ギターのビブラートのやり方と練習のコツ

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

「ギターでビブラートをかけてみたい!」と思うけれど、やり方がわからない…ということがありますよね。

私自身、日々練習中!です。

いい感じにビブラートをかけるのは、結構難しいですよね。

でも、上手く取り入れられるようになると、カッコよくしたり色気を出したりと、曲を素敵にすることができます。

ということで、今回はビブラートのやり方とコツを解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ビブラートとは?

まず、ビブラートとはどのようなものかを理解しておきましょう。

ビブラートとは、音程を細かく上下させて、音を揺らすテクニックのことです。

一般的には、歌のものが有名ですね。

音を伸ばすときに声を揺らす、というテクニックです。

演歌のようなダイナミックなものから、繊細なものまであります。

ただ音を伸ばすだけでなく、「揺らす」という音程の変化を入れることで感情を表現します。

これと同じように、ギターでも音を揺らすことで、曲に表情を付けることができるんです。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

ビブラートのやり方とコツ

ビブラートは、音程を細かく上下させて、音を揺らすテクニックということでしたね。

ここでは、ギターでどのように音を揺らすのか?という「やり方」について解説していきたいと思います。

ビブラートには主に、「縦揺れビブラート」と「横揺れビブラート」の2種類があります。

これらを順に見ていきましょう。

縦揺れビブラート

「縦揺れビブラート」は、弦を上下に動かして音を揺らします。

まず、左手指で弦を押さえて、右手でピッキング(ピックなどで弦をはじくこと)します。

そして、左手の指で弦を押さえたまま何度も上下させます。

弦を押し上げる時に、指の力だけで弦を押し上げようとするとうまく持ち上がりません。

なので、下の写真のように、左手人差し指の付け根をネックの下に押し付けながら上げるとやりやすいです。

上の写真の〇部分を、ネックに当たるところを支点として、「手」全体で上げるイメージです。

これは「チョーキング」というテクニックと同じポイントです。

チョーキングについては、「まさにエレキギター!チョーキングの種類とやり方のコツ」で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

この「縦揺れ」ビブラートは、どちらかというとエレキギターの演奏でよく見かけます。

大きな音の揺れを表現できるので、ダイナミックな印象になります。

横揺れビブラート

次に「横揺れビブラート」を見ていきましょう。

これは、弦を押さえながら、手を左右に動かすことで音を揺らすテクニックです。

こちらは、縦揺れのものに比べて穏やかなビブラートがかかります。

アコースティックギターの演奏やジャズなど、渋めで大人なジャンルでよく使われるイメージです。

それではやり方を見ていきましょう。

下の写真を見てください。

弦に対して平行(矢印の方向)に指を動かします。

指先だけを左右に動かすのではありません。

手首から指先にかけての「手」全体を“左右に揺らす”ようなイメージです。

この動きにつられて、指先はほんのわずかに、左右にスライドを繰り返すような感じになります。

「スライド」とは、弦を押さえたまま指を滑らせて音程を変えるテクニックです。

ただ、ここではいかにもスライド!という大きな動作をするのではありません。

指を左右に揺らすという動きにつられて、自然と指先が少しだけスライドされる、というイメージです。

スライドについては「ギターのスライドの音で雰囲気ある演奏に!やり方のコツは?」をご覧ください。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

練習のコツ

ビブラートを練習する上でのコツをご紹介しておきます。

ピッキングは強めに

ビブラートが上手く鳴らせない原因の一つに、ピッキングの強さがあります。

1度のピッキングでの、音が伸びているうちに揺らすことで、ビブラートがかかります。

なので、弱いピッキングで、音がすぐに消えてしまわないようにする必要があります。

そのためには、ピッキングを強めにすると良いでしょう。

音を少し伸ばしてからかけはじめる

ビブラートをかける際には、少し音を伸ばしてから揺らし始めるといい感じになります。

ピッキングしてすぐに上下し始めるのではなく、しばらく音を伸ばしてから揺らす、ということですね。

すぐに揺らし始めると、基本となる音が分かりにくく、不安定な感じがします。

なので、音を少し伸ばしてからビブラートを掛けましょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

まとめ

ここまで、ビブラートのやり方と練習のコツについて解説してきました。

ざっと要点をまとめると

・ビブラートには「縦揺れ」と「横揺れ」の2種類がある。

・「縦揺れビブラート」は、弦を押さえて上下させる。(チョーキングのポイントと同じ)

・「横揺れビブラート」は、左「手」を左右に揺らす。この時指先はわずかにスライドしているような感じ。

・コツは、強めにピッキングし、音を少し伸ばしてからビブラートをかけ始める。

ということでした。

尚、ただいまギター初心者さん向けに無料レッスン動画を配信中です。以下のリンクよりお受け取りいただき、ぜひ日々の練習にご活用ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

参考にして頂けたら幸いです。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ