ギター初心者でも作詞作曲!作曲の仕方・やり方、コードを付ける方法

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギターを練習していて、「自分で作詞作曲したオリジナルの曲を作ってみたい!」「でも、音楽の知識がないから難しそう…。」と思っている人は多いですよね。

できることを1つずつやれば、初心者でも曲を作ることができます。この作業に慣れれば、この先も曲作りを続けていくことができるでしょう。

今回は、実際に曲を作りながら、私自身の作曲方法と手順をご紹介します。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

詞先か曲先か?作る順序について

詞先について

曲を作るとき、私の場合は、まず歌詞を書きます。この詞を先に作る方法を詞先(しせん)といいます。

この方法で作る場合も、初めから全ての歌詞をきっちりと作る必要はありません。できるところから少しずつ作っていけばOKです。

私は、普段から歌詞になりそうなフレーズを思いついたら、その都度スマホにメモしています。そこにあるフレーズを使って、まずは思いつくままに書いていきます。

例えば、「これをテーマにするなら、あのエピソードを盛り込んでみよう。」とか「この言葉を是非使いたい!」ということをすべて書き出します。最終的にこれらを合体させて歌詞にしていきます。

今回は「缶コーヒー」をテーマにした歌を作っていきます。まず、次の写真で示したメモのように、思いつくフレーズや言葉を書いていきます。

実際の私のメモは、もっと汚いです。自分にしか分からないような文字で、広告の裏などにダーッと書きます。笑

これを少し整えて、詞っぽくしてみましょう。

—————————————–

たくさんの円柱を並べる

私は今日もアルバイト

苦そうなブラックの文字

結局どれも同じような味で美味しいなんて思わない

260円と円柱二つ

電車は彼を連れて行った

私の目の前に残った缶コーヒー

——————————————–

私は、このように作詞からすることが多いですが、メロディー(曲)から作ることもあります。順番はどちらでも構いません。

それぞれの方法のメリット・デメリットについては「曲を作る順番は詞が先か?曲が先か?」で、解説しています。

ある程度書き出したら、「どこを歌詞の中心にしたいか」という、歌のテーマとなる部分を何となく決めておきます。つまり、この歌でここが一番言いたいところ!ということを明確にしておくのです。

今回の例の場合、「260円と円柱二つ~私の目の前に残った缶コーヒー」の部分を一番大切なところに持ってこようかな?と考えています。

初心者には曲先がおすすめ

ただ、初めのうちは、曲を先に作る方が負担が少ないこともあります。このように、曲を先に作ることを「曲先(きょくせん)」といいます。

なぜ曲先の方が負担が少ないかと言うと、この方法だと省ける作業があるからです。それは、「言葉の言い換え」です。詞先の場合は、この作業が必須となります。

「言葉の言い換え」とは、曲に歌詞を乗せた時に字足らずになったり、字余りになったりしてしまう言葉を、メロディに合わせたものに変えていくという作業です。

曲先だと、出来上がったメロディーに言葉を乗せていくので「言葉の言い換え」の作業を省くことが出来ます。

手順1・作曲をする

それではいよいよ作曲をしていきます。作曲は「超ハードルが高い!」と思いますよね。私もその“思い込み”のせいで、長い間作曲に手を付けられないでいました。

ですが、「自分には無理だ!」と決めつけずに、まずはやってみましょう。やっていくうちにコツがつかめてきますよ。

ここでは、その方法をご紹介します。

思い描いたメロディーにコードを当てはめる

1つ目は、思い描いたメロディにコードを当てはめる方法です。

突然ですが、あなたは鼻歌で適当な歌を歌ったことがありますか?ここで、「あります。」と答えた方は、既に作曲経験者です。

この鼻歌で作曲したメロディに合うコードを探していくのです。つまり、適当に歌って「なんか…いい!」と思ったメロディーを、最終的に1曲に仕上げていくということです。

これをするために、思いついたメロディを、普段からスマホのボイスメモに記録しておくと便利です。この時、思いついたらすぐ録音するのがポイントです。「ここじゃ恥ずかしいから後で…」としていると忘れてしまいます。

そして、「さて、作曲をするぞ!」という時に、そこからフレーズを1つ選びます。それを広げて1曲に完成させていきます。

まずは鼻歌に合うコードを探します。

でも、この音に、何のコードが当てはまるのか全然分からないよ…ということもありますよね。また、もっと押さえやすいコードにしたい…ということもあるでしょう。

そんな時は、始まりの音を変えてしまっても大丈夫です。試しに、よく弾くコードを鳴らしてみましょう。

例えばそれが「A」コードだったとします。そしたら、「A」コードに合う音をからメロディを作っていきます。

この時、曲全体のメロディを一気に作り上げる必要はありません。

まずは「サビだけ」「イントロだけ」というように、1つのかたまりを作ることを目標にすると良いでしょう。

実際にやってみますね。

今回はこんなメロディーにしようかな?と考えました。

↓再生プレーヤー左端の再生ボタンを押して聴いてみましょう。

「でもこれだと、どのコードか分からないな…。」

「よし!「A」コードから始められるメロディにしちゃおう!」

コード進行 |A  D  |E  A  |

これらを聴き比べてみると、カラオケでキーを変えたときのように変化しているのが分かると思います。

このように、メロディにコードを当てはめていきます。

並べたコードにメロディをつける

メロディが思い浮かばなければ、先にコードを並べて、それに合うメロディーを考えるという方法もあります。

「コードを並べる」というのは、いくつかのコードを、気持ちよく聞こえる並びにするということです。これを“コード進行”と言います。

この時、好きな曲のコード進行を使っても良いです。「そんなことしたらパクりになっちゃう!」と思うかもしれません。

ですが、コード進行が同じでも、そこに乗るメロディさえ違っていればパクりにはなりません。このように、コード進行が同じでも異なる曲に聞こえるものは、世の中にたくさんあるのです。

これは、「コード進行」にはある程度のパターンがあるからなんですね。また、リズムを変えることで全然違った曲にすることもできます。

そして、「このコード進行にしてみよう!」ということが決まったら、鼻歌でメロディをつけていきます。

すぐには思いつかないかもしれませんが、「ああでもない、こうでもない」と試してみてください。鼻歌や「ラララ」でやってみましょう。また、まだ歌詞がなくても、適当な言葉を乗せてみるのも良いでしょう。

また、私の経験上、この時偶然出てきた言葉が、メロディとぴったりはまることもあります。そしてそのまま歌詞になるということもあります。

私自身初めの頃は、「A」「E」「D」を並べて曲を作ることが多かったです。これらが押さえやすいコードだったからです。

ですが、この3つだけでも、ちゃんと曲になるんですね。しかも、リズム次第で同じコード進行で、別の曲をつくることもできます。

このように、自分の知っているコードを並べて、そこにメロディを付けていきます。

この場合も、曲全体のメロディを一気に作り上げる必要はありません。まずは「サビだけ」「イントロだけ」というように、1つのかたまりを作ることを目標にすると良いでしょう。

今回は、この「A」「E」「D」の3つのコードで曲を作ってみたいと思います。

次のようなコード進行にすることにしました。

|A  D  |E  A  |A  D  |E  A  |

|A  D  |E  A  |A  D  |E  A  |

次に、ここに合うメロディーを探していきます。

「こんな感じにしようかな?」と、まず思い浮かんだのはこんなメロディです。

その他、「こんなふうにもできそう!」と思いつきました。

このように、コードを並べ、そこにメロディを付けていきます。

手順2・曲の構成を決める

次に、前の行程で考えたメロディをどの部分にするかを考えます。

例えば、先ほど考えたメロディを「サビ」にするとします。そしたら次に、そこに向かうAメロやBメロを作っていきます。

AメロやBメロも、前述した方法と同じように作っていきます。

具体的には、3つのコードを並べ替えたり、組み合わせを変えたりする方法でAメロやBメロを作っていきます。このような手順で、まずは1番を作りましょう。

私の場合、その後に、1番のメロディーで歌詞を変えて2番を作る、と進めていくことが多いです。ですので、第一目標は1番を作ることです。

この時、2番を作る必要性を感じず、そのまま1番だけにすることもあります。これとは逆に、3番、4番…と長くなる場合もあります。

それでは、今回作る曲のAメロ、Bメロを作っていきます。

「Aメロは、サビとは違うギターにしてみよう。」と、次のようなコード進行しました。

|A    |D  A  |A  D  |A    |

|A    |D  A  |A  D  |A    |

次は、これに乗るメロディを探します。今回は、次のようにしました。

Aメロが出来上がりました。次はBメロを作っていきます。

再び「A」「E」「D」の順番を変え、次のようなコード進行にしました。

|D    |E  A  |D    |E  A  |

そこにメロディを付け、次のような「Bメロ」を作りました。

このような手順で進めていきます。これで、1番のAメロ、Bメロ、サビが出来ました。

手順3・歌詞を完成させる

「Aメロ」「Bメロ」「サビ」ができたら、歌詞を書きましょう。まずは、どんなことをテーマにするかを考えます。

題材探しについては「作詞の基本「ネタ探し」と「テーマ・題材選び」のヒント」で解説しています。

この時、「サビ」から書いていくと、曲全体の軸がブレにくいというメリットがあります。ですからまずは、1番言いたいことをサビに持ってきましょう。

そのサビに向かって、AメロやBメロで情景や気持ちを描いていきます。この作業は、言葉をメロディに当てはめながら進めていきます。

今回の例では、「缶コーヒーとそれにまつわるエピソード」を題材にすることにしました。前にご紹介した、下の写真のメモをもとに「A」「B」メロに歌詞を当てはめていきます。

————————————-

たくさんの円柱を並べている

私は今日もアルバイト

苦そうなBLACKの文字

甘ったるそうなミルクコーヒー

結局どれも同じような味で

美味しいなんて思わない

ちょっと不機嫌な顔をして

130円を置いていく

きっと彼にとっては毎朝の贅沢

今日も 缶コーヒー

————————————

1番の歌詞が出来上がりました。この構成で2番も作ってみます。

————————————

店の外はいつもの雑踏

電車行き交う駅のホーム

騒がしい雑誌の表紙

暇つぶしに眺めてた

今日もあの人がやってきた

いつもと変わらない不機嫌な顔で

260円と円柱2つ

電車は彼を連れて行った

私の目の前に残ったのは1本の缶コーヒー

————————————

手順4・細部を作りこむ

大体の形が見えてきたら、細かなところを詰めていきます。例えば、以下のようなことです。

・イントロやアウトロを考える。

・2番のサビのあとに、Cメロを入れる。

・一部分だけ、ストロークのリズムを変えてみる。

・アルペジオを使ってみる。

・サビ始まりにしてみる。

このように、“工夫”を取り入れていきます。もちろん、ずっと同じストロークパターンで1曲を仕上げてもかまいません。

ですが、少し慣れてくると、曲に面白みを持たせたい!という気持ちになってくるんですね。なので、このように“工夫”をして、作りこむ作業をするのです。

工夫することで、単調な曲ではなくなります。そうすると、聴き手にとっても”飽きにくい曲”となります。

ここでは、1番のAメロとBメロを少し変えて、指でポロンポロン弾いてみました。

手順5・全体を通して演奏してみる

形になった!というところまで来たら、全体を通して何度も演奏してみます。

弾いているうちに「なんかしっくりこないなぁ…。」というところがあれば、改善していきます。そうして、改善点をあぶり出し、修正を重ねていきます。

ここで仕上がった後も、練習やライブでの演奏を重ねて、変えていくこともよくあります。

特に、技術力が上がってくると、初期に作った曲をアレンジしたくなることがあります。なので、最初から難しい技を盛り込もうと気負う必要はありません。

つまり、今出来る範囲でひとまず完成させて、その後成長させていけばいいのです。

今回はこんな曲に仕上がりました!

——————————————-

缶コーヒーとあの人と私

詞・曲 B型さん

たくさんの円柱を並べてる

私は今日もアルバイト

苦そうなBLACKの文字

甘ったるそうなミルクコーヒー

結局どれも同じような味で

美味しいなんて思わない

ちょっと不機嫌な顔をして

130円を置いていく

きっと彼にとっては毎朝の贅沢

今日もあの人 缶コーヒー

店の外はいつもの雑踏

電車行き交う駅のホーム

騒がしい雑誌の表紙

暇つぶしに眺めてた

今日もあの人がやってきた

いつもと変わらない不機嫌な顔で

260円と円柱ふたつ

電車は彼を連れて行った

私の目の前に残ったのは1本 缶コーヒー

——————————————–

まとめ

今回は、作曲方法と手順をご紹介してきました。

ざっとまとめると

1、コードを並べる、または鼻歌で曲を作る。

2、構成を考える。

3、歌詞を当てはめる。

4、細かい点を詰める。

5、全体を演奏しつつ、仕上げる。

という手順でした。

歌詞やメロディーが一部分しかできていなくても、そこから自分のやりやすい手順で進めていけばOKです。ここでご紹介した方法と手順は、一例に過ぎません。

人の数だけ作曲方法があります。ですので、「こうしなければならない!」ということはありません。最終的に、曲になれば良いんですから。笑

そんなふうに気軽に考えて挑戦してみてほしいです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

B型さん

Twitter→@sauripon

   
関連ページ