ギター・アコギの「カッタウェイ」って何?違いは?音は?

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターの「カッタウェイ」って何?と思うことがあるでしょう。

カッタウェイには、いくつかの特徴があります。

これを知っておくことで、自分のギターを選ぶ際にも役立つでしょう。

今回は、ギターの「カッタウェイ」について解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

「カッタウェイ」のボディの形

「カッタウェイ」というのは、次の写真のように、ボディの一部が凹んだ形のギターのことを指します。

この名前は、英語の「cut away」からきています。これには「切り取る」という意味があります。つまり、ボディの一部を切り取った形、ということで「カッタウェイ」と呼ばれるのです。

この「カッタウェイ」は、生の音で演奏する「アコースティックギター」には施されないことがほとんどです。なぜかというと、ボディの形が、ギターの生の音に影響するからです。

このように、ボディの一部を切り取ることで、生の音を最大限まで美しくすることが難しくなるのです。そのため、この「カッタウェイ」は、生の音の美しさを重視する「アコースティックギター」には施されないのです。

これに対して、「エレキギター」や「エレクトリックアコースティックギター(エレアコ)」などには施されていることが、よくあります。

これらのギターは、電気を使って、「アンプ」というスピーカーのような装置から音を出せるようにしたギターです。なので、基本的にアンプを通した音で演奏されます。

つまり、これらのギターの音は、電気的な信号を送って作る、いわば「電子音」なのです。ですから、アンプから出る音がきれいに鳴るように、調節することが可能なのです。

これらのギターは、このような仕組みであるため、ボディの一部を切り取っても、大きな影響がありません。

このような理由で、「カッタウェイ」は、「エレキギター」や「エレアコ」に多いのです。

「カッタウェイ」のメリット

この「カッタウェイ」を使うメリットは、「ハイフレットでの演奏がしやすい」ことです。ハイフレットとは、下の写真の赤部分のように、押さえるところ(指板)で、ボディに近いところを指します。

「カッタウェイ」の施された形で、このあたりが凹んでいると、そのハイフレット部分での演奏がしやすくなります。

次の写真で、「カッタウェイ」のある場合とない場合の違いを確認してみましょう。

このように、カッタウェイのあり、なしでは、ハイフレットへの手の届きやすさが、全然違います。

そもそも、これが作られた目的なので、「カッタウェイ」を使用する一番のメリットはここにあります。

「カッタウェイ」のデメリット

「カッタウェイ」のデメリットについても、理解しておきましょう。

エレキギターの場合は、特に大きなデメリットは感じません。しかし、エレアコのように、生の音でも演奏できるものの場合は、デメリットを感じることがあります。

それは、カッタウェイのないものと比べて、生の音の質が劣りがち、ということです。

先述の通り、アコースティックギターのボディの形は、生の音に影響を与えます。それは、アコギの音が出る仕組みが、ボディという“箱”の中で音を響かせ、それを外に出すというものだからです。そのため、アコギにとって、ボディの形はとても重要です。

アコギの音が鳴る仕組みについては、「アコースティックギターの音が鳴る仕組み」で詳しく解説しています。

そのボディの一部を切り取られたものは、その分、生の音の質が低下します。

実際に、楽器屋さんなどで弾き比べてみると、その違いが分かりやすいでしょう。

まとめ

ここまで、ギターの「カッタウェイ」について解説してきました。

・ボディの一部を切り取ったような形のギターを、「カッタウェイ」という。

・「カッタウェイ」は生の音を鳴らすアコギには施されないことが多い。「エレキギター」や「エレアコ」など、アンプを通すものに施されることがほとんど。

・メリットは、「ハイフレット」に手が届きやすいこと。

・デメリットは、生の音の質が劣りがち。

これを知っておくと、ギターの分類への理解が深まります。

さらに、このことは、自分のギターを選ぶ際にも役立つでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ