初心者のギターの選び方は?まずは種類を知ろう!

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを始めたいけれど、最初に買うギターはどれがいいのか…悩むところだと思います。

楽器屋さんには色んな形や種類のものが並んでいるし、何がどう違うのか分からないですよね。

色や形だけでなく、材質となる木の種類などでの違いもあります。

最初のギター選びから、細かいことをいっぺんに網羅して考えることは、正直無理!

私もそんなこと考えていたら、きっといつまでもギターを買えていなかったかもしれないと思います。笑

でも、初めてのギター選びでは、大体の違いを知っておけば大丈夫。

今日は、初心者のギター選びの時に知っておきたい、ギターの種類についてお話してみたいと思います。

記事と同じ内容の動画をYoutubeでも公開しておきます。

アコギとエレキの違い

ギターには、大きく分けてアコースティックギターとエレキギターがあります。

まずは、アコースティックギターにするかエレキギターにするかを決めましょう

アコースティックギター

ギターのこの部分をボディと言います。

このボディが分厚く、穴が開いているものがアコースティックギターです。

こういうのですね。

見るからに木で出来ている感じで、色もナチュラルなものが多いです。

スチール弦とナイロン弦のものがあります。

スチール弦のものは、弾き語りとかソロギターでよく見かけますね。ナイロン弦は、”ポロンポロン”と優しい音がし、クラシック音楽やフラメンコなどの民族音楽で使われることが多いです。

アコースティックギターは、他に機材がなくてもギター本体さえあればすぐに演奏できます。

どこでも気軽に演奏できるのが良いところです。

アコースティックギターの種類については「アコースティックギターの種類分け!アコギボディの形や特徴を解説」で詳しく触れています。

エレキギター

見た目の特徴はボディが薄く、アコースティックギターに比べて機械っぽい感じです。

エレキギターは、これだけでは“ペキョペキョ”という音しか出ません。

エレキギターを演奏するには、他の機材が必要です。

ギター本体の他、”シールド”というコードとスピーカーとなる”ギターアンプ”が最低でも必要になります。

ギターとギターアンプをシールドでつないで音を出す、という仕組みです。

ここに、ギターの音色を変えられる“エフェクター”という専用の機械を繋げば、いろんな音を出せるようになります。

このエフェクターにはたくさんの種類があります。

バンドなどでエレキギターを演奏していると、この“エフェクター”が必要になってくると思います。

バンドがやりたい!という人におすすめです。

エレアコ

アコースティックギターとエレキギターの間のような、“エレクトリックアコースティックギター”というものもあります。

略して“エレアコ”。

これは、アコースティックギターをエレキギターのように、ギターアンプに繋いで音を出すことができるようにしたものです。

見た目はアコースティックギターとほぼ同じです。

機械っぽい装置が付いていたり、シールドを差し込む“ジャック”という穴があったりします。

普通、アコースティックギターの音は音量を変えられませんが、エレアコをアンプに繋げばそれが可能となります。

バンド演奏の中でアコギを演奏する場合や、ライブハウスでの演奏をするのに向いています

アコースティックギターと同じようにアンプなしで、そのままの音で演奏することもできます。

ただ、エレアコは、アンプを通して音を出すことを前提としたアコースティックギターですので、”生”の音の美しさは普通のアコースティックギターより劣ると思います。

エレキギターの種類

一口にエレキギターと言っても、いくつか種類があります。

エレキギターの代表的なものの特徴を解説していきますね。

ストラトキャスター

ポップスやロックからジャスまで色んなジャンルの曲に対応できる定番ギター、略して“ストラト”。

このことから、多くのミュージシャンに選ばれています。

音のイメージとしては“ジャンジャン”“ジャラーン”みたいな感じでしょうか。

レスポール

メタルやハードロックなどに使われる、骨太ロックなパワフルギター

体に響くような、太くて力強い、男らしい(?)音が出ます。

音のイメージとしては“ズンズンズン”みたいな感じでしょうか。

日本のアーティストでは、奥田民生さんやB’zの松本孝弘さんなどが使われていますね。

テレキャスター

今日ご紹介したエレキギターの中では、一番歴史があるテレキャスター、略して“テレキャス”。

それだけに、すっきりと尖がったようなシンプルな音が出ます。

音のイメージは“チャキチャキ”という感じかなと思います。

スカやファンクと言ったジャンルで使われることが多いです。

日本のアーティストでは、チャットモンチーの橋本絵莉子さんやGO!GO!7188のユウさん、凛として時雨のTKさんなどが使用されています。

この3種類の他にも、セミアコースティックギターやフルアコースティックギターなどもあります。

初めの一歩としては「ストラト」「レスポール」「テレキャス」の3種類を把握しておけば、まずは充分かと思います。

好きなミュージシャンを参考に決める

色々種類があるのは分かったけど、自分にはどれがいいんだろう?って思いますよね。

必ずしも、紹介したようなジャンルに合わせたギターを選ばなければならないということはありません。

テレキャスでハードロックを演奏してもいいですし、レスポールでポップスを演奏したって全然問題ありません。

初めは、きっと好きなバンドの曲を練習すると思いますので、好きなミュージシャンが使用しているギターを参考にするのをおすすめします

曲をコピーするときに、好きなバンドの音と近い音が出せますよ。

購入するギターの種類が決まったら、あとはその中で好きなデザインで決めるといいです。

デザインも大事なポイントです。

初めてのギター選びで気を付けたいことを、「初心者のギター選びで安いギターをおすすめしない理由」で紹介しています。

是非そちらも読んでみてくださいね!

まとめ

今日は、最初のギター選びで知っておきたいことをお話してきました。

・アコギかエレキ、どちらにするか。

・エレキならストラトかレスポールか、テレキャスか。

ざっくりですが、最初の一歩としてこれくらいの知識を持っていれば十分だと思います。

参考になれば嬉しいです!

素敵なギターと出会えますように。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ