鳴ります。

スムーズなストロークには、弦に対して深くピックを挿し込み過ぎないこともポイントです。

これも、弦に対してピックを少し斜めにすることで、防ぐ事が出来ます。

アップストロークの場合

アップストロークの場合は、垂直にピックを当て、6弦まで引っ掛けてくるイメージで練習してください。

こちらも弦に対して、ピックを深く差し込み過ぎないようにしましょう。

ポイントは、浅めに、ピックの先端を少し弦に触れさせるようなイメージです。

ギターストロークの基本練習

それでは、基本の練習法を紹介していきましょう。

それぞれのポイントを押さえながら、ダウンストロークとアップストロークを別々に練習した後に、両方を一緒に練習します。

1:ダウンストロークだけを練習

2:アップストロークだけを練習

3:ダウンとアップを一緒に練習

という練習です。

これを日々の練習に組み込みます。

 

また、ギターを持っていない時にできる練習もあります。

それは、右手首をぶんぶん振る練習です。

体育の授業の準備体操で手首をぶらぶらさせたり、手を洗った後に水を払ったりするのと同じ感じですね。

これは、ストロークをしているときの手首の動きと、同じ力加減です。

ヒジから下の腕、手首にと力が入っていないことを確認してください。

これで、腕がリラックスした状態を体に覚えさせることができます。

これをすることで、実際にストロークする時の感覚が分かってきます。

 

これなら、どこでもできますね。

私は、バイトの休憩中や、友達と話しているとき、電車待ちのときなどにしていました。

机があれば、ヒジをついてするのも良いです。

そうすると、ヒジの位置が固定されるので、ストロークの練習になります。

まとめ

ここまで、ストロークのコツやポイント、基本練習について解説してきました。

 

ダウンストロークの場合は、ピックを弦側に倒しながら。

アップストロークの場合は、垂直に上げてくるイメージ。

このイメージで、腕の力を抜いて、ヒジから下でストロークするということでした。

 

ダウンストロークとアップストローク、それぞれで練習した後に、両方を一緒に練習する。

このメニューを毎日の練習に組み込みましょう。

そうすれば、ストロークのコツがつかめてくるはずです。

 

是非、練習に取り入れてみてくださいね。

頑張ってください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Twitter→@sauripon

   
関連ページ