ギターのTAB譜の読み方と記号の見方

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターやバンドの楽譜で見かける「TAB(タブ)譜」。

この読み方がよく分からない、という人は多いでしょう。

なんだかすごく難しく見える…。

バンドを始めたばかりの頃、私もそう感じていました。

でも、読み方を理解すると、TAB譜はとても便利なものなのです!

ということで今回は、TAB譜の読み方とそこに出てくる記号について解説していきます。

TAB譜が便利な理由

TAB譜は、ギター専用の楽譜です。

上の図のように、6本の横線は弦を表し、数字は押さえるフレットを示しています。

フレットとは、これのことですね。

頭の方から1フレット、2フレット…と数えていきます。

TAB譜の数字は、この「〇フレット」を示しているのです。

ここで、なぜこのTAB譜がギタリストにとって便利であるかを解説しておきますね。

一般的な楽譜と言えば、ピアノ演奏で使用される、このような“五線譜(ごせんふ)”のものでしょう。

この楽譜を見てあなたは、ギターのどの弦の、どこのフレットを押さえれば良いかすぐにわかりますか?

そんなことギターを始めたばかりの時には難しすぎますよね。

そんな時に、ギター専用の楽譜である「TAB譜」がとても便利なのです。

なぜなら、TAB譜は6本の横線で、ギターの指板を再現しているものだからです。

これを見れば、書いてある通りに弦を押さえるだけで正しい音が鳴らせるよ、というものがTAB譜なのです。

TAB譜の読み方

ここからはTAB譜の読み方について解説していきます。

楽譜の向きについて

TAB譜とは、以下のようなものです。

TAB譜の上下をきちんと理解しておかなければ、正しく読むことができません。

なので、まずは上下の「向き」について解説していきます。

ギターを抱えたとき、以下の写真のように、弦は一番太い6弦が上になりますよね。

これを見ると、6弦がTAB譜の一番上の線と対応しているように見えますね。

しかし、そうではありません。

以下の図のように考えてしまうと、正しく演奏することができません。

これは、必ず覚えておいてください!

正しくは「TAB譜の上の線が1弦を、下の線が6弦」です。

こういうことですね。

感覚的に理解するために、実際のギターを使って解説してみましょう。

まずギターを持ってみてください。

その時ギターのネックは、こんなふうに見えていますよね。

そのままギターを、こんなふうに上向きに寝かせてみましょう。

この状態で、タブ譜を横に並べてみると、このようになりますね。

TAB譜は、この向きで示されているのです。

TAB譜を見て、上下が分からなくなった時は、このようにギターを上向きにしてみるとわかりやすいですよ。

数字について

TAB譜の線上に書いてある数字について解説していきます。

この数字は、押さえるフレットを示しています。

単音を示す場合と、コード(和音)を示す場合に分けて見ていきましょう。

単音で演奏する場合のTAB譜

はじめに、コードではなく、単音で演奏する場合のTAB譜を見ていきましょう。

こちらの図を見てください。

下の段が、TAB譜でドレミファソラシドを示したものです。

これを見ると、次のように弦を押さえることが分かります。

ド=5弦3フレット

レ=4弦0フレット。「0」は、どこも押さえずに弾くこと、つまり開放弦を鳴らすということを示しています。

ミ=4弦2フレット

ファ=4弦3フレット

ソ=3弦0フレット(開放弦)

ラ=3弦2フレット

シ=2弦0フレット(開放弦)

ド=2弦1フレット

楽譜に沿って、一音ずつ鳴らしていきます。

このように、TAB譜を読んでいきます。

これを実際に弾いて確認してみましょう。

そうすれば、五線譜に比べてTAB譜が直感的で、ギターを弾く上で便利であることが理解しやすいですよ。

コード(和音)を示すTAB譜

次に、TAB譜で複数の音を同時に鳴らす、コード(和音)が示される場合を見ていきましょう。

まず、以下の図をみてください。

これは、「C」のコードをTAB譜で示したものです。

”コード”は、音が重なってできる和音のことです。

なので、TAB譜でコード示す場合は、このように数字が縦に積み重なります。

このTAB譜が示しているのは、

5弦3フレット

4弦2フレット

3弦0フレット

2弦1フレット

1弦0フレット

を鳴らしてください、ということです。

0フレットというのは、どこも押さえないことを示しています。

つまり“開放弦”を鳴らすということです。

ですので、この場合は3弦と1弦はどのフレットも押さえません。

押さえるのは、5弦3フレットと4弦2フレット、1弦0フレットであることが分かります。

この指示通りに弦を押さえれば、「C」コードの音を鳴らすことができますよ、ということです。

また、コードが示されたTAB譜を読むときには、注意が必要な場合があります。

それは、”バレーコード”が示される場合です。

バレーとは、一本の指で同じフレットにある複数の弦を一気に押さえるテクニックで、それを用いたコードを”バレーコード”と言います。

この場合のTAB譜は少し複雑になります。

以下の図を見てください。これは何のコードを示しているか分かるでしょうか。

5弦3フレット

4弦3フレット

3弦2フレット

1、2、6弦1フレット

を押さえることが示されています。

しかし、順に押さえていくと、「1フレットの1、2、6弦をどのように押さえれば良いか分からない…」という事態に陥る可能性があります。

私がそうでした…。

この場合、疑ってみてほしいのが”バレーコード”です。

実はこれ、バレーコードの代表格ともいえる「F」のコードを示すTAB譜だったのです。

1フレットの1、2、6弦は、人差し指でバレーすることを示していたんですね。

このように開放弦である「0」がなく、数字が縦に5、6個並んでいる場合は「バレーコードかもしれない!」と考えてみるのが良いでしょう。

記号

TAB譜には、弦を押さえる場所だけでなく、どのように演奏するのか?ということも書かれています。

正しく演奏するために必要なことですので、確認しておきましょう。

Πと∨(ストロークやピッキングのダウン・アップ)

腕を上下に振って、ギターをジャカジャカ弾くのを”ストローク”といいます。

下に向かって弾くことを“ダウンストローク”といい、Πで示します。

上に向かって弾くことを“アップストローク”といい、∨で示します。

例えば、これを演奏すると

こうなります。

ストロークの方法については「やり方が分からないギターストローク!上達のコツと基本練習」で詳しく解説しています。

また、ピックで弦を弾く”ピッキング”の方向の指示にも使われます。

その場合、このように表記されます。

×(ブラッシング)

ブラッシングは、このように×で示されます。

これは弦を押さえる方の手を、弦に軽く触れさせ音が出ない状態にし、その状態で反対の手でストロークをするテクニックです。

アコースティックギターなら「ジャッジャッ」、エレキギターなら「ツクツク」という音が出ます。

ブラッシングについては、「アコギでカッコいい!ブラッシングのやり方と注意点」で詳しく解説しています。

H(ハンマリング・オン)

略して「ハンマリング」とも呼ばれます。

ピックで弦を弾かずに、指を弦に叩きつけて音を出すテクニックです。

図の場合、まず5弦5フレットを押さえ、ピックで弦を弾きます。

そのまま、5弦7フレットに指を強く叩きつけるようにし、音を出します。

この時、2つ目の音はピックではじきません。

ハンマリングオンのやり方については「ギターでのハンマリング・オン!3つのコツも解説」で触れています。

P(プリングオフ)

略して「プリング」とも呼ばれます。

弦を押さえている指を、軽く引っ掛けるようにして音を出すテクニックです。

プリングオフのやり方は「ギターのプリングオフとは?練習してみよう!」で詳しく解説しています。

Cまたは、cho(チョーキング)

ギターの弦を押さえたまま上げることで、音程を上げるテクニックです。

音は「ウイーン」という感じです。

また、弦を押さえたまま、もとの音程に戻す動作をチョークダウンと言います。

これは、“D”または“CD”という表記になります。

基本的にチョーキングの指示がある場合は、1音上げます。

1音というのは、2フレット分の音です。

この他、上げる音程に指示がある場合もあります。

・H.C(ハーフチョーキング)

半音(1フレット分)上げます。

・Q.C(クウォーターチョーキング)

クウォーターとは、4分の1音のことです。

つまり半音の半音ですが、“ニュアンス程度上げる”と思っておくのが良いでしょう。

チョーキングについては「まさにエレキギター!チョーキングの種類とやり方のコツ」で詳しく解説しています。

S(スライド)

押さえているフレットから次に押さえるフレットまで、弦を押さえたまま指を滑らせて音程を変えるテクニックです。

スムーズに音が繋がります。

スライドのやり方については、「ギターのスライドの音で雰囲気ある演奏に!やり方とコツ」で詳しく解説しています。

gまたはgliss(グリッサンド)

“グリス”とも呼ばれます。

前でご紹介した“スライド”と同様に、弦を押さえたまま指を滑らせて音程を変えるテクニックです。

しかし、明らかな違いが一つあります。

それは、グリスの場合、つなげる2つの音のうち片方が決まっていないということです。

スライドでは「5フレットから7フレットまで」というように2つの音が指定されていましたね。

グリスは、このどちらかの音が決まっていないのです。

決まっていない方の音は、「感覚的に“良い”と思うところ」と考えておけばOKです。

グリッサンドのやり方については「ギターでのグリス(グリッサンド)!やり方と2つのコツ」で詳しく解説しています。

tr(トリル)

ハンマリング・オンとプリング・オフを素早く交互に繰り返すテクニックです。

音は「トゥリルリルリルリ」という感じになります。

トリルのやり方については「ギターでのトリルの弾き方を解説!」でご覧ください。

P.MまたはM(ブリッジミュート)

ブリッジミュートなのに「P.M」なのは、“パームミュート”とも呼ばれるからです。

このように表記されることや

このようなものもあります。

「ズンズンズンズン」という感じの音です。

エレキギターのブリッジミュートについては「ギターのブリッジミュートとは?やり方とコツ」で詳しく解説しています。

アコースティックギターについては、「アコギでブリッジミュートの練習!やり方とコツ」で解説しています。

Vib(ビブラート)

小さなチョーキングとチョーキングダウンを交互に繰り返し、音程を揺らすテクニックです。

ビブラートについては「ギターのビブラートのやり方と練習のコツ」で詳しく解説しています。

ハーモニクス

ハーモニクスとは、「ポンポン」という柔らかな音を出すテクニックです。

図のように、四角で数字を囲まれたものがハーモニクスを表します。

特定のフレットに軽く触れ、ピックで弦を弾いた直後に、左手をパッと離します。

“特定の”というのは、このハーモニクスの音が出せる場所が決まっているからです。

一般的に5、7、12フレットが出しやすいと言われています。

ハーモニクスのやり方については、「アコースティックギターでハーモニクス奏法!やり方とコツ」で詳しく解説しています。

まとめ

ここまで、TAB譜の読み方と、そこに登場する記号について解説してきました。

音符や休符の長さについては、「ギターの弾き語り!初めてのリズム譜の読み方」で解説しています。

合わせてご覧ください。

世の中には様々な曲のTAB譜が存在します。

なので、これが読めるようになると、いろんな曲に挑戦できるようになります。

ギターを弾く人にとってとても便利なものですから、どんどん活用してほしいと思います。

それでは、今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ