ギターのプリングオフとは?弾き方、やり方のコツ

Pocket

ギターの”プリング・オフ”ができないとお悩みですか?

一見地味目なテクニックで、やってみるとちょっと難しい感じもします。ですが、これができると演奏に粋な味付けができるようになります。さらに”ハンマリング・オン”というテクニックと合わせると、よりギターらしい演奏ができるようになります。

ハンマリングオンについては「ギターでのハンマリング・オン!3つのコツも解説」で詳しく解説しています。

今回は”プリング・オフ”のやり方や弾き方のコツについて解説していきます。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

プリング・オフとは

「プリング・オフ」とは、弦を押さえている指を引っ掛けるようにしてはじくことで、音程を下げるテクニックです。略して「プリング」呼ばれることが多く、ギターやベースなどの弦楽器で使われます。

このテクニックは、TAB譜(ギター専用の楽譜)において、以下のように表記されます。

「P」は、プリングの頭文字を表しています。尚、TAB譜の詳しい読み方は「ギターのTAB譜の読み方と記号の見方」で解説しています。

このテクニックを使うと、一音ずつピックで弾くよりも、角の取れた柔らかい音を表現できます。ただ、文字で読んでも今ひとつピンとこないですよね。ということで、次の項でやり方を詳しく見ていきましょう。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

プリング・オフのやり方

それでは「プリング」のやり方を見ていきましょう。先ほど例に挙げた、このTAB譜で解説していきたいと思います。

まず、左手人差し指で3弦(下から3番目の弦)の5フレットを、薬指で3弦7フレットを押さえます。こういうことです。↓↓

この状態から、左手薬指を下方向に、弦に引っ掛けるようにしながら離します。この時、人差し指は3弦5フレットを押さえたままで、ピッキングはしません。こうすると、3弦5フレットの音に下がります。

ただ、薬指を離すだけではプリングの音は鳴りません。以下の写真のように、下向きに指を動かし、弦を引っ掛けながら離すことが大切なポイントです。

以上が「プリング」のやり方です。この”プリング”というテクニックは、”ハンマリング・オン”というテクニックとセットで使われることが多いです。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

プリング・オフの練習のコツ

ここでは、プリングの練習時に意識すると良い「コツ」を解説します。

プリングの最大のポイントは、”左手指を弦に引っ掛けるようにしながら離す”というところです。この時、プリングする(引っ掛ける)指の力を意識することがコツです。

「弦を押さえる力はそのままに、指を下方向に動かしてはじく」ということです。

プリングする時に指の力を弱めてしまうと、弦が引っ掛からず、音が鳴らない原因になります。

しかし、力を入れすぎてもいけません。力を入れすぎると、指を動かす時に下方向に弦が動いてしまい、音程が変わってしまうことがあります。また、スムーズに指が動かないという点からも、力の入れすぎには注意しましょう。

ですので、「弦を押さえながら指をずらして行く」ことを意識して練習してみてください。

また、練習していると次第に指の力がつき、よりやりやすくなってきますから、焦らず地道に練習することが大切です。

尚、只今ギター初心者さん向けに、無料レッスン動画を配信中です。以下のリンクよりお受け取りいただき、ぜひ日々の練習にお役立てください。

【無料】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

まとめ

ここまで、プリング・オフのやり方や練習のコツについて解説してきました。

・弦を押さえる指を引っ掛けるようにして弾き、音程を下げるテクニック。

・「ハンマリング・オン」と「プリング・オフ」はセットで登場することが多い。

・やり方は、左手薬指を弦に引っ掛けるようにしながら離す。

参考になれば嬉しいです。

また、現在配信中のギター初心者さん向け・無料レッスン動画は以下のリンクよりお受け取りいただけます。ぜひご活用ください。

【期間限定】こんなことまで教則本には書いてない!!現役シンガーソングライターが教えるギター講座・全16話4時間8分の無料レッスン動画を受け取る

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ