立つと弾けない…ギターを立って弾くにはどんな練習が必要?

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

座ってなら弾けるのに、立つとギターが弾けなくなる!と悩んでいる方は多いですよね。

この問題を解決するためには、「なぜ立つと弾けなくなるのか」ということを理解する必要があります。また、いくつかのポイントを1つずつ見直すことで出来るようになります。

今回は、立つとギターが弾けなくなる理由や、見直すポイントについて解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

立つとギターが弾けなくなる理由

「座っている時は弾けるのに、立つと全然弾けなくなる…」ということはよくある問題です。なぜこのようなことが起こるのでしょうか。それは、座って弾く時と立って弾く時の状態が異なるからです。

例えば、座っている時はお腹の前でギターを抱えますよね。ですが、立つとその位置が下がります。特にエレキギターは、アコースティックギターより下の位置で構えることが多いため、そのような傾向が強くなります。

すると、右手をジャカジャカと振る位置も下げなければなりません。さらに、コードを押さえる左手の位置も下がり、押さえにくくなります。こういうわけで弾きにくくなるんですね。

また、座っている時は背中が丸くなりがちです。すると、お腹の前にくぼみができますよね。

座っている時は、そこにギターが入りこんだ状態で弾くことになります。しかし、立つとこの“くぼみ”が無くなるので、ギターが少し前に出ます。すると、右手を振る位置が座っている時より前になるので、動かしにくくなります。

これは、ボディに厚みのあるアコースティックギターでは、特に大きな問題となります。

このように、座っている時と立っている時では、異なるポイントが多くあります。そのため、「立つと弾けなくなってしまう」ということが起こるんですね。

ですから、座る時と立つ時の差を無くしたり、小さくしたりすることで立って弾けるようになります。

必要な練習・確認すべきポイント

ここからは、立ってギターを弾くために必要な練習や、確認するべきポイントを解説していきます。

立って弾く練習する

最も大切なことは「立って弾く練習をする」ということです。これによって、立って弾く時の感覚に慣れていくのです。

ここで、心に留めておくべきことが1つあります。それは、「練習は、本番と同じようにする」ということです。本番でできるようにするための”練習”ですから、そのようにしなければうまくいきませんよね。

ですから、本番で立って弾きたいなら、練習もそのようにする必要があります。とは言っても、立ちっぱなしでは疲れてしまいますよね。そんな時は、次のように練習すると良いでしょう。

・演奏を覚えるまでは座って弾き、覚えられたら立って弾く。

・毎回の練習内容を、立っても弾けるか確認する。

このように、練習でも立つことで、立って弾く感覚に慣れていくことが大切です。

尚、全身が映る鏡などで確認しながら練習するのがおすすめです。こうすることで、「見栄えが良いか」「弾きづらそうなところはどこか」など、様々なことをチェックできます。そしてそれを改善することができます。

ギターの位置を調整する

ギターを弾きやすい高さに調節することも大切です。この問題は、「見た目」と「弾きやすさ」の両方が叶えられる位置を探すことが重要です。

もちろん、座っている時と同じ位置にすれば弾きやすいです。私自身、アコースティックギターの場合は、そのような位置にしています。

しかし、「エレキギターでこれをするのは嫌だ…」と思う人も多いでしょう。エレキギターの場合は、座っている時と同じような位置で構えている人は、あまりいないですもんね。

だからちょっと低めで弾きたいですよね。 特に、ロックやヘビーメタルというジャンルでは、低い方が好まれます。

どのような場合でも、初めは座って弾く時より少し低い、お腹の前で構える高さで練習するのがおすすめです。 次の写真のような、低すぎず高すぎないくらいの位置です。

これで弾けるようになれば、後で高さは低くすることができます。ですので、「もっと低くしたい!」という人も、まずはこれでやってみましょう。

このように、まずはギターの位置を弾きやすい高さに調節することが大切です。

この時も鏡で確認しながら調節しましょう。見た目も確認できますし、弾きやすい高さを視覚的にも知ることができるからです。

ギターの位置やストラップの長さについては、「ギターの位置が決まらない!理想のストラップの長さは?」で詳しく解説しています。

左手をのぞき込まずに弾く練習をする

立って弾けるようになるには、左手をのぞき込まずに弾く練習が必須です。ギターを始めた頃は、誰しも「どの指でどの弦を押さえるか」をのぞき込むようにして弾きますよね。

ですが、少し弾けるようになったら、この“のぞき込む姿勢”から卒業する必要があります。なぜなら、立った場合はこの姿勢で弾けないからです。厳密に言うと、弾けないことはないですが、カッコ悪くなってしまいます。

なので、カッコよく前を向いて弾くためには、ギターのネック側面にある「ポジションマーク」を見て弾けるようになる必要があります。「ポジションマーク」とは、このようなものです。

これらは、3フレット、5フレット、7フレット…など特定の位置に付けられています。この「ポジションマーク」を目印にして弾けるようになりましょう。

つまり、「どの指でどの弦を押さえるか」を見ながら弾くのではないということです。コードを押さえる手の形を覚え、この「ポジションマーク」を見て、押さえるフレットの位置だけを確認するのです。

また、座って練習する場合もこのことを心掛けましょう。座った場合でも、背筋を伸ばして弾くことで、立った時と目線の感覚が近くなります。こうして、「ポジションマーク」を目印にして弾く練習をします。

ネックの角度を確認する

ネックの角度を研究することも大切です。つまり下の写真のように、ネックを様々な角度にしてみて、「どこが弾きやすいか?」を探し出すということです。

先述の通り、立つとギターの位置が下がります。特にエレキギターの場合は、それが顕著です。にもかかわらず、座っている時と同じ角度で弾くと、左手が動かしにくくなります。

そこで、ギターのネックの角度を、次のように動かしてみるとどうでしょう。

このように左手を体に近づけると、手首の負担が減るため、動かしやすくなります。さらに、左手が視界に入りやすくなるので、動きも確認しやすくなります。

このように”ネックの角度”を少しずつずらしながら弾いてみましょう。その中で最もしっくりくる角度を探します。

そして、その角度で弾く感覚を体で覚えていきます。つまり、“癖付ける”ということです。

これも鏡で確認しながらやるのがおすすめです。そうすることで、しっくりくる角度を視覚的にも確認することができます。すると、次の練習時もその角度から弾き始められます。

ただし、この「しっくりくる角度」は、時と場合によって変化していきます。ですから、同じ角度に固執せず、その時々で弾きやすいように変えるのが良いでしょう。

例えば、「ジャカジャカと弾く時はこの角度が良いけど、ギターソロを弾く時はこの角度が良い」というようなことです。

これを繰り返していくうちに、自分の弾きやすい角度を感覚的に理解できるようになってきます。ですので、弾きやすいネックの角度を自分なりに研究してみましょう。

ストラップを掛ける位置を確認する

ギターを肩にかけるために使う「ストラップ」ですが、これを掛ける位置をあれこれ試してみるのもポイントです。つまり、下の写真のように、肩のどの位置にかければ弾きやすいかを色々試してみるということです。

細かなことですが、この位置も演奏のしやすさに大きくかかわります。外側よりも、首に近い位置にかける方が弾きやすいでしょう。

その方が、ギターが体に近くなるからです。また、体への負担も少なくて済みます。

私は初めの頃、肩と首の境目あたりにかけていました。これが少しずつ変わっていき、今では首よりの肩です。

これもこのように変化していきます。なので、その時弾きやすい位置で持つことが大切です。

以上のように、ストラップを掛ける位置も確認してみましょう。

ギターと体の角度を確認する

ギターと体の角度も、弾きやすさに関係しています。つまり、次の図のように、“体に対してギターはどれくらい傾けるか”ということです。

この図の1番のように、ギターと体を平行にするイメージを持っている人もいるでしょう。これも慣れればできるようになります。

しかし、実際には2番のようにネック側を少し前に押し出し、角度を付けて持つ人が多いです。

私自身、初めは1番のように“平行”に持つものだと思っていました。そのため、視界にギリギリ入るネックをにらみつけるようにして、左手の動きを確認していました。ですが、これは不自然ですし、何より左手の動きを確認しにくいです。

ですから、上の図の2番のように、ギターのヘッド側を少し前に押し出します。それによって、左手が視界に入るようにします。すると、動きを確認しやすくなります。

この時、「どのくらい前に押し出せば弾きやすいか」を自分でも研究してみましょう。あまり前に押し出しすぎても弾きにくいので、自分にとって自然な位置を探してみてください。

ストロークに角度がついていないかを確認する

「ストローク」とは、右手を上下に振って、ギターをジャカジャカと弾くことです。これが、ギターに対して平行にできているかどうかも、立って弾く時のポイントになります。これを図で表すと次のようになります。

“ストロークに角度がついている”というのは、次のようなイメージです。

このような角度で手を振っていると、ギターの音がキレイに鳴りません。また、自分自身も「弾きにくい…」と感じます。ですから、ギターのボディに対して平行にストロークができるように練習しましょう。

このようになってしまう原因として、“座っている時のギターの角度”が考えられます。あなたは、座っている時に、次の写真のようにギターを抱えていないでしょうか。

このように、ギターのボディの前面が上に向いていたら、角度が付いた“良くないストローク”の癖がついてしまいます。この状態で音を出そうとすると、前に向かって手を振らなければならないからです。

こうならないよう、座っている時もギターの前面が前を向くようにしましょう。つまり、次の写真のように、ギターのボディを太ももに対して垂直に抱えるということです。

とはいっても、「弾いていると、どんどんギターに角度がついてしまう…」ということもあるかもしれません。そんな時は、背筋を伸ばして「良い姿勢」を意識してみましょう。すると、それに伴ってギターも垂直になりやすいです。

このようにして、ギターのボディと平行にストロークする癖を付けていきましょう。そうすれば、立って弾いた時の右手の違和感が解消されます。

尚、この練習も、時々鏡を見ながらやる事をおすすめします。体を横向きに映し、「ボディは垂直に抱えられているか」「ストロークはギターに対して平行か」ということをチェックしてみましょう。

ストロークの振りを大きめにする

立って弾く場合は、ストロークの振りを若干大きめにすることもコツの1つです。

これは、座った時よりもギターの位置が遠くなるからです。立って弾く場合も座った時と同じようにストロークすると、1番下の1弦まで同じ力で弾けないことがあります。これでは、コードの響きをきれいに鳴らすことができません。

ですから、手の振りを少しだけ大きくすることで、すべての弦にピックを当てられるようにします。

まとめ

ここまで、立って弾けなくなる理由や見直すべきポイントについて解説してきました。

・立つと弾けなくなるのは、座っている時と異なる点が多いから。また、それらの差が大きいから。

・立って弾くためには、立ってギターを弾く練習が必須。

・弾きやすいギターの位置を研究する。

・左手をのぞき込まずに弾く練習をする。「ポジションマーク」を見て弾けるようにする。

・「弾きやすい」と感じる、ネックの角度を探す。

・ストラップを、肩のどのあたりにかければ弾きやすいかを研究する。

・ちょうど良いギターと体の角度を探す。ギターのヘッド側を少し前に押し出す感じにすると弾きやすい。

・ギターのボディに対して平行にストロークをする。

・座って弾く時よりも、手の振りを少し大きめにする。

これらのことを知れば、座っている時と立っている時の差を小さくしていくことができます。そうすれば、座っても立っても弾けるようになるでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon

   
関連ページ