初心者さんのためのギター楽譜の見方、読み方

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

ギター専用の楽譜には「コード譜」や「TAB(タブ)譜」というものがあります。

これらの見方が分からない…という人もいるでしょう。

よく見るピアノの楽譜とも様子が違うし、私も初めて見たときは「なんじゃこりゃ?」と思いました。

でもこれらは、読み方さえ覚えればギターを弾く人にとって、とても便利なものなのです。

ということで、今回は「コード譜」や「TAB譜」の読み方を解説していきたいと思います。

ギター専用の楽譜は2種類

ギターを弾く人専用の楽譜には、

・弾き語りをする人向けの「コード譜」

・弾き語りだけでなく、ギタリストなども使用する「TAB譜」

の2種類があります。

これらの読み方を順に解説していきます。

コード譜

コード譜は、弾き語りの人向けに作られた楽譜です。

下の図のように、歌詞の上にコードが書かれているものです。

図を見てもわかるように、この譜からは、歌詞とコードだけしか分かりません。

ですので、これを見て演奏するためには元の曲を知っている必要があります。

 

さらに、初心者向けのものには,「コードダイアグラム」が併記されていることもあります。

「コードダイアグラム」とは、コードの押さえ方を図にしたものです。

コードダイアグラムについては、「コードダイアグラムとは?見方を解説!」で詳しく触れています。

 

コード譜を見て、歌詞とその上に書かれているコードを見ながら演奏し、歌います。

上に書かれているコードを、その歌詞に当たるところで鳴らして歌う、というように読んでいきます。

これだけでは、「どのようなリズムでジャカジャカとストロークすれば良いのだろう?」と思うかもしれませんね。

結論から言うと、曲に合うように自由にストロークすれば良いです。

このようにコード譜は、「書かれていないことは自由でいいよ」という大まかな楽譜なのです。

 

コード譜については「ギター コード譜の見方・読み方」で詳しく解説しています。

TAB譜

TAB譜は、弦を押さえる位置が示された、ギター専用の楽譜です。

下の図、下段のものがTAB譜です。

横の線はギターの弦を表しており、一番上の線は1弦、下の線は6弦を示しています。

こういう事ですね。

線状に書いてある数字は、押さえる弦のフレットを示しています。

フレットは、下の写真のように、頭から順に1、2、3、4、5…と並んでいます。

TAB譜の数字は、この数字を示したものです。

 

また、コード譜とは異なり、TAB譜には様々な情報が書かれています。

それは、元の曲を知らなくても一通りは演奏ができるほどの情報量です。

そのため、このTAB譜を読むためには、様々な記号や音符などの知識が必要です。

TAB譜やそこで使われる記号については、「ギターのTAB譜の読み方と記号の見方」で解説していますので、そちらをご覧ください。

音符や休符の長さについては「ギターの弾き語り!初めてのリズム譜の読み方」で解説しています。

まとめ

今回は、ギター専用の2種類の楽譜について解説してきました。

 

ざっくりまとめると

・弾き語りのためのコード譜は、歌詞やコード以外は特に決まりがないため、自由に演奏できる。

・TAB譜は決まりがあるため、楽譜で使用される記号や音符・休符の長さを理解している必要がある

ということでした。

 

それぞれの特徴を理解し、どちらも読むことができるととても便利です。

是非、これらの記事を参考にして頂ければと思います。

それでは、最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Twitter→@sauripon

   
関連ページ