ギター初心者が揃えるべきもの、最低限必要なものは?

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを始めるぞ!というときには何を揃えたらいいのだろう?と思いますよね。

買ったらすぐ始めたい!

でも、必要なものが揃っていないと、「えー!これもいるの?」とまた買いに走らなければならない事態になります。

自分にとって必要ではないものも買いたくないから、初めは最低限のものだけ揃えたい。

「足りない…」「いらなかった…」

そんな失敗を防ぐために、ギターを始めるときに揃えるべき必要なものをギターごとにご紹介します!

こちらの記事と同じ内容の動画もYoutubeで公開しています。

アコースティックギターの場合(エレアコを除く)

・チューナー

・ピック

アコースティックギターは、本体さえあれば、どこでも演奏できるギターです。

しかし、ギターを演奏する前には“チューニング”という、正しい音に調節する作業が必要となります。

そのためには、“チューナー”という道具が必須です。

チューナーにも様々なタイプがあります。

・マイクで音を拾って合わせるタイプ。のところにマイクがあります。

・ギターのヘッドに付けて、振動で音を合わせるクリップタイプ。

アコースティックギターで使えるのはこの2種類。

マイクで音を拾うタイプは、周りで鳴っている音にも反応してしまうので、

ヘッドに付けるタイプが場所を選ばず使いやすいと思います。

ピックは、このおにぎり型のものが初めは持ちやすいかな、と思います。

エレアコの場合

エレクトリックアコースティックギター、略して”エレアコ”。

これを演奏するためには、以下のものが必要です。

・チューナー

・ピック

(・シールド)

しかし、エレアコ本体にチューナーが内蔵されているものもあります。

こんなふうに。

その場合は、チューナーやそれを繋ぐためのシールドをはじめから買う必要はないですね。

私はこのタイプのギターも所有していますが、このチューナーで事足りています。

エレアコについているチューナーを使う場合は、9v電池も必要になるのでお忘れなく!

 

また、チューナーの付いていないエレアコの場合、チューニングの方法は2つあります。

・チューナーとギターを“シールド”と呼ばれるコードでつないでチューニング。

のところあたりにシールドを差し込む穴があります。

・ヘッドに付けるクリップタイプでチューニング。これですね。

精度が高いのは、シールドでつなぐタイプです。

ですが、手軽にチューニングできることから、ヘッドに付けるクリップタイプが人気です。

 

もし、初めは家での練習だけということであれば、シールドは後回しでよいです。

ライブをするぞ!というときの購入で良いと思います。

ギターアンプも基本的に必要ありません。

エレキギターの場合

エレキギターを始める際に必要なものはアコギの場合よりも多くなります。

・ギターアンプ

・シールド

・チューナー

・ピック

エレキギターは、本体だけでは“ペキョペキョ”という小さな音しか出ません。

アンプを通してなんぼのギターですから、エレキギターを演奏する限り、スピーカーとなるギターアンプは必須です。

それと、ギターアンプとギターを繋ぐシールドが必要ですね。

あまりに細すぎたり、安すぎたりするものはおすすめしません。

ギターの音がきれいに出ないということがありますので、ある程度きちんとしたものを用意した方がいいです。

長さは3mのもので十分だと思います。

あとは、ピックをお忘れなく!消耗品なので複数枚購入しておくのがおすすめ。

エレキギターのチューナーも、初めはアコースティックギターやエレアコと同じでかまいません。

ただ、エレキギターのチューナーとしては、ギターとアンプの間に繋ぎ、足元で操作するものが一般的です。

こんなのです。

いずれ必要になるアイテムですので、初めからこちらを選ぶのというのも良いでしょう。

後々必要になるもの

ギターケース→薄いですが、大抵の場合ギターについてきます。しばらくはそれを使って、そのうちに買えばよし。

ストラップ→立って弾きたくなったら買えばよし。エレキギターの場合は、基本的に立って弾くと思うので初めに買ってもよし。

弦→古くなったり、切れてしまったりしたときに必要。「そろそろ変えようかな?」というときでよし。

こんな感じです。

なによりも、ギターを忘れずに!笑

ギターの種類は「初心者のギターの選び方は?まずは種類を知ろう!」で解説しています。

良かったら読んでみてくださいね!

まとめ

今日は、ギターを始めるときに最低限揃えるべきものをご紹介してきました。

アコースティックギター

・チューナー/ピック

エレアコ

・チューナー/ピック、チューナーの種類によってはシールドも必要。

エレキギター

・ギターアンプ/シールド/チューナー/ピック

あれもこれもと買いこまず、初めはこのくらいでいいでしょう。

その後、必要に応じて買い足していく、というのが良いと思います。

参考になれば嬉しいです。

頑張ってください!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

 

 

   
関連ページ