ギターのアルペジオとは?弾き方や練習のコツ

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

あなたは、“アルペジオ”というテクニックを知っていますか?

ポロンポロン、といかにもアコースティックギター!というこの奏法に、憧れる人も多いのではないでしょうか。

でも、見よう見まねではやり方が分からない…、ですよね。

ということで今日は、ギターの「アルペジオ」のやり方について解説していきたいと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

アルペジオとは?

アルペジオとは、コード(和音)をバラして弾くことです。

「コード(和音)で弾く」というのはジャラーンと全ての弦を鳴らすことです。

一方、アルペジオでは、このように一度に全部鳴らしません。

コードを押さえながらポロンポロンと、音をバラバラにして弾きます。

弦1つずつの響きが聞こえる、いかにもアコースティックギターらしい奏法です。

ピックで弾くことも、指で弾くこともあります。

ピックで弾くアルペジオのやり方

まずはピックを使って弾くアルペジオをご紹介します。

ピックを使うことで、1音ずつ強く響かせることができます。

こちらは、エレキギターでの使用頻度が高いです。

しかし、アコースティックギターでも使うことがありますので、是非マスターしておきましょう。

左手はコードを押さえるだけです。試しに「E」を押さえてみましょう。

これをピックで、6弦(上)から1弦(下)に向かって「ポンポンポンポンポーン」と一音ずつ弾いてみましょう。

弦1つずつの響きがバラバラに聞こえますよね。これがアルペジオです。

また、上から順に弾くだけでなく、弦をまたいでバラバラな順番で弾くこともあります。

弦を弾く順番は決まっておらず、いろんなパターンがあります。

なので、曲を作るときなどは、自分の感性で好きな順で弾いてみましょう。

このように、順番をバラバラにしたり弦をまたいだりすると、初めは弾きにくく感じるでしょう。

これを克服するには「慣れること」のみです。

慣れればできるようになるので、根気よく練習しましょう。

指で弾くアルペジオのやり方

アコースティックギターでは、指でアルペジオを弾くことが多いです。

ポロンポロンと弾くと、アコースティックギターらしい、柔らかな音が鳴らせます。

指でのアルペジオには、次のように2つのタイプがあります。

・「親指・人差し指・中指」の3本を使う、「3フィンガー」

・「親指・人差し指・中指・薬指」の4本を使う、「4フィンガー」

これらのやり方を順に解説していきます。

3フィンガー

3フィンガーのアルペジオを弾く時には、親指・人差し指・中指の3本指を使うということでした。

でも、3本の指でどうやって6本の弦を扱えばいいんだろう?と思いますよね。

そのために、それぞれの指に担当の弦が割り当てられています。

下の図のように、6~3弦は親指で、2弦を人差し指、1弦を中指で弾くということです。

この時3本の指を、下の写真のように指をスタンバイさせておくと、使いやすくなります。

これが3フィンガーでの基本の構えです。

親指は6弦、その他はそれぞれ担当する弦のところにスタンバイする形です。

弦を弾いた後、どの指もこの場所に戻ってくる、ということですね。

ただ、これは意識しすぎると弾きづらくなるので、

力を抜いた状態で弦の前にスタンバイするイメージを持っておきましょう。

また、親指は、次の写真のように弦側の腹を使って弦を弾きます。

なので、基本の構えをするときに、親指は弦に対して平行になるようにしましょう。

その他の指は、腹や爪などを使い、下から上に向けて弦を弾きます。

弾いた後、隣の弦に指が当たらないように注意しましょう。

4フィンガー

4フィンガーのアルペジオを弾くときには、親指・人差し指・中指に加えて薬指も使います。

この場合も下の図のように、それぞれの指に担当の弦が割り当てられています。

6~4弦は親指で、3弦を人差し指、2弦を中指、1弦を薬指で弾くということです。

こちらの場合も、指の使い方は3フィンガーの時と同じです。

この「4フィンガー」のアルペジオの場合も、基本の構えがあります。

こんな感じです。

親指は6弦、その他はそれぞれ担当する弦のところにスタンバイする形ですね。

弦を弾いた後、どの指もこの場所に戻ってきます。

しかしこれも、3フィンガーの場合と同じように、意識しすぎると弾きづらくなってしまいます。

ですので、力を抜いた状態で、弦の前にスタンバイするイメージを持っておくのが良いでしょう。

私は、親指の守備範囲が狭い「4フィンガー」で演奏することが多いです。

けれども、どちらも出来れば応用が利くので、3フィンガーも練習中!です。

指で弾くアルペジオの注意点

手首の角度

指でアルペジオを弾く時に、まず注意したいのが「手首の角度」です。

次の写真のように、手首に無理な角度が付いてしまうのは良くありません。

これでは不安定になり、目的の弦に指を当てにくくなるからです。

下の写真のように、手首に角度が付かないように構えましょう。

そして、手首の付け根をブリッジ辺りに軽く置くようにします。

こうすると手首が安定し、弾きやすくなります。

ただ、この手首を置く位置は、時と場合、さらには人によって異なることがあります。

私自身、弾く曲や出したい音によって変えることがありますし、手首を浮かせて弾くこともあります。

けれど、初めのうちは安定感があった方が弾きやすいので、

まずは自分が無理なく弾ける構えを探してみると良いでしょう。

指を軽く曲げる

また、指を伸ばした状態で弦を弾かないことも大切です。

親指以外の指は軽く曲げて構えましょう。

先ほど、“親指は弦に対して平行に構える”と解説しました。

ですので親指だけは、次の写真のように、自然に伸ばした状態になります。

しかし、その他の指はこのように

軽く曲げた状態で構えます。

この時、手には余分な力は入っておらず、リラックスした状態です。

反対に、良くない例がこちらです。

指が伸びてしまっていますね。

こうすると余分な力が入り、弾きづらいので注意!です。

担当弦は絶対ではない

指で弾くアルペジオでは、どの指がどの弦を担当するかが決まっている、ということでした。

しかし、この分担はあくまで“基本”であり、“絶対”ではありません。

必要に応じて、別の指で弾くこともあります。

例えば、人差し指で4弦、中指で1弦を弾くというようなこともあり得る、ということです。

なので、「基本的には担当する弦が決まっているけれど、場合によっては変わってもOK」と柔軟な考えを持っておきましょう。

コピーやカバー曲のアルペジオ練習のコツ

ここまで、アルペジオのやり方や注意点について解説してきました。

やり方は分かっても、「実際に曲を練習するときに上手く弾けない!」ということがあると思います。

そんな時は“ゆっくり演奏すること”を心がけてみましょう。

“ゆっくり”というのは、「自分が確実に弾けるテンポ」ということです。

そこから始めて、弾けるようになったら少しテンポをアップして…というように練習を進めていきます。

このように、徐々に弾きたいテンポに近づけていくんですね。

ゆっくりでも弾けないフレーズを、速いテンポで…なんて弾けないからです。

こうやって練習していると、「はやく曲に合わせたい!」ともどかしくなります。

でも、これをやらずに進むと、結局同じところで何度もつまづくことになります。

そうなったら遠回りですよね。私が経験者です…。

この方法は、遠回りに見えて近道の方法なので、焦らず地道に頑張りましょう!

まとめ

ここまで、アルペジオの弾き方や練習のコツについて解説してきました。

初めは難しく感じるアルペジオですが、今日ご紹介したポイントを踏まえて練習すれば、習得に近づけるはず…!

是非アルペジオを取り入れて、ワンステップ上の演奏を楽しんでみてくださいね。

頑張ってください!

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ