弾きながら歌うのって難しい!弾き語りで歌えない時の練習法

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

「ギターで弾き語りしたいけど、弾きながら歌えない…」と悩んでいる人は多いですよね。

ギターの弾き語りの練習には、少しコツがあります。それによって、弾き語りの形にしていきます。

今回は、弾きながら歌うための練習方法について解説します。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

弾き語りに入る前の準備

ギターを弾いて歌う練習をする前に、やっておくと良いことを3つ紹介します。

弾き語りしやすい曲を選ぶ

1つ目は、弾き語りしやすい曲を選ぶことです。私自身は、弾き語りの練習は、好きな曲でやるのが良いと考えています。

ですが、難しいコードばかりで、挫折しそうなら簡単な曲から始めるのが良いでしょう。この“簡単な曲”とは、あなたが「これなら弾ける!」と思うものです。

それで弾き語りができるようになった後、徐々に曲の難易度をあげていきましょう。このように、少しずつステップアップしていく方が、挫折を防ぐことができます。

弾き語り初心者さんにおすすめの曲については、「アコギ初心者さんにおすすめ!練習しやすい簡単な曲」で詳しく解説しています。

歌詞を覚える

2つ目は、歌詞を覚えることです。これを自然と口ずさめるくらいに覚えておくと、弾き語りの練習を進めやすくなります。これによって、「歌詞を見る」ということをしなくて済むようになるからです。

例えば、すでに覚えている歌を歌う時、あなたは「次の歌詞は○○○○で、その次は…」と考えて歌うでしょうか。おそらく、特に何も考えることなく、自然と歌詞が口から出てくるはずです。この状態で歌えるようになるまで歌詞を覚えます。

これに対して、歌詞を覚えていない場合は、「歌詞を見る」「歌う」という2つの作業をしなければなりません。歌うだけなら、これを問題なくできる人も多いでしょう。

ですが、弾き語りは、これに「コードを見る」「弾く」という作業も加わります。つまり、覚えていない曲を弾き語りする時には、「歌詞を見る」「コードを見る」「歌う」「弾く」という4つの作業をしなければならないということです。

そうなると、見るところが増えて、「歌えない」「弾けない」ということになります。ですから、歌詞を覚えて、見るところを減らすことで負担を軽減させようということなのです。

このように、歌詞が自然と口ずさめるくらいになると、あとは勝手に口から歌が出てきます。そうすれば、ギターを弾くことに意識を集中させることができます。そのため、練習を進めやすくなるのです。

歌詞の覚え方については「歌が覚えられない…歌詞を覚える方法、覚え方のコツ」で詳しく解説しています。

ギターストロークのリズムを右手に覚え込ませる

3つ目は、ギターストロークのリズムを右手に覚え込ませることです。これは、弾き語りをする上では、非常に大きなポイントです。「ストローク」というのは、右手を上下に振って「ジャカジャカ」と弾くことです。

つまり、意識せずとも、右手が勝手にリズムを刻めるようにするということです。

例えば、「右手はああして、こうして動かして…」と考えていると、そのうちにどんどんリズムが崩れてきます。さらに、コードを確認して、左手で弦を押さえるという動作も加わります。この状態では、左手と右手の両方を気にしながら弾かなければなりません。

ですが、右手が自動的に動く状態にしておけば、ストロークのリズムについて考える必要がなくなります。そうすると、左手のことだけを考えることができますよね。

また、ギターストロークのリズムには、ある程度パターンが決まっています。多くの場合、1曲の中で使われるストロークのパターンは、1~3種類くらいでしょう。それらを右手に覚え込ませておけば、後は“弾きながら歌う”練習をするだけです。

このように、右手が自動的に動くように、リズムを覚え込ませます。

弾き語りの練習

ここまで来たら、後はギター演奏に歌を乗せ、弾き語りの形にしていきます。そのために有効な練習方法を3つご紹介していきます。

ギターなしで弾き語りをする

1つ目は、ギターなしで弾き語りをするという練習方法です。つまり、ギターの音を鳴らさずに、右手でリズムを刻みながら歌うということです。

この練習では、ギターの音が歌を邪魔しないので、歌いやすいです。そのため、弾きながら歌う時のイメージがしやすくなります。その結果、実際にギターを弾きながら歌う練習にも、スムーズに入ることができます。

また、この練習は、リズムを右手に定着させる訓練にもなります。

この練習は、ギターを持っていない時でもできます。なので、どこでも練習することができるのでおすすめの方法です。

私は、バイト中の暇な時間や、電車の待ち時間などにやっていました。もちろん、外では大きな声で歌うことはできませんが、口パクや脳内で歌詞を追いながら手を動かすだけでも効果があります。

「歌詞も右手のストロークも覚えたけど、ギターを弾きながら歌うのが難しい!」と感じる時はこのような練習を挟んでみましょう。

ゆっくり弾き語る

2つ目は、ゆっくりと弾き語りをするということです。確実に弾きながら歌えるテンポで弾き語りをしてみましょう。

私自身、弾き語りの練習を始めたばかりの頃、「CDの音源と同じように、弾き語りがしたい!」と、速いテンポで練習することがありました。

ですが、これでは結局コードチェンジのところでつまづいて、テンポがずれてしまいます。しかも、一定のテンポで演奏できないのでイライラします。笑

このように、いきなり元の曲のテンポで練習すると、いつも同じところでつまずきます。そのため、なかなか上達しません。

なので、まずは確実に“弾ける”、さらに“歌える”くらいのテンポでやってみましょう。尚、この時に「こんな感じでコードチェンジをする」ということを決めておきましょう。例えば、「歌詞のこのあたりでコードを押さえ変える」というようなことです。

そうすれば、元の曲のテンポで演奏する時にも、コードチェンジがしやすくなります。そうして、少しずつテンポを上げていきます。

このように、まずはゆっくりとやってみる方が、苦手なところを克服しやすいです。その結果、早く弾き語りができるようになります。

前を向いて演奏できるようにする

3つ目は、前を向いて演奏できるようにすることです。これによって、堂々と歌えるようになります。この練習は、大体歌いながら弾けるようになったらやってみましょう。

初めのうちは、ギターの弦を押さえている左手をのぞき込むようにして演奏していることが多いと思います。つまり、「どの指でどの弦を押さえるのか」を確認しているということですね。

ですが、ライブなどでは、マイクに口を向けてお客さんの方を向いて演奏します。そのため、前を向いて弾き語りができるようになる必要があります。

それをするためには、ギターネック側面の「ポジションマーク」を目印にして、コードを押さえられるようにしなければなりません。「ポジションマーク」とはこれのことです。

このマークは、3、5、7フレット…と特定の場所に付けられています。このマークを目印にして、押さえる位置を確認し、コードチェンジします。

つまり、ガッツリと左手をのぞき込むのではなく、ギターネックにチラチラと目配せをして位置を確認する感じです。

そして、コードチェンジしない時は、なるべく前を向いて歌うようにします。この練習を繰り返すことで、前を向いて歌えるようになります。

尚、この練習をするときは、鏡などを前においてやるのがおすすめです。そこに映る自分の目を見ながら演奏するようにするのです。こうすると、前を見て演奏できているかを意識することができます。

また、さらに「立って弾きたい!」と考える人も多いでしょう。その方法については、「立つと弾けない…ギターを立って弾くにはどんな練習が必要?」で詳しく解説していますので、そちらを参考にしてみてください。

まとめ

ここまで、弾き語りの練習方法について解説してきました。

・歌詞を覚える。

・ギターストロークのリズムを右手に覚え込ませる。

・ギターなしで、右手でリズムを刻みながら歌う。

・ゆっくり弾き語りに挑戦してみる。

・前を向いて演奏できるようにする。

これらの練習方法で、弾きながら歌うことができるようになります。これによって、自信を持って弾き語りをできるようになるでしょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ