アコギ弾き語り初心者さんにおすすめ!練習しやすい簡単な曲

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターで弾き語りを始めた頃、自分にはどんな曲が弾けるのだろう?と思う人は多いでしょう。

弾き語りに憧れて始めてみたけど、コードが全然押さえられずに曲にならない…。

私がギターを始めて間もない頃、全く同じ悩みを抱えていました。

まるまる1曲を歌いきることがなかなかできず、面白くありませんでした。

しかし、曲を選べば、初心者さんだって1曲まるまる歌いきることができます。

1曲歌いきることができると、楽しくなり、もっと演奏できるようになりたいという思いが強くなります。

そうすれば、練習にも身が入りますし、徐々に弾き語りのレベルをステップアップさせていくことができます。

ということで今日は、弾き語り初心者さんにおすすめの、コードが簡単な曲をご紹介していきます。

バレーコードが出てこない曲

バレーコードとは、写真のように1本の指で複数の弦を押さえるコードのことです。

その代表的なものが、人差し指で1フレットを一気に押さえる「F」のコードです。

初心者の時には、このバレーコードがあることで、1曲歌いきれないことがありますよね。

そこで、まずはバレーコードの出てこない曲を紹介します。

「Take Me Home ,Country Roads(カントリーロード)」 John Denver

音楽の教科書にも載っている名曲「カントリーロード」。

この曲は、既にメロディーを知っているという人も多いでしょう。

そのような場合、弾き語りをする際、歌うことと演奏することの2つの動作に同時に集中する必要がなくなります。

つまり、コードを追うことに専念しやすいのです。

そのため、弾き語りを始めるときにおすすめなのです。

スタジオジブリの映画、「耳をすませば」で使用されたため、日本語の歌詞もあります。

なので、英語の歌が苦手な人でも歌いやすいですね。

これは、映画で本名陽子さんが歌うカントリーロードを私がカバーしたものです。

この映画バージョンのコードは、原曲と比べて少し複雑になっています。

そのため、原曲「Take Me Home,Country Roads(コード譜)」のコードで演奏するのが良いでしょう。

さらに英語が苦手という人は、この原曲のコードで演奏し、「カントリーロード(耳をすませば)」の歌詞で歌うと良いでしょう。

「Stand By Me」 BEN E.KING

とても古い曲ですが、今でも多くの人に愛されている「Stand By Me(コード譜)」。

こちらの曲も、既にメロディーを知っている人が多いのではないでしょうか。

このことから、コードを追いかけることに集中しやすく、弾き語りを練習するにはうってつけの曲です。

「サボテン」ポルノグラフィティ

私が、アコースティックギター弾き語りで初めて挑戦した曲です。

サボテン(コード譜)

初心者でも挑戦しやすいコードが使用されており、比較的早く歌いきることができました。

Dm7という人差し指で1弦と2弦を一度に押さえる、小さなバレーコードは出てきます。

しかし、これは初心者のうちでも挑戦しやすいですから、是非頑張ってみてほしいです。

また、Dm9というコードも出てきますが、これはDmに置き換えても違和感がありません。

このように、一見難しそうなコードでも、簡単なコードで取りあえず演奏する方法もあります。

このことを覚えておくと、チャレンジできる曲が増えますよ。

私のカバーもこちらに挙げておきますので、弾き語りの雰囲気と是非聴き比べてみてくださいね。

「恋愛スピリッツ」チャットモンチー

バンドの曲ですが、アコギの弾き語りで演奏しても素敵です。

その中で使われるコードは、なんと「Aadd9」「E/A」「Aadd11」の 3つだけ。

名前だけ見るととても難しそうですが、押さえてみるととても簡単です。

この曲の弾き語りコードをネットで検索すると、3つ以上出てきます。

↓こちらでご確認ください。

恋愛スピリッツ(コード譜)

これは、バンドで作り出される音の雰囲気を、ギター1つで表現するためでしょう。

しかし、実際にバンド演奏のギターパートで使用されているコードは、この3つのみです。

3つのコードでこんなに壮大な曲を作り出すなんて、本当にすごいですよね。

ただ、簡単なコード進行のため、ギターと歌だけの弾き語りでは、単調な印象になりがちなのが難点です。

その問題は、強弱をつけるだけでかなり改善されます。

例えば、

曲の初めは静かに始まるから、音を小さく弱く演奏しよう。

最後のサビは盛り上がるところだから音を大きく強く演奏しよう、といった具合です。

このように強弱をつけて演奏することは、ギターを演奏する上で非常に大切です。

この曲は、簡単なコードが3つということで、弦を押さえることに対してのストレスは小さくなります。

その分、強弱をつける練習ができるため、この曲がおススメなのです。

3つのコードで弾き語りをしてみましたので、参考にしてみてくださいね。

バレーコードが少しだけ出てくる曲

ギターの弾き語りに少し慣れてきたら、バレーコードが出てくる曲にも挑戦してみたいですよね。

だからといって、たくさん出てくるのも嫌だ…。

そんな方におすすめの曲をご紹介します。

「サヨナラCOLOR」SUPER BUTTER DOG

「SUPER BUTTER DOGって誰?」という世代の方もいらっしゃるでしょう。

このバンドは、現在“ハナレグミ”として活動されている永積タカシさんや、“レキシ”として有名な池田貴文さんらが所属していたバンドです。

この曲は、たくさんのアーティストにもカバーされており、アコースティックギター弾き語りにもとても良く合います。

こんなにしっとりとした歌が、弾き語りで歌えたら素敵ですよね。

コードを見てみましょう。「サヨナラCOLOR(コード譜)

「C」「D」「Em」「G」など、比較的押さえやすいコードが並ぶ中に、最後の方で一度だけBmが出てきます。

曲の最後を彩る「Bm」なので、その1ヶ所は是非とも頑張りたいところです。

素敵な歌なので、是非聴いてみてくださいね。

弾き語りカバーをしてみました。

コードストロークに慣れてきたら、イントロの指で弾く演奏方法にも是非挑戦してみてくださいね。

「チェリー」 スピッツ

弾き語り用の楽譜には、必ず登場するスピッツの「チェリー」。

まずはコードを見てみましょう。

チェリー(コード譜)

「F」コードが頻繁に登場しますが、その他は比較的押さえやすいものになっています。

ですので、Fコードの練習には持ってこいの曲なのです。

また、跳ねたようなリズムが印象的な曲なので、右手の振り方(ストローク)もポイントになります。

ストロークの方法については「やり方がわからないギターストローク!上達のコツと基本練習」で詳しく解説しています。

弾き語りに慣れてきた頃に挑戦してみたい1曲ですね。

「TRUE LOVE」 藤井フミヤ

こちらの曲も、弾き語り用の楽譜集には、必ず収録されています。

TRUE LOVE(コード譜)

初心者向けの楽譜には、こちらのコードで記載されていることがほとんどです。

この曲は、私自身メロディーを何となく覚えていたという理由だけで挑戦していました。

ですが、右手のストロークがやりやすく、弾き語りがしやすかったため、初心者の頃にはよく演奏していました。

「あなたに」 MONGOL 800

「MONGOL800の、こんなに激しい曲を弾き語りで!?」と思うかもしれません。

でも、歌詞が優しく、意外と弾き語りにマッチするんですよ。

Bmが定期的に出てくるので、バレーコードの練習にもなります。

その他に難関が1つあります。コード譜を見て確認してみましょう。

あなたに(コード譜)

Aメロの終わりに「あなたへの思いは変わらない」という部分があります。

この「変わらない」のところを見てください。

1小節に「C」「Bm」「Am」「G」と、4つのコードが詰め込まれているのです。

つまり、「わらない」のそれぞれの文字に1つのコードが当てられているということです。

動画で確認してみましょう。

この部分は素早いコードチェンジの技術が必要です。

私自身、初心者の頃にこれをするのはとても難しかったです。

ですから、この場合は「Bm」と「Am」を飛ばして、「C」と「G」をつなげると弾きやすくなりますよ。

コードチェンジの練習法については「ギターのコードチェンジができない!6つの練習のコツ」で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

全体で弾くとこのような感じになります。

このように、バンドの曲でも弾き語りに合うものがありますので、いろんな曲に挑戦してみてください。

好きな曲を弾きたい時にオススメのもの

ここまでおすすめの曲を紹介してきました。

でも、やっぱり好きな曲を練習したい!と思いますよね。

その方が、やる気もアップします。

そんな時におすすめなものをご紹介します。

歌本

このような、歌本(うたほん)と呼ばれる弾き語り用の楽譜がおすすめです。

これには、曲の歌詞と、そのコードがたくさん収録されています。

私自身がギターを始めた頃は、この本をペラペラとめくりながら歌いたい曲を探しました。

自分では思いつかないけれど、ふと歌ってみたくなるような曲も掲載されているので、1冊持っておくと重宝します。

U-FRET

そんな時にオススメなのが「U-FRET」というサイトです。

様々な曲のコードが掲載されています。

好きな曲を検索すると、そのコードが1曲分まるまる表示されます。

さらには、1つの曲でも、簡単なコードやキーを変えたバージョンの楽譜も見られるのです。

キーを変えられると、音が低い、もしくは高すぎて歌えないということも避けられます。

ですので、男性でも女性の曲を、女性でも男性の曲を歌うということができます。

簡単なコードで、好きな曲がサクッと弾き語りできるので、私もよく利用しています。

まとめ

ここまで、初心者さんでも挑戦しやすい、弾き語りにおすすめの曲をご紹介してきました。

ここでご紹介した曲に絶対挑戦しなければいけないというわけではありません。

好きな曲に挑戦するのが、早く上達できるコツです。

何を弾いていいか分からないという時の参考にしてみてください。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ