よく聞く、よく見る!ギターテクニック集 種類一覧

Pocket

こんにちは!シンガーソングライターのB型さんです。

Twitter→@sauripon

「ギターテクニックって、どんなものがあるんだろう?」と思いますよね。

私は、コードでジャカジャカと弾くことは一通りできるようになった頃、そんなふうに思っていました。

調べようにも、そのテクニックの名前が分からない!という状態です。

しかも、友人との会話で次々に出てくるテクニック名に「ナニソレ?」となることがよくありました。笑

そこで、「テクニックが一覧になっているものがあったら便利かもしれない!」と考えました。

ということで今日は、よく出てくるギターテクニックについて解説していきたいと思います。

↓この記事の内容を動画でも解説しています。画面中央の再生ボタンを押してご覧ください。

オルタネイトストローク(オルタネイトピッキング)

「ストローク」とは、コードを押さえてジャカジャカと弾くことです。

また、「ピッキング」は、ピックなどで弦を弾くことを言います。

「オルタネイトストローク」とは、上から下に弾く「ダウンストローク」と、下から上に弾く「アップストローク」を交互に繰り返す弾き方のことです。

これを「オルタネイトピッキング」と呼ぶこともあります。

この「オルタネイトストローク」を使うことによって、無駄な動きが減り、楽に演奏することができます。

また、これを使って演奏することでリズムを取りやすくなり、ノリの良い演奏ができるようになります。

オルタネイトストロークのやり方のポイントについては「やり方が分からないギターストローク!上達のコツと基本練習」で詳しく解説しています。

アルペジオ

アルペジオは、コード(和音)の音をまとめて鳴らすのではなく、バラバラにして弾くテクニックです。

ピックを使う場合も、指で弾くこともあります。

ピックを使えば、力強く、輪郭がはっきりした音になります。

それに対して、指で弾く場合は、まろやかな音が出ます。

指で弾くアルペジオは、特にアコースティックギターの演奏で使われることが多いです。

けれど、エレキやアコギにかかわらず、どちらも習得しておくと良いでしょう。

そうすると、表現の幅を広げることができるからです。

アルペジオのやり方については、「ギターのアルペジオとは?弾き方や練習のコツ」で解説しています。

ブラッシング

ブラッシングは、「ジャッ」「ジャクジャク」という音です。

左手を全ての弦に軽く触れさせて、音が出ないように「ミュート」します。

その状態で弾くと、このような音が出ます。

リズムやノリを表現できるテクニックです。

ブラッシングのやり方は「アコギでカッコいい!ブラッシングのやり方と注意点」で詳しく解説しています。

ハンマリング・オン

ハンマリング・オンは、弦と指板(弦が張られている面のこと)を、指で叩いて音を出すテクニックです。

ピックで弦を弾かないので、角の取れた音になります。

略して「ハンマリング」と呼ばれることが多いです。

ハンマリングのやり方については「ギターでのハンマリング・オン!3つのコツも解説」をご覧ください。

プリングオフ

プリング・オフとは、弦を押さえている指を引っ掛けるようにしてはじくことで、音程を下げるテクニックです。

略して「プリング」とも呼ばれます。

先ほどご紹介した「ハンマリング」とセットで登場することが多いです。

プリングのやり方については、「ギターのプリングオフとは?練習してみよう!」で詳しく解説しています。

チョーキング

チョーキングとは、弦を指で押し上げることで、なめらかに音程を変化させるテクニックです。

「ウィーン!」という感じの音で、弦楽器ならではのテクニックです。

その音は、いかにもエレキギター!という感じ。

チョーキングのやり方は「まさにエレキギター!チョーキングの種類とやり方のコツ」で詳しく解説しています。

スライド

スライドとは、弦を押さえたまま指を滑らせて、なめらかに音程を変えるテクニックです。

このテクニックで、異なる2つの音をなめらかに繋ぎます。

そうすることで、音が柔らかな印象になります。

スライドのやり方は「ギターのスライドの音で雰囲気ある演奏に!やり方のコツは?」で解説しています。

グリス(グリッサンド)

グリスとは、弦を押さえたまま指を滑らせて音程を変えるテクニックです。

先ほど紹介した、「スライド」もそうでしたよね。

でも、これらは同じものではありません。

スライドは、「どの音からどの音に」音程を変えるのかが決まっています。

これに対してグリスは、「どちらかの音」、もしくは「両方の音」が決まっていません。

そのため、スライドより感覚的なテクニックです。

歌の始まりやサビの前など、「さぁここから盛り上がるぞ!」というところに、「ブオーン」と入ることがよくあります。

グリスについては「ギターでのグリス(グリッサンド)!やり方と2つのコツ」で詳しく解説しています。

トリル

トリルとは、2つの音を交互に繰り返し、高速で弾くテクニックです。

「トゥリルリルリルリ…」という感じの音です。

先ほどご紹介した「ハンマリング」と「プリング」を、高速で交互に繰り返すと「トリル」になります。

トリルについては「ギターでのトリルの弾き方を解説!」で詳しく解説しています。

ブリッジミュート

ギターには、「ブリッジ」という部分があります。

ここですね。

このブリッジ近くで、右手で軽く弦に触れて「ミュート」しながら弦を弾きます。

こうすることで「ズンズン」とか「ジャッジャッ」というような、歯切れの良い音が出ます。

これがブリッジミュートです。

曲の雰囲気を変えたい時などに使います。

ブリッジミュートについては、「アコギのブリッジミュートを練習しよう!やり方とコツ」で詳しく解説しています。

ビブラート

ビブラートとは、音程を細かく上下させて、音を揺らすテクニックです。

ギターでのビブラートのかけ方には、次の2種類があります。

・弦を上下に動かして揺らす、「縦揺れビブラート」

・弦を押さえながら、手を左右に動かすことで音を揺らす、「横揺れビブラート」

縦揺れビブラートは、横揺れのものに比べて、ダイナミックに音を揺らすことができます。

使用されるジャンルは一概には言えませんが、ロックなどでよく耳にする印象です。

それに対し、横揺れのものは、穏やかなビブラートがかかります。

そのため、ジャズなどのように、どちらかというと渋めな音楽で使用される傾向があります。

これら2種類のビブラートについては、「ギターのビブラートのやり方と練習のコツ」で詳しく解説しています。

ハーモニクス

ハーモニクスは、ギターらしからぬ、「ポーン」という高い音を出すテクニックです。

演奏中のアクセントとして用いられます。

このハーモニクスも、いくつか種類があります。

中でもよく目にするのは「タッピングハーモニクス」と「ナチュラルハーモニクス」の2つです。

このうち、より基本となるのは「ナチュラルハーモニクス」でしょう。

このナチュラルハーモニクスについては、「アコースティックギターでハーモニクス奏法!やり方とコツ」で詳しく解説しています。

「タッピングハーモニクス」は、押尾コータローさんがよく使われることで有名です。

こちらは私もいつか挑戦してみたい!

まとめ

ここまで、よく聞く、よく見るギターテクニックをご紹介してきました。

複雑なギター演奏も、今回ご紹介したような様々なテクニックを組み合わせて作られています。

ここで解説したテクニックを1つずつ習得することが、その第一歩になります。

是非挑戦してみてくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

B型さん

Twitter→@sauripon
   
関連ページ