ユニゾンチョーキングのやり方とコツ

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

エレキギターを演奏していると、ユニゾンチョーキングをしてみたい!と思うことがあるでしょう。

私も、あのギュワーン!!というロックな音に憧れていましたが、どうやったらあんな音が出るのだろう?と思っていました。

でも、その仕組みを理解し、やり方を知れば必ずできるようになります。

まさにエレキギター!という感じのテクニックなので是非習得したいですよね。

今回は、そのやり方とコツを解説していきます。

ユニゾンチョーキングとは

「ユニゾン」とは、同じ高さの音のことを指します。

また、その音を2つ以上の楽器などで鳴らすことを言います。

 

「チョーキング」は、弦を押し上げることによって、音程をなめらかに上げるテクニックです。

 

これを使って、隣り合う2本の弦を同じ音程に(ユニゾン)して鳴らすのが「ユニゾンチョーキング」です。

ユニゾンチョーキングのやり方

それでは、ユニゾンチョーキングのやり方について解説していきます。

 

ある弦を”2フレット先の音”と同じになるところまで押し上げる、「1音チョーキング」を利用して行います。

この「1音チョーキング」のやり方については、「まさにエレキギター!チョーキングの種類とやり方のコツ」で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

 

ユニゾンチョーキングでは、弦を2本使います。

下の弦はそのままで、その上の弦を「1音チョーキング」し、同時に音を鳴らすのです。

 

具体的な例で解説していきましょう。

まず、3弦9フレットで1音チョーキングするとします。

この場合、2フレット先の3弦11フレットが1音上ということになります。

 

これとは別にもう1か所、1音上の音が出る場所があります。

それは、1つ下の弦の2つ前のフレットです

なので、2弦7フレットの音も、3弦9フレットの1音上ということになります。

ユニゾンチョーキングは、これを利用して、次のように行います。

 

人差し指で2弦7フレットを押さえ、こちらは音程を変えません。

そして、3弦9フレットを薬指でチョーキングし、1音上げます。

この2つの音を同じ音程で、つまり、ユニゾンさせて鳴らします。

実際にやってみるとこのようになります。

TAB譜などの楽譜では下の図のように表記されます。

ロックな雰囲気がカッコいいユニゾンチョーキングは、ギターの音をギュイーンと歪ませてやると、とても気持ちいいですよ!

ユニゾンチョーキングのコツ

上で解説したように、ユニゾンチョーキングでは、人差し指と薬指を使います。

この時、上の写真のように薬指に中指を添わせて、2本の指で押し上げるようにするとやりやすいでしょう。

また、薬指につられて、人差し指まで動かさないように注意が必要です。

人差し指がどうしても動いてしまう!という人は、弦を下に引っ張るようなイメージでやると良いですよ。

そうすれば、人差し指まで上がってしまう、ということが防げます。

まとめ

ここまで、ユニゾンチョーキングのやり方について解説してきました。

 

まとめると

・人差し指で下の弦を押さえ、こちらは音程を変えない。

・上の弦を薬指でチョーキングし、1音上げる。

・この2つの音を同じ音程で、ユニゾンさせて鳴らす。

ということでした。

 

参考になれば嬉しいです!

頑張ってください。

 

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ