ギターのプリングオフとは?練習してみよう!

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

あなたは、「プリング・オフ」というテクニックを知っていますか?

よく登場するのですが、一見地味目なテクニックなので練習も後回しにしがち…。

私がそうでした。笑

でも、これができると演奏にちょっと味付けができるようになります。

「ハンマリングオン」というテクニックと合わせて演奏に組み込むと、ギターらしい演奏になります。

ハンマリングオンについては「ギターでのハンマリング・オン!3つのコツも解説」で詳しく解説しています。

今日は、「プリング・オフ」のやり方について解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

プリング・オフとは

「プリング・オフ」とは、弦を押さえている指を引っ掛けるようにしてはじくことで、音程を下げるテクニックです。

略して「プリング」呼ばれることが多く、ギターやベースなどの弦楽器で使われます。

TAB譜(ギター専用の楽譜)では、以下のように表記されます。

「P」は、プリングの頭文字を表しています。

TAB譜の詳しい読み方は「ギターのTAB譜の読み方と記号の見方」で解説しています。

このテクニックを使うと、一音ずつピックで弾くよりも、角が取れた柔らかい音を表現できます。

ここまで解説してきましたが、文字で読んでも今ひとつピンとこないですよね。

ということで、やり方で詳しく見ていきましょう。

「プリング・オフ」のやり方

それでは「プリング」のやり方を見ていきましょう。

先ほど例に挙げた、このTAB譜で解説していきたいと思います。

まず、左手人差し指で3弦(下から3番目の弦)の5フレットを、薬指で3弦7フレットを押さえます。

こういうことですね。

この状態から、左手薬指を弦に引っ掛けるようにしながら離します。

この時、人差し指は3弦を5フレットを押さえたままで、ピッキングはしません。

こうすると、3弦5フレットの音に下がります。

けれども、ただ薬指を離すだけでは、プリングの音は鳴りません。

以下の写真のように、下向きに指を動かし、弦を引っ掛けながら離します。

以上が「プリング」のやり方です。

この「プリング」は、「ハンマリング・オン」というテクニックとセットで使われることが多いです。

練習のコツ

ここでは、プリングの練習時に意識すると良い「コツ」を解説します。

プリングの最大のポイントは、”左手指を弦に引っ掛けるようにしながら離す”というところです。

この時、プリングする(引っ掛ける)指の力を意識することがコツです。

「弦を押さえる力はそのままに、指を下方向に動かしてはじく」ということです。

プリングする指の力を弱めてしまうと、弦が引っ掛からず、音が鳴らない原因になります。

しかし、力を入れすぎてもだめです。

力を入れすぎると弦が動いてしまい、音程が変わってしまうことがあります。

また、スムーズに指が動かないということになります。

ですので、「弦を押さえながら指をずらして行く」ことを意識して練習してみましょう。

また、練習していると次第に指の力がつき、よりやりやすくなってきます。

ですので、焦らず地道に練習することが大切です。

まとめ

ここまで、「プリング・オフ」について解説してきました。

ざっとまとめると、

・弦を押さえる指を引っ掛けるようにして弾き、音程を下げるテクニック。

・「ハンマリング・オン」と「プリング・オフ」はセットで登場することが多い。

やり方は、

・左手薬指を弦に引っ掛けるようにしながら離す。

ということでした。

是非参考にしてみてくださいね。

頑張ってください!

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ