ギターのCコードが押さえられない、難しい!押さえ方のコツ

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

「C」コードが押さえられない!と悩むギター初心者さんは多いと思います。

初めに必ず出会う、必須のコードです。

これをマスターすると、指を開く癖を付けることもできます。

ということで、今回は「C」コードの押さえ方のコツについて解説していきたいと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

「C」コードの押さえ方

まずは「C」の押さえ方を確認してみましょう。

5弦3フレット、4弦2フレット、2弦1フレットを押さえます。✕がついている6弦は鳴らさずにジャランと弾く、ということが上の「コードダイアグラム」からわかります。

コードダイアグラムの見方については、「コードダイアグラムとは?見方を解説!」で詳しく解説しています。

左手親指で6弦に軽く触れ、音が出ないようにしています。このように指を弦に軽く触れて、音が出ないようにすることを「ミュート」といいます。

その他、薬指でミュートすることもできます。

5弦3フレットを押さえながら、6弦に触れさせる、というやり方です。

私はこれらを同時にし、親指と薬指同時にミュートしています。

押さえられない原因と対処法やコツ

押さえる場所は「フレットバー寄り」

1つ目の原因は、「コードを押さえる場所が適切ではない」ということです。

コードを押さえる適切な場所とは、「フレットバーに近いところ」。

“フレットバー”というのは、フレットを区切る金属の棒のことです。下の写真、赤線で示した部分がそれにあたります。


「フレットバー」。これ自体を「フレット」と呼ぶこともある。

これに近いところは、少ない力でも楽に弦を押さえることができます。

「C」コードは、薬指で5弦の3フレット、中指で4弦2フレット、人差し指で2弦1フレットを押さえますね。

なので、各フレットのフレットバー近くが楽に押さえられる適切な場所ということになります。 こういうことです。

けれど、コードを押さえる度に指を1本ずつ、ばらばらにフレットバーの近くに置いていく、というのはおすすめしません。

なぜなら、それでは瞬時に、手をコードを押さえる形にする練習ができないからです。

なので、指の位置を1つずつおいていくのは確認程度にします。

そして、コードを押さえるときは、ギターのボディ寄りに押さえるイメージを持っておくと良いでしょう。

指先は立てる

2つ目の原因は、「指先が寝ている」ということです。

あなたは「C」コードを押さえる時、指先をこのように寝かせてしまっていませんか?

弦を指の腹で押さえ、爪が前を向いてしまっていますね。

これでは余分な弦まで押さえてしまい、いらない音が鳴ったり、必要な弦が鳴らなかったりします。

ですので、次の写真のように、コードを押さえる指先を立てましょう。

長くギターを弾いていると、指の先端の皮が硬くなってきます。腹ではなく、頭の部分です。この部分ですね。

これは、ここで弦を押さえているからです。なので、ここを弦に当てるように意識すると指先が立ちやすくなります。

このように第一関節を曲げることは、あまり日常生活ではしませんよね。なので、初めは難しくて当然です。慣れれば出来るようになるので、頑張りましょう!

また、左手指の爪を切っておくことも大切です。

伸びていると、指先がうまく立てられません。爪がストッパーのようになり、寝た状態になってしまうからです。

なので、左手の人差し指、中指、薬指、小指の爪はきちんと切っておきましょう。

親指の位置を定める

3つ目の原因は「親指の位置が定まっていない」ということです。

親指がふらふらしていると手が全体的に不安定になり、押さえにくくなります。

どのようなコードにも、押さえやすい「親指の位置」があります。

つまり、ちょうど良い「親指の位置」を探り、それを知ることで押さえやすくなるということです。

ですので、コードが押さえやすくなる「親指の位置」を研究してみましょう。

下の「コードダイアグラム」を見てください。これでもわかるように、「C」コードは6弦を鳴らしません。

これを鳴らさない方法として、親指に「ミュート」の役割を与えます。そして、その位置を定めます。

他にも鳴らさない方法の1つとして、5弦以下を弾いて、6弦を弾かないということが挙げられます。

しかし、これでは誤って6弦を弾いてしまった時、「C」コードの響きでは無くなってしまいます。演奏時に、ここだけに意識を集中させるというのも現実的ではありません。

ですので、6弦の音が出ないようにする「ミュート」という役割を親指に与えましょう。

先述したように、「C」コードの場合、親指の腹辺りを6弦に軽く触れさせ「ミュート」します。

ここでは、あくまで「軽く触れさせること」がポイントです。

完全に押さえてしまう、もしくは全く触れられていない場合は「ポーン」と音が響いてしまいます。

ミュートが出来た状態で、6弦をはじくと「バツッ」というように音が響きません。この感覚を親指に覚えさせます。

そして、全体的にはこのような形になります。

この形を手に覚えさせます。このように親指の位置を定めることで、手が安定し、押さえやすくなります。

ネックは握らず、「挟む」

4つ目の原因は「ネックを握ってしまっている」ということです。

「ネック」というのはこの部分のことです。

ギターの“首”に当たるところなので“ネック”なんですね。

その部分を、まさに“首”を絞めるように、ギューッと握ってコードを押さえようとしていないでしょうか。

握ってしまうと、写真のように手のひら全体が、ネックの裏にベッタリとついた状態になります。

指を開いて弦を押さえることに慣れていないと、このように力いっぱい握ってしまいがちです。

しかし、これでは不必要な弦に触れてしまったり、余分な力が入ってしまったりして良くありません。次のようにするのが望ましいでしょう。

この状態だと、ネック裏についている部分は、以下の写真斜線部分の「親指から人差し指の付け根」だけです。

「親指の第一関節と付け根の間」と「人差し指の付け根」でネックを挟むような感じですね。

これは「握る」というよりも「挟む」イメージが近いでしょう。

その他の押さえ方 

ここまで親指で6弦をミュートする「C」の押さえ方を解説しました。

しかし、初めのうちは「それがどうしてもできない!」ということがあるかもしれません。

指を開く癖が出来ていないうちは、この“親指でミュートする”ということが難しい場合があります。私がそうでした…。

そんな場合は、この「親指でのミュート」はひとまず置いておいて、5弦4弦2弦をきちんと押さえられるようになることを優先しましょう。

それに慣れてから親指のミュートに挑戦するということもできます。

その場合は次のような押さえ方が考えられます。

これらの持ち方では、薬指を6弦に触れさせることでミュートすることができます。

私自身は、これらの押さえ方を経て、現在の「親指でミュートする」という形になりました。

基本的な押さえ方を解説してきましたが、押さえ方に絶対的な決まりはありません。大切なのは「C」の音をきちんと鳴らすことです。

ここで紹介する方法と全く同じでなくても、音がきれいに鳴れば、その押さえ方でOKです。

なので、まずは人差し指、中指、薬指がきちんと押さえられるようになることを目指しましょう。

まとめ

ここまで、「C」コードの押さえ方について解説してきました。

要点をまとめると

・フレットバー寄りに押さえる。

・爪は切り、指先は立てる。

・親指の位置を定めると安定する。

・ネックは握らずに、親指と人差し指付け根で「挟む」イメージを持つ。

ということでした。

「C」は、本当によく出会うコードです。

これをマスターすると指を開きやすくなり、他のコードを押さえるのにも役

立ちます。

この他、コードを押さえるときのポイントを「ギターコードが押さえられない!弦の押さえ方・押さえるコツ」で解説しています。

是非合わせて読んでみてくださいね。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ