ギターコードダイアグラムの左下の数字や「✕」の意味

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターコードの図、「ギターダイアグラム」の左下の数字に戸惑う、ということがあると思います。

これを知ることで、コードダイアグラムを見て、すぐに読めるようになります。

そして、コードダイアグラムが付いたものなら、どんな曲でも押さえ方が分かるようになります。

今回は、コードダイアグラムの左下の数字の意味を解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

コードダイアグラムの基礎知識

ギターコード名の近くに、次のような図が一緒に書いてあることがあります。

これは「コードダイアグラム」というものです。ギターを図にしたもので、これを見ると、鳴らしたいコードの押さえ方がすぐにわかるという便利な図です。

下の図のように、横線は上から順に「1・2・3・4・5・6弦」を表しています。縦線は、フレットを区切るバーを示しています。左端の太くなった縦線は、「ナット」を示しています。

このことから、例の「C」のコードは、左から「1、2、3」フレットを押さえることが分かります。

ダイアグラムの基本的な見方については「コードダイアグラムとは?見方を解説!」でより詳しく解説しています。

左下の数字の意味

コードダイアグラムでは、次のように表記されていることもあります。

この左下に書かれている「4」という数字は、「4フレット」を示しています。

つまり、「C#m」は、4フレットの1~5弦と5フレットの2弦、6フレットの3、4弦を押さえるということです。こういう事ですね。

ギターの指板は長いです。コードを押さえるのに使う場所は、ナットに近いところだけではありません。

一方、このダイアグラムという図の中では、限られたフレットしか表せません。数字を書かずに表そうとすると、たくさんフレットを書かなければならなくなります。

そこで、簡単な図で押さえ方を表すために、このような数字を使っている、というわけです。なので、この数字が5、6、7…など、他の数字になることもあります。

ですが、1から3フレットは、ナットが書かれていることでわかるので、以下のように表記されないのが普通です。

これに対して左下に数字が書かれている場合は、下の図のように、左端の線が細く書かれていることが特徴です。

数字の近くにある「×」の意味

下図の赤丸部分のように、コードダイアグラムの左下の数字近くに、「✕」が書いてあることもあります。

このように書かれていると、数字と「✕」がセットになっているように見えますね。

ですが、これらはそれぞれ別のことを示しています。なので、次のように、数字が図の下に書かれることもあります。

数字が意味することは、先ほど解説したとおりです。

これに対して、「✕」の位置は図の左下、弦を表す横線の隣に書かれます。これは、✕が付く弦の音が鳴らないようにすることを示しているからです。このようにすることを「ミュートする」と言います。

ですので、この例の×は、「6弦の音が鳴らないようにミュートしてください」という指示だったのです。

まとめ

ここまで、ギターコードの左下の数字や「✕」の意味を解説してきました。

・コードの押さえ方を示した図を「コードダイアグラム」という。

・左下に書かれる数字は、「フレット」を示している。1~3は、ナットの表記で分かるため、書かれないのが普通。書かれる数字は4以上のことが多い。

・「✕」が付く弦は、音を鳴らさないように「ミュート」することを指示している。

これらのことを知っておくと、コードダイアグラムを見て、どこを押さえるのかをすぐに理解できます。

すると、コードダイアグラムの付いたものなら、どんな曲のコードも押さえ方が分かるようになります。

ダイアグラムの見方について「コードダイアグラムとは?見方を解説!」で、より詳しく解説しています。理解を深めるため、是非読んでみてくださいね。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ